.学校: ふれあい作品展見学+買い物学習〜4くみ校外学習

 二年ぶりに開催(昨年はweb上で公開)された「ふれあい作品展」の見学会を行いました。4組の皆さんにとって,校外学習もまた久しぶりです。
 木材を組み合わせた立体作品や紙粘土でつくった「お弁当」など,自分たちが製作した作品はもちろん,他校のお友達の作品を興味深そうに鑑賞していました。
 復路の途中では,「買い物学習」も実施。学校に戻ってから感想を聞くと,「たのしかったぁ!」そんな声をたくさんきくことができました。
 
掲示者: | 2021年 11月 29日 (月曜日) 16時45分

.学校: 1年 生活科研究授業〜あたらしい 1ねんせいを しょうたいしよう

【研究テーマ】論理的思考力を育む授業の創造
 (横須賀市教育委員会「プログラミング教育」研究助成事業)

 レポートが遅れてしまいましたが……11/18(木)に,標記の研究授業を行いました。
 1年生の歓迎ビデオを作成するにあたって,その内容構成やプログラムの順番を考えることと併せて,その過程で論理的思考を働かせる,というものです。
 低学年で論理的とか,プログラミングテキシコーとかを扱うことができるの?という声も聞こえてきそうですが,できるのです。お掃除の手順をみんなで考えるとか,朝や帰りの会のプログラムを考えるとか……,様々な実践が報告されています。
 今回のテーマもそれとちょっと似ていて,段取り,順番,課題解決のための手順などを扱います。
 先生が提供した内容のカード(1年生用に色分けされています)をあれこれ並べ替えながら,前時までにグループ分けした内容を当てはめ,様々な条件を考え合わせながら,その適切な順番を探って行きます。
・べんきょう
・ばしょ
・イベント
・ルール
・かかりかつどう
 大人でもあれこれ考えてしまいます。“つかみ”優先でイベントを最初に持ってくる……? 何も知らない1年生には最初にルールの提示が必要……?
 児童の皆さん,あれこれ根拠を示しながら話し合い,それぞれのアイデアをまとめていました。担任の先生の授業観察を兼ねて行いましたが,気づくと,記録シートは子どもたちの活動記録メモで埋め尽くされていました。それだけ密度の高い,充実した学習になりました。
 
  
掲示者: | 2021年 11月 24日 (水曜日) 16時41分

.学校: 地域や学校に根差した学習〜総合的な学習の時間

 ここ数年,総合的な学習の時間で地域や学校生活に根差した取組を扱う例が増えてきました。今年度に入ってからも何度かに分けてお伝えしてきた通りです。
 例えば,最近では……

4年生
走水水源地観光スポット大作戦

 この冬に一般公開される走水水源地を自分たちの目線でとらえ,その活性化を進めるというプロジェクトを進行中。先日の「地域づくり協議会」でお願いをさせていただいた,町内会掲示板へのポスター掲出が早くも実現しました。この後の展開が楽しみです。

6年1組
 馬堀という地域を「地域を見つめる・見直す」ということをテーマにして,様々なプロジェクトを進めてきました。ここであれこれ説明するよりは……詳しくは「マボり〜ラじお」で!

6年2組
「学校生活をよりよくしていこう!」プロジェクト。
自分たちの学校,馬堀小学校での生活を6年生として振り返り,できるところから改善を進めていく取組を進行中。まぼりっ子広場のメンテナンス参画や,階段学習toolなど,すでに形になっている取組もあります。今後は卒業期に向けて,校庭の「的当て」リニューアルにも取り組みます。

●6年生の取組関連記事(「マボり〜ラじお」はこちらから!)
https://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=41975&caldate=2021-7-31&schid=32&block=0

●地域づくり協議会で
https://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=42629&caldate=2021-11-1&schid=32&block=0
 
 
掲示者: | 2021年 11月 22日 (月曜日) 9時50分

.学校: 横須賀美術館 遊べる浮世絵展〜素晴らしき日曜日-

 標記の展覧会に行ってきました。
 浮世絵,というと,役者絵や美人画みたいなブロマイド系や各地の風景を題材にしたものが思い浮かぶのですが,この企画展のテーマは「子ども」と「遊び」などその周辺。
 大きなカーテンをくぐって(この種の作品は光に弱い!)第1展示室に入ると,最初に彫り師や刷り師の道具が目に入ります。オオ,イイですねぇ……。おそらくはこの時期,横須賀の小学生の多くは,図工で版画に取り組んでいるので,児童の皆さんをすぐに連れてきたくなりました。
 テーマが「子ども」なだけではなく,こんなふうにして,展示の仕方にも様々な工夫が凝らされています。キャプション(作品についてる説明文の札)には全部ルビがふってありますし,細かい字で書かれたキャプションに誘導するようにして,作品の見どころを大きなサイズの「吹き出し」で示すなどもしてあります。子ども向けの“つかみ”はばっちり!だな,と思いました。
 また,「遊び」関連ではいわゆる浮世「絵」だけではなく,すごろくや切り抜いて組み立てるペイパークラフトなどの玩具も紹介されています。子ども向けのものがこんな風に商品化されていたなんて,江戸の文化って,ホントにすごいなぁ,と改めて思いました。
 また,遊びと併せて「学び」の方にもスポットが当てられていました。昔の子どもたちって,どんな風にお勉強してたの…?。どんな教材使ってたの…? こんな疑問の答えが手に取るようにわかりました。
 他にも魅力的な作品,製品?が満載です。秋のお出かけシーズン真っ盛り。お散歩がてら,いかがでしょうか……。(小中学生はいつでも無料です)ぜひお出かけください!!

●横須賀美術館内サイト
https://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/kikaku/2104.html

●関連記事〜谷内六郎展もいっしょに
https://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=42403&caldate=2021-10-31&schid=32&block=0

●これもよくみてます
浮世絵EDO-LIFE
https://www.nhk.jp/p/ts/D9L15JRZX4/ 
 
掲示者: | 2021年 11月 21日 (日曜日) 11時08分

.学校: ソレイユでデイキャンプ!〜5年生 キャンプ復活プロジェクト2

スローガン
協力して学んだことを生かし 5つの「わ」を達成しよう
 
 5年生のデイキャンプに同行しました。
 前日までの不機嫌なお天気から一転して申し分のないコンディションで,充実した一日を過ごしました。
 まずは,今月から解禁になった借り上げバスを利用して現地へ。バスは解禁になっても車内のおしゃべりはまだ自粛を強いられており,40分超の移動時間,児童の皆さんは,誰から指示されるでもなく「当たり前」のようにして終始無言で過ごしました。6年生の修学旅行はこの10倍の所要時間で移動することになります。大丈夫かなぁ……。
 現地では,マスク以外は解放され,盛りだくさんのメニューをこなしました。まずは,飯盒炊爨とカレー作り。かまどや調理等,各部隊の隊長の指揮の下,自分たちでサクサク準備を進め,危なげなくミッションを遂行。
 各班のカレーを“検食”させていただきましたが,掛け値なしにとてもおいしい出来上がりになっていました。
 食休みもそこそこに,次に控えていたのは大縄跳び大会。学級対抗方式で本番に臨みましたが,勝敗もさることながら,自己ベスト記録更新を達成するなどして,皆さん,大盛り上がりでした。
 最後は機動力と頭脳を総動員して,クイズラリーに臨みます。ソレイユのエリアいっぱいに展開しながら,要所要所でクイズに答え,あらかじめ出されたクイズの答えに係る「ヒント・ワード」を収集するというスタイル。日ごろの授業で鍛えたプログラミング的思考を縦横に働かせながら,効率的に難関を突破したグループが勝利をおさめました。
 単位時間当たりの充実度が極めて高い,有意義な一日になりました。
  
掲示者: | 2021年 11月 19日 (金曜日) 8時22分

.学校: 今年もしています「授業観察」

 運動会を終えて,ちょっぴり落ち着いて学習に向かうシーズンを迎えました。この時期に合わせて,今年も「授業観察」を始めました。
 研究推進(本校は「プログラミング教育」関連)に関わる研究授業とは異なり,この授業観察は「普段」の授業をみて,「普段着」のままで行います。特別な道具立てや仕掛けの数々を施すのではなく,今,はやりの言葉でいうなら,“持続可能”な授業づくりってどうしたらよいの?という視点で見ていくわけです。
 昨年は皮肉にもコロナ禍のおかげで,休校期間中に教材研究を進めることができました。そこで培った「特別」がそのまま持続可能な形で定着したケースが多くみられました。新学習指導要領下の2年目を迎えた今年度は,改訂の趣旨に添いながら,それをどのようにして持続可能にしていくか,というフェーズに入っています。
 なんだか難しい話になってしまいましたが……(笑)
 お互いに授業を見合う時間がなかなか確保できないので,ベテランも経験の浅い先生たちも,それぞれの技(わざ)を共有できるように,あれこれレポートをしていこうと思っています。

●昨年の記事(2021/12/16)
https://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=40085&caldate=2020-12-1&schid=32&block=0
  
掲示者: | 2021年 11月 18日 (木曜日) 8時42分

.学校: 4年〜アイクル見学

 市の小学校校長会の申し合わせで自粛していた,公共交通機関利用による校外学習が解禁されたため,各学年とも教科等の指導のねらいに即した校外学習を再開しました。
 4年生のアイクル見学は,例年は市の教育委員会が手配するバスを利用していますが,今年は自力で企画することに。駅から往復1時間歩く行程でしたが,それだけの価値が十分にある見学会になりました。
 4年生の皆さん、本格的な校外学習は2年ぶり(2年時のズーラシア以来?)で,公共交通機関利用は小学校で初の経験になります。
 走水水源地など近隣地域への移動の際に培った道の「歩き方」はもちろん、乗車マナーもきちんとしており,すごいなぁ,と思いました。
 アイクルでは大歓迎(今年は見学を見送る学校が多いらしい)していただき,3つのグループに分かれて,きめ細かいガイドをしていただきました。児童の皆さんは事前学習の成果を踏まえつつ,職員の方のお話に熱心に耳を傾け、メモをとっていました。
「DVDだけじゃわからないことが多いなぁ……」
「そうそう,臭いとか,振動とか,ね」
「(設備の)大きさとかもね」
 なんてつぶやきも……。

 ここに来るたびに思うのは,リサイクル品(ゴミとはいいません!)を出すときは,分別はもちろんのこと,さっとでもよいから汚れを落とさないといけないな……ということです。容プラにしろビン缶にしろ,どこかの過程で機械ではなく,担当の方の「手選別」に委ねられますので。
 いつかTV朝会でお話しした“納豆の調味料袋,2箇所切る作戦”,ぜひ,お試しください。
 “二重袋”・“異物混入”も厳禁です!

●アイクル 紹介サイト
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/4230/aicle/index.html
 
掲示者: | 2021年 11月 12日 (金曜日) 10時22分

.学校: 4くみ 焼き芋の会〜収穫から“ホクホク”まで

 ちょっと風が強かったので,落ち葉焚きから始めて……というわけにはいきませんでしたが。これまで育ててきたお芋を収穫し,練炭+七輪で焼いてみんなでおいしくいただきました。
 掘り出した時よりもずいぶん大きくなっているような気がするって……?
 気にしない気にしない。たぶん気のせいです(笑)
 
掲示者: | 2021年 11月 11日 (木曜日) 14時36分

.学校: Chromebook 事始め-3〜朝の会で

先日,アカウント設定が完了した2年生で,朝学活での活用が始まりました。まずは手始めに,朝の簡単健康観察&アンケート。
 「今日の体調は?」「一番楽しみな時間は?」「体育の時間に頑張りたいことは?」……
 こういう質問に答えていくと……その結果が即座に集計されて手元に表示されます。こんな,簡単コミュニケーションツールとしての活用から教科等の学習場面につなげていきます。

●関連記事
11月 1日 (月) Chromebook 事始め-2
https://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=42602&caldate=2021-11-11&schid=32&block=0
 
掲示者: | 2021年 11月 11日 (木曜日) 9時35分

.学校: 5年生社会科-研究授業「自動車をつくる工業」

【研究テーマ】論理的思考力を育む授業の創造
 (横須賀市教育委員会「プログラミング教育」研究助成事業)

 あの,台風通過の日に事前検討を行った授業の本番を迎えました。
 前時までにリサーチした日産の追浜工場(来週,リモート見学します)についてのあれこれ(自動車生産の方法)を踏まえて,では,完成した製品を消費者に届けるために必要なノウハウって何なの?を,輸送手段を軸にして,論理的思考を働かせながらあれこれ検討するというのが,本日のお題でした。
 まずは追浜工場から市内の販売店に運ぶには?……から始まって,国内,離島,そして世界へと視野を広げていき,輸送手段やコストなどについて併せ考えていきます。
 「まずは調べる前に考えてみましょう」という先生の問いかけに応える形で,児童の皆さん,様々対話をしていきます。ここで輸送手段やコスト,消費者のニーズなどいろいろな条件に着目。
 終盤ではそこで働かせた「テキシコー」をそのまま生かして,世界展開を強化していくための手段を検討し,「現地生産」という発想にまで行きつきました。
 ぐるぐる回り続けていた子供たちの頭の中を全部ビジュアル化して,見てみたくなるような授業でした。

●関連記事
10月 1日 (金)
5年生社会科-指導案検討
https://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=42340&caldate=2021-10-31&schid=32&block=0
 
掲示者: | 2021年 11月 10日 (水曜日) 15時07分