.学校: アーティスト村のお祭り

 12月11日(日)に田浦のアーティスト村でおまつりがありました。美術部が以前土器づくりでお世話になった薬王寺さんが穴窯から作品を取り出すのに合わせて、同じアーティスト村の方がワークショップを開いてくださったり、協力店が出店したり、たくさんの方が来ていました。穴窯では120時間もの間火を通していたとのことでした。最高温度が1400度、使った薪は4トンというから驚きです。田浦コミュニティセンターや横須賀美術館のワークショップで作成した市民のみなさんの陶芸作品が焼きあがるということで、皆さんそれを楽しみに窯の周りに集まっていました。私も窯の中を見せていただきましたが、丁寧に作品を並べて窯全体に熱が伝わるようになっており、まだ温かさが残っていました。
 田浦にはこんな魅力的な場所があります。本年度は美術部とともに、一年生も地域のフィールドワークとしてアーティスト村を訪れ、インタビューをしていました。今後の教育活動でもぜひ関わっていきたいです。
  
掲示者: | 2022年 12月 12日 (月曜日) 16時10分

.学校: 中間テスト

 1,2年生は後期の中間テストが始まっています。田浦中学校では2週間前からテストに向けた学習計画を立てていきます。1週間前には部活動を休止してテスト勉強に備えます(一部大会のある部活動は行います)。一つの目標に向けて計画を立てるということは、学習に限らず大切なことです。がむしゃらにただ頑張るということではなく、そのために何が必要であるかを考え、ゴールに向かってどのような段取りで取り組んでいくのか、定期テストの取り組みにはそうした学びも含まれています。大きく考えればそうした取組はいわゆる「進路」にもつながります。また、将来の夢への取り組みにもつながっていきます。
 中間テストの取組の様子をそっと見まわると、いつものにこやかな顔とは違った、真剣な生徒の様子が見られます。それも学校生活での大切な経験です。
  
掲示者: | 2022年 12月 9日 (金曜日) 9時11分

.学校: 落ち葉拾い

 12月にはいり、落ち葉拾いが再開しました。先月の3週目、4週目に本校でも新型コロナウィルスの感染者が増えたため、落ち葉拾いについても中止していました。11月5週目からは感染状況も落ち着いており、今週から改めて始めています。
 先月は主に桜の落ち葉が中心でしたが、それが銀杏の落ち葉に変わっています。この一カ月で季節が大きく進んでいることも感じられました。昨日の雨で落ち葉も濡れており、ごみ袋に入れるとなかなかの重さです。
 本日は1年1組が担当でした。4月から8カ月がたち、学校生活や学校行事を経て、すっかり中学生のしっかりした様子が見られるようになりました。季節の移ろいも早いですが、子どもたちの成長も本当に目を見張るものがあります。
  
掲示者: | 2022年 12月 7日 (水曜日) 10時27分

3年: 三者面談

 月曜日から3年生は三者面談が始まっています。この面談は進路に関わる重要な面談です。その中で推薦入試を選択する生徒たちは保護者と一緒に校長面接があります。
 担任に案内され校長室に通されると、緊張しているのがとても伝わってきます。それでも、志望動機や高校に行って頑張りたいこと、中学校生活で印象に残っていることを聞くと、充実した3年間を送り、次のステップに向けて頑張ろうとしていることがよくわかります。
 人間はたくさんの節目があります。中学校から高校へのステップは、多くの子どもたちにとって初めての大きな節目です。その中で自分の力を様々な面で発揮する必要があります。面接もその一つです。今まさにそのことに取り組んでいる生徒たちと接していて、エールを送るとともに、その一生懸命な様子に胸を打たれています。(今回は写真はありません)
掲示者: | 2022年 12月 6日 (火曜日) 12時26分

生徒会: 生徒会選挙

 11月30日(水)に生徒会の事務局の選挙がありました。生徒会長、生徒会副会長は全校での選挙ですが、生徒会事務局は各学年ごとの選挙でえらばれます。そのため、オンラインではなく、体育館で集合形式で行われました。生徒たちはたくさんの仲間の前で話すということ自体、この2年間は機会を持つことができませんでした。その中で緊張も大きかったのではないかと思います。しかし、どの候補者も堂々と落ち着いて立会演説をしていました。
 立候補した生徒たちは、自分の公約を持っています。その公約集をみて、各学年・各学級からは質問がでてきます。その質問にも丁寧に答え、それも回答集にまとめられ、全校生徒が目にします。そうした経緯を経て、選挙が行われます。
 選挙ですから当選、落選があります。しかし、結果以上に立候補した生徒たちの勇気、熱意、また、公約集や回答集を作成する取組、選挙運動の過程がとても大事であり、素晴らしいと思いました。生徒会長を中心に生徒会事務局のみなさんが田浦中学校をつくっていくことになります。頑張ってください!!
  
掲示者: | 2022年 12月 2日 (金曜日) 12時57分

生徒会: 生徒会選挙

 昨日、6校時に生徒会選挙がありました。生徒会長、副会長の選挙です。立会演説会を行い、その後投票となります。先週、先々週と学級閉鎖があり、他学年にまたがる選挙活動については自粛していました。なかなか準備ができず、立候補者にとっては大変だったと思います。その中で、立会演説会はオンラインで全校に配信されました。
 立候補者一人一人の演説ですが、田浦中学校をよりよくしていきたいという思いがしっかり詰まっていること、そして、その演説に臨む真摯な姿勢、これは大人の私たちも学ぶべきことであると感じます。そして、それを支える責任者、応援弁士の生徒たち。仲間を推薦する言葉にはその立候補者に対する温かい思いがちりばめられていました。
 これからの田浦中学校を自分たちで創っていく、決して簡単な道ではありませんが、そこに果敢に挑戦しようとする姿を見て、清々しい思いでいっぱいになりました。
  
掲示者: | 2022年 11月 30日 (水曜日) 11時33分

2年: 2年生合唱コンクール

 先週金曜日に2年生の合唱コンクールがありました。本来でしたら、17日(木)に実施する予定でしたが、学年の中で学級閉鎖があり、先週金曜日に延期されたものです。2年生の生徒たちもすっかり元気になり、実施することができました。保護者の皆様には日程が変更となり、ご迷惑をおかけしました。
 2年生の合唱コンクールは延期された分、生徒たちが気持ちを持続させることが難しかったと思うのですが、合唱に向けて気持ちを切らすことなく、どのクラスも一生懸命に歌声を響かせてくれました。学年合唱では、男子の力強い歌声と女子のきれいで透き通る歌声が重なり、ぐっとくるものがありました。
 合唱コンクールは私たち(昭和40年代生まれ)が中学生時代の頃から続いている学校行事です。それには、歌唱の力を伸ばすといった音楽的なねらいだけではなく、合唱を通して学級が一つにまとまったり、友だちとの関わりの中で人間関係に関わる学びが行われたり、その取組の教育的な価値が大きいことから、ここまで取り組まれてきています。
 以前にもお伝えしましたが、そうした学校行事が新型コロナによってなくなってしまうといった可能性もありました。新型コロナは社会的にも歴史に残る大きな影響を与えていますが、学校現場においては、これまでの取り組みを大きく転換する激震となっています。その中で、何ができるのか、何が大切なのか、先生方とともに考え、取り組んでいます。2年生の合唱コンクールが終わり、3学年すべてで実施できたことをうれしく思うと同時に、多くの配慮をして取り組んでくれた先生方、そして、温かく見守っていただいた保護者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
  
掲示者: | 2022年 11月 28日 (月曜日) 14時09分

.学校: 2年生合唱コンクール(写真)

写真は発表順に最初のページが3組、4組
このページが1組、2組です。
  
掲示者: | 2022年 11月 28日 (月曜日) 14時09分

2年: MTTポスターセッション

 昨日、横須賀市商工会議所にご協力をいただき、各界でお仕事をされている方を講師にお招きして、MTTポスターセッションが行われました。2年生は6月に職業体験を行っていますが、そのキャリア教育の一環として、現場で働いている方がどのような思いでお仕事をされているのかをお聞きする機会です。市内から様々な業種の方(ネイリスト、介護福祉士、理学療法士、海上保安庁、生花小売業、靴磨き職人、バルーンコーディネーター、キャリア教育支援)に来ていただき、学年8グループに分かれて、ポスターセッションが行われました。
 仕事をされている方の生の声をお聞きし、生徒たちは真剣にメモを取りながら話を聞いていました。机上の学習では学ぶことのできない、それぞれの方の生き方や「働くこととは」に触れることは、生徒たちにとって本当に貴重な体験でした。これから社会に出ていく中で、どのようなことに価値を見出し、自分の生きがいを見つけていくか、複雑で変化の早いこんな時代だからこそ、とても重要です。
 本校のためにご準備いただいた講師の先生方、そして商工会議所の皆様に感謝いたします。ありがとうございました。
  
掲示者: | 2022年 11月 25日 (金曜日) 10時27分

.学校: 学校司書さん

 田浦中学校には学校図書館があります。昔は図書室と言ってましたが、今は学校図書館というのが正式な名称となっています。子どもたちに本に親しんでもらうことをねらいとして、横須賀市では学校図書館の整備とその活用に重点が置かれ、学校司書さんが配置されています。
 学校司書さんは田浦中学校の生徒たちが学校図書館をたくさん活用してくれるように日々いろいろな工夫をしてくれています。例えば写真のように、新刊図書を紹介するコーナーを作ってくれたり、利用したことが一目でわかるように学年の瓶におはじきを入れる取組をしたり、魅力のある取組がたくさんです。また、田浦中学校の学校図書館は管理棟の4階にあり、生徒棟から遠いので、管理棟の入り口に学校図書館の広告ボードを置いていただきました。学校図書館が開いているのかということだけでなく、学校図書館に関わる情報が一目でわかります。
 本は知識を得ることができると同時に、心を育むことにもつながります。田浦中学校の生徒たちにもたくさんの素敵な本に出会ってほしいと思っています。私は灰谷健次郎さんの「兎の眼」が大きな出会いでした。
  
掲示者: | 2022年 11月 22日 (火曜日) 15時56分