.学校: 授業はなくてもプール清掃

 今年はプールでの授業は一切なし,という方針が市教育委員会から早々と打ち出されましたが,清掃だけは行うことになっています。今シーズンはひと夏まるまる使わないのに,もったいないような気もします。でも,こうして定期的にメンテナンスしておかないと汚れやゴミがたまってしまい,来年以降の使用に支障を来すそうです。
 清掃後は再び満水にしますが,ろ過のための循環はしません。もっぱら防火用水として活用されることになります。
 
掲示者: | 2020年 6月 25日 (木曜日) 12時36分

.学校: 授業も本来のペースに〜コロナ禍下の工夫

 学校再開から2週間。授業の方も少しずつ本来のペースを取り戻しつつあります。
 今週も休業中に準備を整えていた様々な教具や教材研究の成果を生かして授業を進めています。
 休業前に比べて頻度が高くなっているのが,ICT機器の活用です。漢字の筆順などは休業中にまとめて‟仕込み”をしておいたスライドや動画の機能を駆使して,効率的に「そらがき」練習。教科書とスクリーン上の画像とノート(プリント類)とリンクさせた算数教材,ネット上のショートコンテンツを活用した理科の教材(NHK for School 雲の動きをチェック),TVのモニタ画面を用いた図工授業の導入など,学年や教科を超えて活用が進んでいます。
 GIGAスクール構想などの実現には,十分な教材準備,教材研究の時間を確保することが不可欠だな,と思いました。
 ICT機器の活用には代えることができない,体験的な学習のための教材ももちろん,フル稼働しています。
 筆を通した触感,水加減と墨や絵の具のつき具合などは,低学年に新たに採用された水書(すいしょ)セットで体験。ミシンなど実技を伴う授業もVRで…というわけにはいきません。地球儀など昔ながらの共用物品は授業のたびに消毒をして次の学級へ……という具合です。
 限られ(てしまっ)た授業時数ではありますが,様々な手立てを駆使して,少しでも豊かな学習指導を進めることができるよう,努めてまいります。
 
掲示者: | 2020年 6月 16日 (火曜日) 12時33分

.学校: 授業風景あれこれ

 校舎内をひと回りするだけで,学習の進み具合や児童の皆さんの目覚ましい成長ぶりを様々,実感することができます。
 すべてを詳細にご報告したいところですが,ちょっと追いつかないので……TV集会でお話ししたように,お子様のレポートで……。
 
掲示者: | 2021年 4月 26日 (月曜日) 11時27分

.学校: 酒井駒子 展〜横須賀美術館

 夏の企画展を観覧してきました。
 酒井駒子さんは絵本作家として知られています。様々な作家の‟原画展”はいろいろ見てきましたが,印刷物としての絵本からはわからない,様々な発見をすることがしばしばあります。
 本展では特に,絵具など描具の塗り重ね方や微妙なマチエールなどが,とても魅力的でした。四の五の言わずに「ステキだな…」と思ってみていればよいのですが,思わず(どういう順番でどんなふうに描いたのかな……)なんて考えてしまうくらい。様々な手が入った作品の数々を,夢中になって見入ってしまいました。
 展示の仕方もなかなか凝っていて,別世界を巡る感覚が心地よかったです。心とカラダの避暑にも,よいかも。
 会期は9/5(日)まで。夏休みのお出かけに,どうぞ!(8/2は休館日)

●横須賀美術館 みみをすますように 酒井駒子展
https://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/kikaku/2102.html
 
掲示者: | 2021年 7月 20日 (火曜日) 11時36分

.学校: 主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)って?

 「主体的・対話的で深い……」の方は,このサイトでもたびたび登場させましたが,これとセットで示されることのある「(アクティブ・ラーニング)」(以下「AL」)の方は,あまり前面に出してきませんでした。
 文部科学省の方でも,カタカナ言葉の採用には慎重な立場をとるため,この「AL」の方は表に出したり引っ込めたりしながら,新学習指導要領の告示を迎えた経緯があります。
 本文からは姿を消したものの,『総則』の解説編や水色に黄色い鳥があしらわれた周知パンフレット(写真)では( )に収めて添えられる形で落ち着きました。
 「AL」はもともと,講義中の大学の学生たちに居眠りをさせないために,主体的に参画させるノウハウを検討する中で生まれた発想です。さすがに小学校で居眠りをしている児童はそんなにいるわけもなく(ゼロではありませんが),小学生にとっての「主体的・対話的で……」ってどういうこと? というようなことを考えながら教室を回っています。
 写真を左上からたどっていくだけでも……作業を伴う学習(1年算数),表現活動(2年音楽),映像上でシミュレーションしながらの学習(3年算数),話し合い(5年道徳),発想構想のひと時(6年図工),観察実験(5年理科),学習成果の共有(6年算数)……という具合に,もちろん居眠りなどする暇もなく「主体的・対話的」な学習が展開されています。
 あとは,これに「深い学び」がどう伴うか……ということになります。これには,学習内容が本当の意味で「自分ごと」になっていかなければならないのだろうな……と思います。すでにそうなっているケースも,もちろんあるのですが。
 「深い学び」と「自分ごと」についてはまた改めて,話題にしていきます。
  
掲示者: | 2020年 10月 23日 (金曜日) 14時21分

.学校: 指導主事をご案内しながら

 今日は学校訪問(定期的な学校視察&指導,支援をいただく機会)で来校した,教育委員会の指導主事をご案内しながら,教室を回りました。
 授業の様子や教室などの掲示物をご覧いただき,様々なご指導を受けました。落ち着いて学習に取り組む児童の皆さんの様子を,高く評価していただきました。
 引き続き,カリキュラム・マネジメントの一側面である,人,モノ,お金などの確保について様ざまお願いをしていきたいと思います。
 
掲示者: | 2021年 5月 21日 (金曜日) 10時48分

.学校: 三崎マグロの竜田揚げ

今日も健康委員会の放送原稿から……

 今日の給食,メインディッシュは三崎マグロの竜田揚げです。三崎マグロとは,三崎漁港で水揚げされるマグロのことを言います。今日のマグロは「メバチマグロ」。目がぱっちりしているのでこの名前がつきました。
 三崎は世界中のマグロが集まる,有名な港です。昔は,三浦・北条・徳川の水軍の本拠地でもありました。江戸時代には,日本で初めての「セリ」が行われた場所としても知られています。

 竜田揚げは,外はサクサク中はほっこり,具だくさんのけんちん汁とのコンビネーションも絶妙でした。
 さらに詳しい情報は,本日配布の『給食だより』でご覧ください。神奈川県漁業協同組合連合会からは「マグロ漁場図」入りのフォルダをプレゼントをしていただきました。
 今日のメバチはどこの海で獲れたものかな……?
 
掲示者: | 2020年 12月 10日 (木曜日) 13時33分

.学校: 糸で描く物語〜横須賀美術館

 来週末までの企画展ですが,観てきました。
 服飾も含む作品展で,ちょっと,刺繍とかやってみようかな,という気持ちになりました。(小学校のときに家庭科でやって,結構得意でした(笑))
 次期企画展は夏休みにかけて開催されます。子どもたちにも親しみやすい展示内容になっていますので,ぜひお出かけください。

●耳をすますように 酒井駒子 展
7/10(土)〜9/5(日)
https://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/kikaku/2102.html
 
掲示者: | 2021年 6月 19日 (土曜日) 7時56分

.学校: 支援教育研修会

 職員が校外で受けてきた研修の伝達講習会を行いました。テーマは……
発達障害の特性と環境との関係から指導と支援を考える
 特総研(独立行政法人国立特別支援教育総合研究所)の笹森洋樹先生の療育講演会から要点を絞っての研修です。
 ユニバーサルデザインの考え方など,日頃から断片的に触れることのできる情報はあれこれ多いのですが,「なぜそうなの?」にまで遡って,根拠となる情報に触れる機会は少なく,大変,有意義な研修会になりました。
 研修成果を日々の教育実践につなげてまいります。
 
 
掲示者: | 2021年 1月 21日 (木曜日) 16時33分

.学校: 児童生徒の自殺予防に係る取組

 目前に迫った夏休みに向けて,教育委員会から標記に係る指導を徹底するよう指導がありました。保護者の皆様には後日,印刷媒体でもお知らせをいたします。
 具体的な取組としては以下の4項目が挙げられています。本校では,(1)について重点的な取組を進めてまいります。
(1)学校における早期発見に向けた取組
(2)保護者に対する家庭における見守りの促進
(3)学校内外における集中的な見守り活動
(4)ネットパトロールの強化

●ゲートキーパー(こころサポーター)手帳(神奈川県)
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/nf5/jisatsutaisaku/gatekeeper/techo.html

●児童生徒の自殺予防に係る取組について(文部科学省)
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/1414737_00005.htm
  
掲示者: | 2021年 7月 7日 (水曜日) 15時33分