.学校: 給食再開に伴って午後授業も

 本日から給食が再開され、クラス全員がそろって午後までの授業が始まりました。
 学級集団に視点を置くと本日がほぼ新学期に近い顔合わせ。朝の教室は雰囲気に慣れないせいかシーンとしており,それぞれに読書や課題に取り組んでいました。

 2年生以上にとっては久しぶりの給食になります。4ヶ月のブランクで当番や配食の仕方も忘れてしまったかと……思ったのですが、そんなことは全くなく、整然と準備をして「いただきます」をしていました。
 ただ、感染防止の観点から,短時間で配膳を済ませるためお皿の数を少なく抑えてあるほか,配膳時の動線を整理するために床にバミリをしたり,あえて当番の人数を減らして”密”を避けたり,座席の位置を微妙に変えたりするなど,学級の実態に応じて様々な工夫をしていました。食事中も終始「もぐもぐタイム(無言で食べる)」が推奨されていますので,BGMを流すなどしています。(1年生は初めてなのでビデオ視聴)
 あまり急ぎ過ぎず,でも一つ一つのことをきちんとこなして,元通りの学校生活に戻していくことができればよいな,と思っています。
 
掲示者: | 2020年 6月 22日 (月曜日) 11時09分

.学校: 給食再開〜しっかり食べて熱中症予防

 今日から給食の提供が再開されました。
 久しぶりの給食でしたが,児童の皆さんは当番をきちんとこなしてブランクを感じさせない動きをしていました。
 これに伴って午後までの授業や昼掃除,昼休み等も組み込まれることになります。生活のリズムを整えて,熱中症に負けないようにしましょう。
 
掲示者: | 2020年 8月 31日 (月曜日) 13時30分

.学校: 給食再開〜もうすぐ1週間

 給食の再開からもうすぐ1週間。先生たちの心配をよそに,児童の皆さんはてきぱきと準備から片づけまでをこなしています。
 1年生のお当番も大活躍。3日目(写真上段中央撮影時)にして早くも自らおたまを手に取り,配食の作業をしていました。牛乳パックの処理も小さな手で頑張ってやっています。「おかわり」対応係りは当分の間,先生がしますが(全学年)。
 7/3までは配膳を簡単に済ませるため,品数を押さえた提供になりますが,その後は徐々に元に戻していきます。
 
掲示者: | 2020年 6月 25日 (木曜日) 11時42分

.学校: 学校再開〜分散登校開始

 横須賀市の方針で初日だけは学級の児童を全員集めてよいことになっているため,密を避けながら2か月ぶりの学活を行いました。
【1日目】
 雨上がりの朝,分散登校が始まりました。昇降口で入念に検温済みチェックを行い,教室へ……。トイレや流しでは,間隔を空けながら手洗いを済ませて教室に入ります。
 8時過ぎから早々と登校した皆さんは,全員が揃うまで20分近くほぼシーンとして座り(例年の4月当初の光景です),提出物整理や読書をしていました。様々な連絡と学級開きなどをして初日は2時間で切り上げ。隔日登校期間につなげていきます。
【2日目】
 今日は4・5年生の組み合わせ。8時過ぎにはほぼ全員が集合し,担任の先生からの簡単リサーチに答えていました。
「今日は何時ごろ起きたかな?7時前に起きた人は?」
(半分くらいが手を挙げていました)
「朝ごはんは,ちゃんと食べた?」……
 ほとんどの児童が初日に向けて,生活のリズムを整えていたようで,安心しました。
 
掲示者: | 2020年 6月 1日 (月曜日) 12時09分

.学校: 学校再開〜分散登校3日目

【3日目】 
 最終日の今日は低学年をひとまとめにしました。ひと学級の人数が多く「密」になるのを避けるため2分割。初めての登校を経験する1年生の登下校指導も併せて行いました。
 1年生は小学校生活のはじめの一歩からスタート。導入を無理なく進めるために,お机の整理の仕方を確かめたり,「あわあわ手洗いの歌」のDVDを視聴したりしました。
 2年生は,休業中に先生が採取したたんぽぽの綿毛の数をみんなで数えていました。タンポポの観察は生活科,国語では『たんぽぽのちえ』(順序に気をつけて読む),算数(「まとまり」に着目して数える)……というように,複数の教科の学習内容につながるものです。
 失われてしまった授業時間を取り戻すために,初日からすでに様々な工夫を始めています。
 
 
掲示者: | 2020年 6月 3日 (水曜日) 13時17分

.学校: 学校たんけん〜1・2年 生活科

 1・2年生の合同授業,「学校たんけん」を行いました。
 この授業はこれまでも毎年行ってきましたが,昨年度はコロナ禍のため実施できませんでした。このため,今回,案内役の2年生は,1年時の経験を踏まえた取組ができません。あれこれ想像を巡らせながら,苦労して今日までの準備を進めてきました。
 昨年度,学校生活の始まりが3か月近く,丸ごとなくなってしまった影響が,このような所でも残っています。欠落部分は学年を超えて補っていければ……と思います。
(写真中,黄色いクリップボードを持っているのが2年生)

●学習指導要領上の位置付け
内容の⑴
 学校生活に関わる活動を通して,学校の施設の様子や学校生活を支えている人々や友達,通学路の様子やその安全を守っている人々などについて考えることができ,学校での生活は様々な人や施設と関わっていることが分かり,楽しく安心して遊びや生活をしたり,安全な登下校をしたりしようとする。

解説『生活編』ではこんな例示も……
例えば,学校探検で図書室を見付けた児童は,「たくさん本があるよ。読んでみたいな」という思いをもつ。教室に戻り,読んでみたいという思いを伝え合うと「また行ってみたいね」「お兄さんたちは,カードみたいなものを使って借りていたよ」「本の整理をしている人がいたから聞いてみたら」と友達とのやり取りの中で,施設の位置や働きなどについて考えていくようになる。さらには,好きな本を自分で選んで借りられること,一人一人の貸し出しカードがあることなど,児童の学校生活との関わりが明らかになっていく。

これに加えて「特別活動」等との横断的な扱いとしています。
 
掲示者: | 2021年 5月 25日 (火曜日) 12時37分

.学校: 学年末の情景

 学年末最後の2週間は好天にも恵まれて,学年末の様ざまな取組を屋外ですることができました。
 最後のお楽しみ会,学級畑のメンテナンス,1年間お世話になった,教室や下駄箱のお掃除……。
 まぼりっ子広場,少しずつ開花する桜の下で元気に活動する児童の皆さんを幸せな気分で眺めていました。去年は,誰もいない広場だったので……。
 
掲示者: | 2021年 3月 23日 (火曜日) 12時22分

.学校: 横須賀市学習状況調査

 標記の調査(テストではありません)を実施しました。
 今年度から,市の方針により2年生も実施対象になりました。学習状況について,低学年段階から様々な課題が見えてきたから,というのがその理由のようです。
 初めて経験する2・3年生がちょっぴり心配になったので,教室に行ってみると……。
 ちょうど調査方法の説明が終わったところ。皆さん緊張した面持ちでいます。
「始まるまで座ったまま休憩していいですよ……」
 ‟のび”をする子,睡眠をとる子,いろいろです。
 実施時間は一律40分。これをみて先生たち,「低学年に40分はちょっと……長くない?」
 確かに中学生の定期テストだって,45分で実施していますので,同じ時間だと……。さすがに最後の15分くらいは,ガマン大会の様相を呈していました。
 解答方法などは3年生からのものとは違って,問題と解答用紙が一体化されている(単元テストと同じ)など,低学年向けに配慮されています。
 また,結果が出次第,改めて振り返りをしたいと思います。

● 昨年の調査の様子
https://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=38781&caldate=2020-9-30&schid=32&block=0

 
掲示者: | 2021年 4月 16日 (金曜日) 9時56分

.学校: 横須賀市立学校における年度当初の始業日の変更について

 保護者の皆様には既に印刷媒体の学校だよりでお知らせ済みですが,来年度から4月当初のスケジュールが変わります。その旨を改めてお知らせする文書が届きましたので,以下,転載いたします。
--------------------------------
保護者の皆さま
 日頃より、本市の教育活動の推進にご理解・ご協力をいただき、感謝申し上げます。
 この度、『横須賀市立学校の管理運営に関する規則』が改正され、次の通り令和4年度当初の始業日が変更になりますので、お知らせいたします。

・学年始休業日を2日追加し、4月7日を始業日とする。ただし、4月7日が土曜日または日曜日の場合は、4月5日または4月6日を始業日とする。

問い合わせ先 
横須賀市教育委員会 学校教育部教育指導課
TEL.046-822-8479

●『横須賀市立学校の管理運営に関する規則』
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/reiki/reiki_honbun/g204RG00000505.html
★3/10時点では未更新のようですが,こちらの規則が根拠となります。


掲示者: | 2022年 3月 10日 (木曜日) 10時54分

.学校: 横須賀美術館 遊べる浮世絵展〜素晴らしき日曜日-

 標記の展覧会に行ってきました。
 浮世絵,というと,役者絵や美人画みたいなブロマイド系や各地の風景を題材にしたものが思い浮かぶのですが,この企画展のテーマは「子ども」と「遊び」などその周辺。
 大きなカーテンをくぐって(この種の作品は光に弱い!)第1展示室に入ると,最初に彫り師や刷り師の道具が目に入ります。オオ,イイですねぇ……。おそらくはこの時期,横須賀の小学生の多くは,図工で版画に取り組んでいるので,児童の皆さんをすぐに連れてきたくなりました。
 テーマが「子ども」なだけではなく,こんなふうにして,展示の仕方にも様々な工夫が凝らされています。キャプション(作品についてる説明文の札)には全部ルビがふってありますし,細かい字で書かれたキャプションに誘導するようにして,作品の見どころを大きなサイズの「吹き出し」で示すなどもしてあります。子ども向けの“つかみ”はばっちり!だな,と思いました。
 また,「遊び」関連ではいわゆる浮世「絵」だけではなく,すごろくや切り抜いて組み立てるペイパークラフトなどの玩具も紹介されています。子ども向けのものがこんな風に商品化されていたなんて,江戸の文化って,ホントにすごいなぁ,と改めて思いました。
 また,遊びと併せて「学び」の方にもスポットが当てられていました。昔の子どもたちって,どんな風にお勉強してたの…?。どんな教材使ってたの…? こんな疑問の答えが手に取るようにわかりました。
 他にも魅力的な作品,製品?が満載です。秋のお出かけシーズン真っ盛り。お散歩がてら,いかがでしょうか……。(小中学生はいつでも無料です)ぜひお出かけください!!

●横須賀美術館内サイト
https://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/kikaku/2104.html

●関連記事〜谷内六郎展もいっしょに
https://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=42403&caldate=2021-10-31&schid=32&block=0

●これもよくみてます
浮世絵EDO-LIFE
https://www.nhk.jp/p/ts/D9L15JRZX4/ 
 
掲示者: | 2021年 11月 21日 (日曜日) 11時08分