神明中学校
本校の教育目標  

 

   

  学校は人が幸せに生きるために存在する
  幸せに生きる  〜感性・思考・コミュニケーション 〜


重点目標
     (1)  学び、感じる力(知恵・感性)を身につけている。【感性】
     (2)  物事に対して、よく考え、判断する力を身につけている。【思考】
     (3)  他の人を尊重しながら協働することができる。【コミュニケーション】


 学年目標  
   <1学年>  日々の指導を通して、生徒の内面を育てる。
      @  何にでも前向きに取り組むことのできる生徒を育成する。 
      A  集団の中で自分の役割をみつけ、それを果たすことができる生徒を育成する。
      B  お互いのよさを認め合い、お互いを尊重できる生徒を育成する。
      C  集団生活のきまりを大切にし、すすんで守る生徒を育成する。
      D  目標に向かって仲間と協力して取り組むことができる生徒を育成する。
   <2学年>  他者を幸せにしようとすることを通して、自身の”幸せに生きる”に繋がる生徒を育てる。
      @  何にでも前向きに取り組む個人・集団を育て、その過程や成果が他者をも幸せにできることを体感させる。
      A  自身の幸せばかりではなく、他者の幸せのために自らができることを感じとり、行動に移せる力を養う。
      B  学習習慣のいっそうの定着と、学力向上のためにすべきことを実践する生徒を育てる。
      C  様々な決まりの意義とそれを守ることが社会生活で必要であることを納得し、行動で示せる生徒を育てる。
      D  お互いのよさを認め合い尊重し、それを伝えあうコミュニケーションもできる生徒集団を育成する。
      E  目標に向かって仲間と協力し助け合い、共に高め合いながら活動に励む生徒を育成する。
   <3学年>  『Green Hearts,Green House』〜のびのびと穏やかな心で、みんなが憩える空間・時間を目指して〜
      @  自分や集団を高める自律心・協調心。 
      A  逆境を乗り越える逞しい心。
      B  人権感覚を磨き、人を愛することができる心。
      C  人から愛される心。
      D  家族や仲間に感謝ができる心。
      E  夢を探し、夢を持って進む心。
      F  故郷や国を誇りに思い、地域・社会や世界に貢献できる心。