.学校: 今年も,教室が教室になっていく〜3週目の教室

 年度初めの様ざまなオリエンテーションや学級,学年集会を経て,教室や廊下もだんだんと息づいてきました。
 コロナ禍の昨年度,これを6月にギュッとまとめて(押し込めて?)行っていたのかと思うと恐ろしくなります。
 授業もすっかり軌道に乗り,学習成果(ノートの取り方)や学習過程(考え方などをノートにまとめている途中)の共有,単元の“振り返り”,なども日常的になっています。

 朝夕の冷え込みもだんだんおさまり,活動の幅が広がっています。学校生活の充実度も,日ごとに増していくようです。

●昨年6月の様子
https://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=37820&caldate=2020-6-1&schid=32&block=0
 
掲示者: | 2021年 4月 19日 (月曜日) 7時48分

.学校: 横須賀市学習状況調査

 標記の調査(テストではありません)を実施しました。
 今年度から,市の方針により2年生も実施対象になりました。学習状況について,低学年段階から様々な課題が見えてきたから,というのがその理由のようです。
 初めて経験する2・3年生がちょっぴり心配になったので,教室に行ってみると……。
 ちょうど調査方法の説明が終わったところ。皆さん緊張した面持ちでいます。
「始まるまで座ったまま休憩していいですよ……」
 ‟のび”をする子,睡眠をとる子,いろいろです。
 実施時間は一律40分。これをみて先生たち,「低学年に40分はちょっと……長くない?」
 確かに中学生の定期テストだって,45分で実施していますので,同じ時間だと……。さすがに最後の15分くらいは,ガマン大会の様相を呈していました。
 解答方法などは3年生からのものとは違って,問題と解答用紙が一体化されている(単元テストと同じ)など,低学年向けに配慮されています。
 また,結果が出次第,改めて振り返りをしたいと思います。

● 昨年の調査の様子
https://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=38781&caldate=2020-9-30&schid=32&block=0

 
掲示者: | 2021年 4月 16日 (金曜日) 9時56分

.学校: ‟まぼ広”パネル 新調!

 まぼりっ子広場の表示パネルを新調しました。コンパネのボード成型からレタリング,塗装まで,すべて用務員さんの手作りです。
 取付作業中,ちょうど中休みの時間に差し掛かり,教室から出てきた子供たちと一緒に「完成記念撮影」をしました。
 
掲示者: | 2021年 4月 15日 (木曜日) 16時01分

.学校: 身体測定&健康診断

 昨年は秋まで実施がずれ込んでしまった身体測定と健康診断。今年も密を避けるため体育館で,となりましたが,予定通りに実施することができました。
 教科に直接関わる学習での振り返り(自己評価やメタ認知)はもちろんですが,こうしてカラダに視点を置いて自分自身の在りようを振り返るというのもまた,自分の未来をデザインする上で大切なことだと思います。
 上級生はもちろんのこと,初めての経験になる1年生も,お約束を守って,立派に臨んでいました。
 
掲示者: | 2021年 4月 14日 (水曜日) 7時55分

.学校: 始業式から一週間

 ほぼ毎日,教室を回って,児童の皆さんが新しい学級で様々な活動に取り組む様子を見ています。新しい学年やクラスのオリエンテーション(1年生はその前に学校生活のイロハから!),学級づくりに関わる活動から始まって,教科等の学習も本格的にスタートしました。

 去年の今頃は,まだ先の見えない休校中でした。学校に咲き乱れる花々や日ごとに芽吹く若葉も,子供たちは目にすることなく,ただただ,時が過ぎていました。
 こうして,普通に学校生活を営むことができることの幸せを,改めてかみしめています。

 
掲示者: | 2021年 4月 13日 (火曜日) 10時14分

.学校: 登校初日の教室

 始業式こそ雨模様になりましたが、今年の登校初日はまずまずのお天気に恵まれました。特に1年生にとっては最高のコンディションだったと思います。昨年,一昨年ともに土砂降りで大変な思いをしましたので。
 昨年はコロナでできなかった集団下校も実施。辻々でおうちの方にお迎えに出ていただきました。
 
 上の学年では今日,教科書配布がありました。3年生は一気に教科が増えるので,あちこちで戸惑いの声が……。
「えー?まだあるのぉ?」
「これ,全部,持ち帰るの?1丁目までだよぉ?」
とか言いながらも,すっかり慣れた手つきでお名前書きをしていました。
 
掲示者: | 2021年 4月 6日 (火曜日) 16時04分

.学校: 雨の始業式&入学式

 今年の始業式はあいにくの雨。着任式と担任発表等もTV放送で行いました。
 その後の入学式は、新2年生の皆さんがあらかじめ収録していた「歓迎!学校生活紹介ショウ」の上映(去年は収録も披露もできませんでした)に続いて挙行。新しいお友達をお迎えすることができました。

 ご入学、ご進級おめでとうございます!
 
掲示者: | 2021年 4月 5日 (月曜日) 16時05分

.学校: 新6年生 春休みを返上して

 春休みを返上して、新6年生の皆さんが登校。新入生をお迎えするための準備をしてくれました。
 入学式式場のセッティングから教室の飾り付けまで心を込めて取り組んでくれました。
 きっとよい入学式になると思います。
 
 卒業関連の準備片付けから入学式まで、6年生の皆さん、どうもありがとう!
 
掲示者: | 2021年 4月 2日 (金曜日) 15時24分

.学校: 修了式とお別れ式

 今年度最終日,修了式とお別れ式(離任式)を行いました。TVを通じて行う集会にもすっかり慣れて,スタジオと教室が一体となった儀式になりました。
 生活指導に関わるお話と通常の修了式に引き続いて,離任式に当たる「お別れ式」を行いました。お世話になった先生たちからのお話を聞いて,その都度反応している様子が上階から伝わってきます。児童の皆さん,主体的に,よくお話を聞いているな,と思いました。
 最後にみんなで声を合わせて歌った校歌も,ブランクをまったく感じさせないものでした。
 
掲示者: | 2021年 3月 25日 (木曜日) 14時45分

.学校: キャリア・パスポート研修会

 キャリア・パスポートについての研修会を行いました。
 講師はつい先日,卒業生を送り出したばかりの学級担任。最終学年であるとともに,中学校への接続を意識した6年生指導の経験を踏まえて,様々な事例を紹介しながら,この学習の取組について説明がありました。
 6年間の学習等の履歴はポートフォリオにまとめる形をとり,中学校〜高等学校へと引き継がれていきます。

●関連記事「未成年の主張」
https://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=40674&caldate=2021-3-24&schid=32&block=0

● 以下,文部科学省の担当者の鼎談より……抜粋
▶ キャリア教育のこれまでとこれから
これまでは……
キャリア教育=職業指導でしょ?
というような捉えられ方が多かった。職業体験すればそれでOK,みたいな誤った感覚が横行してるけど,それではいけない。
発達の段階に応じて……
小学校低学年の児童に職業生活をイメージしようとさせるのはムリ。混乱するだけ。小学校では小学校ならではの学年段階に応じた扱いが大切。

▶ 学級担任制の小学校では……
そのよさを生かして各教科等の学びを繋げていくことが大切。でも……
子どものアタマの中では教科学習や行事が繋がって見えない
でもそれらは「横」「縦」に繋がり生きることや働くことにも繋がっている
そのことを特別活動を要(かなめ)として示してあげるとよい

▶ キャリア・パスポートで学びを繋ぐ
日々の取組の履歴が「見える形」となってポートフォリオになっていることがとても大切
節目ごとの目標は「頑張る」ではなくイメージや目的の具体をはっきりさせることが大切
小学校では「今やっている取組を大切にする」意識が大切
クリアファイルに入れて掲示してある種々のワークシート,それ自体がすでにキャリア・パスポートの基礎資料
すべてをとっておくのは大変なので,進級等の節目ごとに取捨選択したり凝縮したりして持ち上がりにすればよい
「キャリア」には“意義付け”という意味もある
キャリア・パスポートを介して「あなたの学び」にはこんな意義,意味があるのだと教師や保護者が価値付けてあげることが大切
学習評価ももちろん大切。ただ「頑張ったね」ではなく,その中身がわかるように評価し伝えるように
低学年はまだ「頑張ったね」でもよい。学年が上がるにつれて声かけの中身を変えていく必要がある

▶ また「仕事が増えた」と思わない
「キャリア」「カウンセリング」「カリ・マネ」……新学習指導要領はカタ仮名語のオンパレードだけどいちいち惑わされてはいけません。すべてこれまで普通にやって来たことを,新学習指導要領が意味付け,意義付けしてくれたと思えばよい。それを12年間という系統性の中に位置付けその中で育んでいこうという意識付けをすればよい

--------以上 文部科学省編集発行『初等教育資料』2021年2月号より

●かながわのキャリア教育
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/v3p/cnt/f537614/kyariakyouiku.html

●かながわ版キャリア・パスポート
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/v3p/cnt/f537614/kyariapasu.html

 
掲示者: | 2021年 3月 24日 (水曜日) 12時16分