2012年 3月 2日 (金曜日)

.学校: ジャガイモの植え付けをしました

3月1日(木)5校時の総合的な学習の時間において、1・2年生全員で沢畑にてジャガイモの植え付けを行いました。

畑作りから植え付けに至るまで、地域の方のご支援をいただいた部分があります。ご協力いただきありがとうございました。また、生徒の総合係にもがんばってもらい、1ヶ月ほど前から耕し・畝作り・肥料まきをしてきました。

雪の翌日ということもあって多少ぬかるんでいる所もありましたが、全員が6月の収穫祭に向けて一生懸命取り組んでいました。



  
掲示者: | 2012年 3月 2日 (金曜日) 9時55分

2012年 6月 5日 (火曜日)

.学校: ジャガイモ収穫祭

6月5日(火)4・5校時でジャガイモ収穫祭を行いました。多くの地域・PTAの方々にもお越しいただきました。

全校生徒で沢畑に入り収穫しましたが、気候や地力の影響もあって今年はかなり小ぶりでした。

同時に、PTAの方々が揚げジャガイモの肉そぼろがけを調理してくださり、昼食の時間にみんなでいただきました。これがまた大好評!おかわりを求める生徒の行列ができたほどでした。

来週は、サツマイモの植え付けを予定しています。本日から地域の方の支援も受けながら耕しを始めました。秋の収穫のために準備をしっかりと行いたいと思います。

何はともあれ、無事に収穫祭を終えられたことに感謝します。お越しいただいたみなさまありがとうございました。

  
掲示者: | 2012年 6月 5日 (火曜日) 20時05分

2013年 6月 8日 (土曜日)

.学校: ジャガイモ収穫祭

6月5日(水)、4・5校時を使ってジャガイモ収穫祭が行われました。
合図とともに一斉に畑に入り、収穫作業、仕分け作業を行いました。
「おっきいの取れたぁ!」や「ここにもあるぞ!」
など歓喜の声も聞こえてきました。

収穫後はPTAのお母さま方が作られた「揚げジャガイモの肉そぼろがけ」をみんなでいただきました!とってもおいしくてみんなに大好評でした。もはやジャガイモ収穫祭の定番です。


生徒とともに、地域の方や保護者の方にも畑に入ってもらい、掘り残しがないかかどうか確かめてもらったり、残った草・茎・石を集めてもらうなどお手伝いいただきました。一緒に作業をしていただきとても楽しい時間を過ごすことができました。
収穫祭では毎回、大変多くの地域・保護者の方々においでいただきありがとうございます。

なお、収穫祭当日の様子は、「北下浦地域情報」として北下浦行政センターにも掲示されています。

  
掲示者: | 2013年 6月 8日 (土曜日) 12時34分

2015年 6月 5日 (金曜日)

.学校: ジャガイモ収穫祭

6月5日(金)
 本日の4,5校時を利用して、ジャガイモ収穫祭を行いました。天候不順で収穫は少なかったのですが、楽しい一時を過ごしました。ご協力頂いた地域の方々、保護者の皆様に感謝いたします。今月末には、サツマイモを植え付ける予定です。
  
掲示者: | 2015年 6月 5日 (金曜日) 15時10分

2013年 3月 16日 (土曜日)

.学校: ジャガイモ植え付け

3月15日(金)、総合的な学習の時間を使い、1・2年生が沢畑にジャガイモの植え付けをしました。
卒業生が作ってくれた畝に、卒業生が準備をしたタネイモを植え付けていきました。
地域の方のご支援でわらを差し入れしていただき、使わせてもらいました。

植え付けるだけで終わりではなく、生徒が自分たちで手入れをしていくことを願います。
6月初旬に予定している収穫祭が楽しみです。

  
掲示者: | 2013年 3月 16日 (土曜日) 14時55分

2020年 6月 29日 (月曜日)

.学校: 一斉登校2週目

 一斉登校から一週間がたちました。学校には生徒の声が響くようになりました。全員が一つの教室で一緒に授業を受ける。今まで当たり前だったことが、そうではなくなった時、全員で一緒に過ごせるありがたさを感じてほしいと思います。水曜日からは50分の日課が始まります。6校時まで授業の日も戻ってきます。
 だいぶ慣れたところで、少し気持ちも緩んできてはいませんか。まだまだ感染者は出ていますし、感染に気を付けなければいけないことは変わっていません。写真は、下校の風景です。学級ごとに時間差にして、密を避けるように工夫はいていますが、難しい状況です。屋外であることと密な状況が短時間であるので、何とか大丈夫ではと考えていますが、本校の状況ではどうしても集まってしまいます。人との距離やいろいろ気を付けることが増えて大変ですが、注意は怠らずにいてください。自らの体調管理や、他人への優しさが試されています。

  
掲示者: | 2020年 6月 29日 (月曜日) 10時48分

2014年 5月 14日 (水曜日)

.学校: 一年生校外学習

5月14日(水)
 初夏を思わせる暑さの中、一年生が地域学習にでかけました。全員参加、忘れ物も無いという素晴らしい参加態度で、一日のフォークラリーに取り組みました。
  
掲示者: | 2014年 5月 14日 (水曜日) 13時37分

2020年 5月 9日 (土曜日)

.学校: 一途一心

 SAWAメールでお知らせしたとおり、再び学校休業期間が延長となりました。世の中の状況も少しづつではありますが、よくなっている様子がうかがえます。しかし、県内の状況はまだまだという判断です。なかなか厳しい状況が続きますが、生徒・保護者の皆様はいがかでしょうか。所によってはもう難しいという場合もあるのではと思います。何か心配なことがあれば、抱え込まず学校に連絡をお願いします。すぐに対応は難しいかもしれませんが、相談に乗ることは可能です。よろしくお願いします。
 学校のホームページも少し変わりましたので、ご確認ください。横須賀市の教育委員会の学習のページにつながることもできます。また、コロナウイルスへの対応についてのファイルにつながることもできるようになりました。ご確認ください。
 「一途一心」という言葉があります。ひたすら、ひたむきということです。一つのことに没頭してこそはじめて新しい自分が見えてきたり、新しい働きができるといわれています。今、このような状況の中で、一つのことに集中していくことは難しいことかもしれません。しかし、そのような気持ちで毎日を過ごしていくことが、一人一人の成長につながると思います。一日一日はあっという間です。少しでも没頭する瞬間をつくってみましょう。
学校長 星野 嘉朗
掲示者: | 2020年 5月 9日 (土曜日) 15時10分

2020年 10月 19日 (月曜日)

.学校: 雨の中大健闘!男子4位・女子9位 男女駅伝大会

 10月17日(土)は、男子の第71回、女子第37回横須賀市中学校駅伝競走大会が行われました。今年度はコロナウイルス対応のため、例年の馬堀海岸通りのコースではなく、不入斗競技場でタスキリレーではなく、区間ごと24人が同時にスタートしてその合計タイムで順位を出すというルールで行われました。「本当のタスキはつなげないが、心のタスキをつないで…」という中体連の会長の挨拶にもあった通り、長沢中学校の女子5人男子6人のメンバーは、見事に心のタスキをつないでくれました。
 当日は、強い雨と低い気温の最悪のコンディションの中でしたが、一人一人が懸命に走り切り、立派な姿を見せてくれました。
 男子は48分59秒39で総合第4位、女子は40分05秒72で第9位と素晴らしい結果を残してくれました。付き添いの選手も含め、全員で勝ち取った結果です。最後の閉会式もしっかりとした姿勢で臨むことができ、沢中生の心意気を示すことができました。ご苦労様でした。
  
掲示者: | 2020年 10月 19日 (月曜日) 17時03分

2020年 6月 22日 (月曜日)

.学校: 雨の分散登校最終日

 分散登校最終日の19日は、久しぶりに雨でした。1年生にとっては初めての本格的な雨の中での登校となりました。前日までは蒸し暑さが続きましたが、梅雨寒の1日でした。体調管理が大変な陽気となっています。土日は暑さがぶり返したり、22日の全員登校開始を前にこれからの体調に気を付けてください。
  
掲示者: | 2020年 6月 22日 (月曜日) 12時18分

2017年 2月 14日 (火曜日)

.学校: 家庭科部大活躍!

 今年も家庭科部は全国大会で大活躍!
 第17回全国中学生創造ものづくり教育フェアinかながわものづくり競技大会『あなたのためのお弁当』コンクールにおいて県知事賞(優勝)を受賞した家庭科部(石渡千愛さん・山田妃菜さん・麻生菜々香さん)は、1月21日(土)女子栄養大学駒込キャンパスで行われた全国大会においても厚生労働大臣賞【第3位】を受賞しました。3人のチーム名は『癒(いや)し』で、普段仕事で疲れている父のために作ったお弁当を披露しました。
 また、同県大会『生徒作品コンクール』部門において、家庭科部(石渡結衣さん)の作品『手ぬぐいウォールポケット』が、県中学校文化連盟会長賞を受賞し、全国大会に出品されました。同じ柄の手ぬぐいを2枚使い、工夫を凝らした作品に仕上がっています。
  
掲示者: | 2017年 2月 14日 (火曜日) 17時39分

2020年 5月 16日 (土曜日)

.学校: 課題配布・回収はじめました

 11〜13日 各学年・6組の課題配布・回収を行いました。連日、良いお天気が続き多くの生徒が元気に来校しました。ご協力ありがとうございます。
 写真は安樂先生が用意してくれた、疫病よけに効くという、妖怪アマビエの置物と配布の時の3年生の様子です。
 残念ながら、神奈川県の非常事態宣言はそのまま継続となりました。県教育長の話では、非常事態宣言が続いている間は、学校の休業は継続するとの新聞報道もありました。もうしばらく辛抱が続きます。こういう時だからこそ
      易(えき)は窮(きわ)まれば変ず、変ずれば通ず、通ずれば久し
という言葉を大切にしたいです。開けない夜はありません。必ず先が見えてきます。
 今回の課題から、少しずつ各学年の新しい学習内容にもふれている部分が出てきましたので、課題への質問が出てくる可能性も出てきましたので、各学年ごとに質問日を設定しました。SAWAメールでお知らせしたとおり、各学年ごとに別日程で予定をしています。また、来校する場合には事前に連絡をお願いしています。ご協力をお願いします。
 来週も19日(火)は3年生、20日(水)は1年生、21日(木)は2年生の課題配布・回収日となっています。来週の課題には生徒の皆さんが学校再開に向けてどのような気持ちでいるのか、どんな願いを持っているの、今どんな気持ちで毎日を過ごしているのかを文章にしてもらうものが加わります。今の思いを少しでも書いてもらえると嬉しいです。先生方も皆さんの姿や表情を常に見ている状態にはありません。課題配布で登校したほんの短い時間での会話しかありませんので、少しでも生徒の皆さんの今が知れるとよいと思っています。今後とも体調の管理に気を付け、手洗いうがいの習慣づけ含め、再開に向けて日常生活のリズムづくりへも、ご協力をよろしくお願いいたします。
 教職員一同、再開への準備もできるところからしています、来週も皆さんとお会いできることを楽しみにしています。
校長 星野 嘉朗

  
掲示者: | 2020年 5月 16日 (土曜日) 15時51分

2012年 8月 28日 (火曜日)

.学校: 夏休み中の学校のようす〜最終日に寄せて

本日で夏休みが終了し、明日より地域の小学校より1日早くスタートします。
夏休みの子どもたちのようすを2〜3と先生のようすを紹介します。

‖畑は1年生が夏休み中もローテーションを組んで草取りや水やりをしてくれました。朝8時半からの活動でしたが、気温も30℃近く、暑い中がんばってくれました。おかげさまでサツマイモは元気に育っています。


部活動はどの部も活発に取り組めました。ほとんどの部活は3年生が引退し、2年生中心の新チームとなりました。また、駅伝部は、10月20日に行われる駅伝大会に向けて夏休みからスタートしました。


B琉藝廚妨けて各カラーの団活動がありました。デコを作成したり、応援の練習をしたり団員が積極的に活動していました。



一方、教員は夏休みの主な研修として、AED講習会や防災講習などに取り組みました。日頃から万が一に対しての備えの大切さを痛感しながら、真剣に研修に取り組みました。また、長沢中としても「思考力・判断力・表現力を問う問題とは」ということについて教科ごと検討して発表し合う研修も行いました。



明日、夏休みに成長した子どもたちに会えるのが楽しみです。
  
掲示者: | 2012年 8月 28日 (火曜日) 19時08分

2012年 4月 21日 (土曜日)

.学校: 横須賀市中学校総合体育大会開会式

21日(土)は、横須賀市中学校総合体育大会(中総合)の総合開会式が横須賀アリーナで行われ、各学校の代表者が入場行進をしました。

本校でも16日(月)の朝から運動部に加入している生徒が行進練習を始め、朝早くからの活動ですが、生徒それぞれが精一杯取り組んでいました。

練習参加者の中から男子25名、女子25名の計50名が選出され、学校の代表者として行進しました。
また、今回の行進の演奏は、長沢中吹奏楽部が担当校となり、吹奏楽部員も精一杯がんばりました。

  
掲示者: | 2012年 4月 21日 (土曜日) 18時53分

2020年 7月 27日 (月曜日)

.学校: 横須賀市長からのメッセージ

 22日に横須賀市長から市民に向けてのメッセージが発せられました。感染の防止だけでく、感染を理由とした偏見や差別の防止に向けて、今一度認識を新たにしたいと思います。メッセージ全文は以下の通りです。

「市長メッセージ」

 今日は皆さんに二つのことをお伝えさせていただきます。

 すでに報道等でご承知のことと存じますが、市内の民間宿泊施設が、日本政府の許容の下で、PCR検査の結果判明前の待機場所として使用されていたこと、そしてその事も含め、移動制限措置を実施する施設として、米軍が使用することについて、国からは、横須賀市に対して、なんら情報提供がなかったことが明らかになりました。

 このため、私は昨日、在日米軍における新型コロナウイルス感染症の検疫・隔離措置等の徹底について、河野防衛大臣、鈴木外務副大臣、小島厚生労働大臣政務官に直接お会いし、要請を行ってまいりました。

 私は、市民の安全・安心を守ることは、市長としての最大の責務だと考えています。そのために、この件について、スピード感をもって対応いたしました。これは、この対応が少しでも遅れれば、また同様の事が起こりかねないという非常に強い危機感からです。

 今日、明日にも、PCR検査の結果判明前の米軍関係者が市内の宿泊施設に待機し、そこで陽性が確認される事は否定できません。

 私は、米海軍横須賀基地が、市民の理解を得ながら、安定的に運用されていくことが、日本、そして地域の安全保障のためには、大変重要であると考えており、今回のような事案によって、それが覆されてしまうことを大変危惧しております。

 感染された米軍関係者の方には、心よりお見舞いを申し上げるとともに、米海軍には感染拡大防止に、これまでと同様に、取り組んでいただきたいと強く願っています。

 要請の結果ですが、防衛大臣からは、米軍に対する水際対策の徹底の要請について、外務副大臣と厚生労働大臣政務官からは、米軍と外務省及び厚生労働省と横須賀市との情報共有の強化、徹底について、それぞれ回答をいただくことができました。
 特に外務副大臣に対しては、今後は、空港でのPCR検査の結果判明前に、市内の宿泊施設を待機場所として利用しないでほしいと、強く要請させていただき、副大臣からは、今回の件で、このような問題が起きていることを、政府としても認識し、米側にも問題提起していきたい旨のご回答をいただいております。

 今後は、これらの回答を踏まえ、注視を続けていき、市民の皆さんの安全・安心を確保して参りたいと考えております。

 続いて、抗体検査の実施結果についてです。

 この抗体検査は、過去に感染し、現在、抗体があるかどうかを確認する検査であり、7月3日から15日まで検査を実施し、964名の市民の皆さんと40の医療機関にご協力をいただきました。

 まずは、この場をお借りしまして、ご協力いただいた皆さんに、厚く感謝申し上げます。

 受検者964名の内、抗体保有者は10名で、抗体保有率は、1.04%という結果になりました。

 この抗体保有者10名についてですが、地域、性別、年代、職業など特別な偏りを確認することはできませんでした。この結果は、あくまで統計上の話ではありますが、横須賀市民約40万人に対して4,000人の方が、過去に感染をしていたことになります。

 ある程度は予想していたとはいえ、実際の市内の感染率、0.017%と比較しても、非常に多い数値となっております。

 この結果をふまえまして、今後については、早急に検査体制の充実を図ることが不可欠であると考えています。

 症状がない方であっても、直接、市中の医療機関においてPCR検査などを受検することができる体制を、一日でも早く構築するため、現在、全力で市内の医療機関と調整を行っているところです。

 最後に皆さんにお願いがあります。
 市内で4,000人という数字は非常に多い数字です。100人に1人の方が、無症状のまま感染しているのです。また、現在抗体があったとしても、数か月後には2回目、3回目と感染する可能性があることなどが、最近の研究において報告されています。これらの事実を正しく恐れていただき、改めてもう一度、マスクの着用や手洗いの徹底など、新しい生活様式に基づいた必要な感染予防対策を再確認してください。とりわけ年配者や既往者の方は重症化する傾向があることから、特に、十分の注意をお願いいたします。

 そして、やむなく感染、発症された方を、決して責めないでください。誰でも感染する可能性があるのです。昨日、今日、感染していなくても、明日か、明後日かに、友人が、家族が、自らが感染する可能性が誰にでもあるのです。
 ですので、誹謗中傷は厳に慎んでください。
 感染したい方など、誰もいないのです。
 
 みんなで力を合わせて、ぜひ、この難局を乗り切ってまいりましょう。
 よろしくお願いいたします。

掲示者: | 2020年 7月 27日 (月曜日) 14時07分

2014年 5月 22日 (木曜日)

.学校: 鎌倉コース決め2年と沢畑草取り1年

5月22日(木)
 2年生は、本日の総合の時間、来週予定されている鎌倉への校外学習に向けて取り組みました。鎌倉近代美術館学芸員の皆さんによる講義を受け、コース決めに取り組みました。
 1年生は、来月早々に予定されている収穫祭に向け、沢畑の草取りに全員で取り組みました。
  
掲示者: | 2014年 5月 22日 (木曜日) 15時27分