2022年 5月 25日 (水曜日)

.学校: 研究全体会-

研究テーマ:
自分の考えをわかりやすく表現できる児童の育成
〜「書く」という表現方法を通して〜


 今年度第一回目の研究全体会を開きました。初回は,掲げた研究テーマに取り組むにあたって,どのようなところにポイントを絞って,どのように研究推進をしていくか,という方向性を考えました。スーパーバイザーの先生(本校図書館司書と兼任)からご指導いただく形で確認したのは以下のようなこと。
 どんな資質・能力を身に付けるのかの確認をきちんと行うこと。そのうえで小中学校国語科の学習内容の系統性を踏まえ,説明文にかかる「書く」にポイントを絞るとよい(一貫性・系統性を以て“せまく太く”)。資料の活用を念頭に置いた学校図書館環境の整備(資料の加工=学習内容に合わせた書籍等のセレクトとコーナーづくり)も並行して進めることも可能……。

 ウーム,すごいなぁ……。これまでざまな学校研究にかかわってきましたが,本校ならではの取り組みができそうで,わくわくしてきました。
 児童の皆さん,授業をお楽しみに!
 

 
掲示者: 10時30分