2016年 4月 21日 (木曜日)

.学校: (件名なし)

各学年で春の野菜の植え付けの準備をしています。
今日は5年生がインゲン豆を植えるための準備をしていました。夏野菜の収穫を夢見て頑張っていました。

その横にあやめ?が咲いていました。
ほつんと1輪ですが、きれいに咲き誇っています。
花や野菜が春の暖かさで、元気になっています。

  
掲示者: | 2016年 4月 21日 (木曜日) 19時12分

2016年 10月 25日 (火曜日)

.学校: (件名なし)

お楽しみ会ということで馬堀幼稚園の園児が遊びに来てくれました。1年生と一緒に歌を歌って、貨物列車(ごっこ)をやり、お互いに交流をしました。みんな楽しそうで笑顔いっぱいの時間になりました。1年生が進行役で立派に進めていて、ちょっと前まで幼稚園に通っていた子どもが・・・とても頼もしく感じました。
 
掲示者: | 2016年 10月 25日 (火曜日) 12時58分

2016年 12月 9日 (金曜日)

.学校: (件名なし)

馬堀っ子広場の朝の光景です。芝生の上にイチョウの葉っぱがふり注ぎ、黄色いジュータンの上で、追いかけっこをしています。絵画のようにきれいでした。また、学校の敷地の片隅にスイセンがひっそりと咲いていました。温かい日差しに誘われてだったのでしょう。ほっこりした馬堀小情報でした。
  
掲示者: | 2016年 12月 9日 (金曜日) 10時11分

2017年 2月 7日 (火曜日)

.学校: (件名なし)

今日の朝会では表彰者がたくさんいました。美術展や書写展・チームジャンプなど昨年末から今年初めにかけての成果でした。チームジャンプはトロフィー付きです。みんないい顔をしています。頑張りました。また、なか休みには避難訓練がありました。今回は予告なしのものでしたので、その場でどう自分で判断していけるかということが問われましたが、どうだったでしょうか。教室では自分自身で振り返ってどう動くべきだったかを反省していました。自己判断をしっかりできるようにしたいですね。回数を重ねることが被害を最小限にしてくれます。
 
掲示者: | 2017年 2月 7日 (火曜日) 18時24分

2017年 3月 24日 (金曜日)

.学校: (件名なし)

今日で平成28年度の学習が終了しました。朝の修了式では皆大きな声であいさつし、しっかりと校長先生のお話を聞いていました。次の学年への意気込みが感じられる式になりました。校歌もとっても元気に歌ってくれました。成長が感じられる場面です。

掲示者: | 2017年 3月 24日 (金曜日) 15時12分

2021年 9月 22日 (水曜日)

.学校: “気持ちよく”ハードルを越える〜プログラミング的思考を働かせて

【研究テーマ】論理的思考力を育む授業の創造
 (横須賀市教育委員会「プログラミング教育」研究助成事業)

 秋の研究授業第一弾は,体育。6年生のハードルです。いかに"気持ち良く”走り,“気持ちよく”跳ぶことができるか。これを目当てにして,それに迫る学習を展開します。
 初回の今日は早くも,おろしたてのChromebookが大活躍。児童の皆さんそれぞれに,走りやハードルを越える瞬間のフォームを撮影&チェックし,プログラミングでいうところの“バグさがし(デバッグ)”をします。これを繰り返しながらバグの修正をしてフォームや歩幅,タイミングなどに反映させ,気持ちよくハードルを越えられるようにする……。
 お互いに撮影しては動画をチェックし,次のフェーズへの対策を練っていました。

●関連記事
9/17 研究全体会
https://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?cid=0&smode=Weekly&action=View&event_id=42182&caldate=2021-9-24&schid=32&block=
 
掲示者: | 2021年 9月 22日 (水曜日) 12時17分

2018年 10月 17日 (水曜日)

.学校: 道徳科授業を公開〜小中一貫教育研究

 馬堀中学校との小中一貫教育研究の一環として,道徳科授業の公開を行っています。初日の今日は4年生の授業を公開。馬堀中学校とブロックの小学校(望洋・走水)の先生方に参観していただきました。来週にかけて全学年の授業を公開します。
 この後も取組を継続し,来年1月30日に道徳科の研究授業を実施。小中学校9年間の学びをつなぐための研究を進めます。
 
掲示者: | 2018年 10月 17日 (水曜日) 12時49分

2020年 4月 28日 (火曜日)

.学校: 調査ご協力のお願い

別途,保護者の皆様に調査をお願いいたしました。
以下が,教育員会からの依頼(照会)文,ほぼ全文になります。どうぞよろしくお願いいたします。

令和2年(2020年)4月28日
市立小学校長 様
市立中学校長 様
横須賀市教育委員会 教育長
横須賀市PTA協議会 会長

児童生徒の家庭における情報環境の調査について(照会)

 日頃より、学校教育にご尽力いただき、感謝申し上げます。
 横須賀市教育委員会では、休校中の児童生徒の学びを保障する手立てとして、オンライン学習等、様々な取組を検討しています。その取組を実施するにあたり、市PTA協議会と連携し児童生徒の家庭での情報環境についての調査を実施いたしますので、ご協力をお願いいたします。
 また、現段階では、各学校のホームページでの情報共有が中心になっている状況を踏まえ、児童生徒がホームページを閲覧することができるかについては、各学校で全児童生徒について調査し、教育委員会へ報告をお願いいたします。
 お忙しいところ恐縮ですが、今後の子どもたちへの支援を考える貴重な調査と考えておりますので、ご協力何卒よろしくお願いいたします。

1 調査期間   4月28日(火)〜5月1日(金)
          
2 調査目的   
(1)横須賀市全体の概要を把握し、今後の取組の検討材料とする。
         
(2)各学校の児童生徒のホームページ閲覧状況を把握する。

3 調査方法   
(1)まちcomi等のメール機能を使い、資料1の,諒絃呂鬟瓠璽詼槓犬貌力し各家庭に送信する。
(2)まちcomi等のアンケート機能等を使い、資料1の△旅猝椶魏板躾瑤杷聴し、別添1の調査票を教育政策課へFAXする。

●調査−1
【タイトル】児童生徒の情報環境についてのアンケート

【掲載文章】
日頃より、学校教育にご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。横須賀市教育委員会及び横須賀市PTA協議会から市内の小中学校へアンケートの依頼がありましたので、ご回答ください。この調査は、今後のオンライン学習等の検討のため必要な調査ですので、確実にアンケートにお答えくださいますようお願いいたします。なお、環境によらず、全ての児童生徒への確実な手立ても併せて考えてまいります。(回答期限は5月1日(金)です。)


●調査−2
保護者のみなさま
日頃より学校教育にご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。新型コロナウイルス感染拡大防止の休校のため、学校のホームページによる情報提供や電話による子どもたちとの連絡を行っておりますが、学校からの情報をより確実にお届けし、子どもたちを支援していくため、各ご家庭の情報環境について調査をさせていただきます。つきましては、次のアンケートにご協力をお願いいたします。なお、横須賀市教育委員会のアンケートとは別のものになりますので、お手数ですが、どちらの調査にもご回答ください。

Q1 家庭でインターネットは使えますか。
Q2 家庭でプリンターを使って印刷できますか。
Q3 お子様が日中に使用できるPC、タブレット、スマートフォンはありますか。
   
----------------------以上です
どうぞよろしくお願いいたします。

掲示者: | 2020年 4月 28日 (火曜日) 8時55分

2022年 3月 3日 (木曜日)

.学校: 調べて話そう,生活調査隊〜4年生 国語

 1月末から,コロナ禍関連で出勤できない先生が続出してしまい,ぎりぎりの状態で学校を回しています。3月に入ってからはさらに危機的な状況に陥り,15人制のラグビーを10人で戦っているような有り様です。教育委員会から選手補給の手当もしていただいていますが,追いつきません。でも試合放棄はできません……。

 今週は4年生の授業の補欠に入りました。補欠といっても今回は自習監督。でも,ただ,子どもたちをしーんと黙らせてプリント学習,というよくある光景ではなく,ホントの意味の自習を見守るようなひと時になりました。
 お題は国語科の「A 話すこと・聞くこと」という指導事項と,それに関わる単元です。
 学習の流れは概ね以下のようなもの。

1 調べたいことを決める
2 アンケートをとる
3 アンケート結果を整理し資料をつくる
4 発表する
5 感じたことを話し合う

 このような活動を通して,話すことや聞くことに関わる〔思考力,判断力,表現力等〕を身に付けさせる,というのが指導のねらいになります。
 今週は↑の「3」「4」のフェーズに入っており,プレゼン資料(説明用のパネル=非連続的テキスト,読み原稿=連続的テキスト)を整え,明日3/4の発表会に向けたリハーサルを行いました。
 リハーサルの合間に,これまでの取組の様子を子どもたちに聞いてみました。自分たちで調べたいことを考え,チーム編成を行い,Chromebookのグ―グルアプリを使ってアンケート集約をしてきたとのこと。それぞれの局面で働かせた国語的な見方・考え方や,教科を超えて育成される様々な資質・能力に思いを巡らせると,この学習に取り組む意味が,曼陀羅のように見えてきます。
 あと,忘れてはならないのは教科等固有の学習内容に加えて,自分たちの学習の在りようをメタ認知(客観的に見て自己評価すること)して,自己調整を図りながら進めるという力。文字通り,きちんと“自習”が成立している様子を見て,みんな,素晴らしいな……と思いました。

●前回の補欠レポート〜道徳科 編
https://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=43320&caldate=2022-2-28&schid=32&block=0
 
掲示者: | 2022年 3月 3日 (木曜日) 11時02分

2019年 9月 19日 (木曜日)

.学校: 働く人と私たちの暮らし〜3年 スーパーマーケット見学

 3年生の社会科校外学習に同行しました。単元名は「働く人と私たちの暮らし」。
駅前の「SEIYU」様の全面的なご協力を頂き,店内や,普段は立ち入ることができないバックヤードを見学させていただきました。
 店長さんから様々お話を伺いながら店内をめぐると,様々な発見があったようで……。
「paypay使えるんだぁ」「系列は,ウォルマートだって」とか「こっちの通りは中の棚と違ってお勧め品が並んでる感じ?」「お惣菜(白)とお肉(黒)とではパックの色が違うのはなぜ?」
 児童の皆さんはとっても鋭いことをつぶやき合いながら,熱心にメモを取っていました。
 バックヤードでは地元産の太刀魚(魚体を傷めずきれいに捕獲するため網ではなく「釣り」の漁師さんから仕入れている!)など,スタッフの皆さんの思いのこもった商品の,仕入れから加工,陳列までを見学させていただきました。
 お忙しい中にもかかわらず,子どもたちの学習にご協力いただき,ありがとうございました。

学習指導用要領上の位置づけ
社会科

 社会的事象の見方・考え方を働かせ,学習の問題を追究・解決する活動を通して,次のとおり資質・能力を育成することを目指す。
(1)  身近な地域や市区町村の地理的環境,地域の安全を守るための諸活動や地域の産業と消費生活の様子,地域の様子の移り変わりについて,人々の生活との関連を踏まえて理解するとともに,調査活動,地図帳や各種の具体的資料を通して,必要な情報を調べまとめる技能を身に付けるようにする。
(2)  社会的事象の特色や相互の関連,意味を考える力,社会に見られる課題を把握して,その解決に向けて社会への関わり方を選択・判断する力,考えたことや選択・判断したことを表現する力を養う。
(3) 社会的事象について,主体的に学習の問題を解決しようとする態度や,よりよい社会を考え学習したことを社会生活に生かそうとする態度を養うとともに,思考や理解を通して,地域社会に対する誇りと愛情,地域社会の一員としての自覚を養う。
 
掲示者: | 2019年 9月 19日 (木曜日) 12時38分

2019年 1月 31日 (木曜日)

.学校: 働き方改革『答申』を読んで

 教頭時代,ある教育関係の業界紙から『教頭奮闘記』という連載への寄稿を求められました。「奮闘記」というくらいだから奮闘しているところを書かなければいけないのかな,と思いつつも,あまり悲壮感が漂う内容にはしたくなかったので“ディズニー”ネタでまとめることにしました。教頭は2年程度で異動するケースが多く,極めて短い期間でまとまったお役目を果たさなければなりません。そのありようを,乳母としてさまざまな家庭を渡り歩くメアリー・ポピンズ(ジュリーアンドリュース主演)に重ね,こんな風にまとめたのです。
 
(“激務”といわれる教頭の様々な業務を列挙し,それを少しでもやりがいを持ってこなすような描写をした後の文脈で……)
〜教頭の職務は多岐にわたるとともに確かにめまぐるしく、激務といわれる所以ではある。
 そのさ中、いつも頭の中でリフレインするのは、他ならぬメアリー・ポピンズの「A Spoonful of Sugar」である。メアリーが、出会って間もないバンクス家の子どもたちと一緒に、散らかった部屋の“お片付け”をするシーンで歌われる名曲だ。「辛い仕事にも面白いところがあるはず。それを見つけたら、どんなことでも楽しくなってしまう」
 いつでも唱えられる魔法の言葉、満載である


 確かに一つでも面白いことを見つければ,つらい仕事でもゲームのようにして,魔法がかかったみたいにこなしてしまえる側面もあるのですが……。今のご時世では,ややもするとそういう発想は“ポジティブ・ブラック”と言われてしまうそうです。
 市の教育委員会主催による“働き方改革”をテーマとした「教育フォーラム」が,1月16(水)に開催されたのに続き,同25日(金)には中央教育審議会から『新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について(答申)』が発表されました。
 ずっと読み進めていくと,最後の方に次のようなメッセージがありました

1/25 中教審『答申』 p.57より
〇 最後に,中央教育審議会として保護者・PTAや地域の方々にお願いをしたい。子供の数が減少する中,一人一人の子供たちが保護者の宝であると同時に我が国のかけがえのない宝であると今ほど切実に感じる時代はない。この一人一人の子供たち全てが,未来を生き抜く必要な力を身に付け,その将来に大きく羽ばたくことできるよう,教育の役割は一層重要となっている。その教育の最前線で,日々子供たちと接しながら,子供たちの成長に関わることができる喜びが大きいとはいえ,つらいことがあっても,自らの時間や家族との時間を犠牲にしても,目の前の子供たちの成長を願いながら教壇に立っている現在の教師たち。これまで我々の社会はこの教師たちの熱意に頼りすぎてきたのではないだろうか。所定の勤務時間のはるか前に登校する子供のために,自分はさらに早朝に出勤する教師。平日はもちろん一般の社会人が休んでいる休日まで子供たちの心身の成長を願い部活動に従事する教師。子供の様子を一刻も早く共有するため,仕事をしている保護者の帰宅を待ってから面談をする教師。こうした中で,教師たちは長時間勤務を強いられており,そして疲弊している。
〇 今回の学校における働き方改革は,我々の社会が,子供たちを最前線で支える教師たちがこれからも自らの時間を犠牲にして長時間勤務を続けていくことを望むのか,心身ともに健康にその専門性を十二分に発揮して質の高い授業や教育活動を担っていくことを望むのか,その選択が問われているのである。子供たちの未来のため質の高い教育を実現するには,保護者・PTAや地域の協力が欠かせない。この答申の最後に,学校における働き方改革についての保護者・PTAや地域をはじめとする社会全体の御理解と,今後の推進のための御協力を心からお願いすることとしたい。


 ここまで言いきってくださった委員の皆様のお心遣いを大変ありがたく思います。その一方で,これまで以上に襟を正して日々の教育活動に当たっていかなければと,身が引き締まる思いになります。
 本校着任からもうすぐ一年。保護者や地域の皆様にはこれまで,日々の教育活動をはじめ,定例の会合,地域行事等を通して多大なご協力をいただいてきました。
 改めてお礼を申し上げますとともに,職員が“心身ともに健康にその専門性を十二分に発揮して質の高い授業や教育活動を担っていく”ことができるよう,心して学校運営に努めてまいります。

平成31年1月25日 中央教育審議会
『新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について(答申)』
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/079/sonota/1412985.htm
掲示者: | 2019年 1月 31日 (木曜日) 9時22分

2019年 6月 14日 (金曜日)

.学校: 町たんけんへレッツゴー〜1・2年生

 梅雨の晴れ間を選んで、1,2年生の生活科では、標記の単元学習をしています。近隣の公園や、馬堀自然教育園などを見学。見学先だけでなく、移動中の交通規則や全体を通した公共の場でのふるまい方なども学んでいます。
 1,2年生合同授業のため、2年生がお世話役になって、整列移動などの場面で1年生を立派にリードしていました。
 近隣への校外学習の際は保護者の皆様に付き添い補助のボランティアをしていただき、大変ありがたく思っております。この場をお借りしてお礼申し上げます。

●学習指導要領上の位置づけ

学年の目標

⑴ 学校,家庭及び地域の生活に関わることを通して,自分と身近な人々,社会及び自然との関わりについて考えることができ,それらのよさやすばらしさ,自分との関わりに気付き,地域に愛着をもち自然を大切にしたり,集団や社会の一員として安全で適切な行動をしたりするようにする。

 
掲示者: | 2019年 6月 14日 (金曜日) 8時32分

2016年 9月 29日 (木曜日)

.学校: 朝の児童集会!

朝の児童集会の様子です。集会委員会が中心に先生声当てクイズがありました。事前に録音してある9人の先生の声を当てるものです。縦割り班に分かれて、皆で考えます。今年度から馬堀小に来られた先生が対象です。声色を変えてというリクエストでしたので、なかなか難しい問題になりました。集会委員会のメンバーが企画や準備から当日の進行まですべて行いました。とても楽しい一日の始まりです。
  
掲示者: | 2016年 9月 29日 (木曜日) 9時35分

2020年 11月 18日 (水曜日)

.学校: 朝のラジオ体操

寒さとコロナに負けない体づくりをしよう!
という目的で,体育委員の皆さんによる企画,朝の(テレビだけど)ラジオ体操キャンペーンをしています。
朝の会の前のほんのひとときですが,皆さん,元気に取り組んでいます。きっと血の巡りも頭の巡りもよくなって,素敵な一日を過ごすことができると思います。
 
掲示者: | 2020年 11月 18日 (水曜日) 12時33分

2016年 12月 2日 (金曜日)

.学校: 朝の放送!

今日は放送委員会の紹介です。毎日の朝の放送を担当してくれています。1日の活動や連絡、注意事項など大切な情報を全校放送で伝えてくれます。ちなみに今日は、”中休みに工事の関係で中庭通行は注意して下さい。”と連絡がありました。自分自身で注意できる力がついていくはずです。毎日頑張っています。
 
掲示者: | 2016年 12月 2日 (金曜日) 8時55分

2019年 2月 1日 (金曜日)

.学校: 豆まき集会〜1・2年 生活科

 2月初日,春の訪れを予感させるような強風が吹く中,低学年の「豆まき集会」が実施されました。低学年の生活科には「自らの生活を豊かにしていく」ための学習内容として「季節や地域の行事にかかわる」「みんなで遊びを楽しむ」ことなどが位置付けられています。
 学習係の皆さんの司会進行で「節分」の紙芝居やゲームを楽しんでいると……西の方角から鬼たちが乱入!みんなで協力して豆まきをし,鬼たちを退治しました。
 最後のごみ拾いや片付けまで,楽しく学習に取り組むことができました。

★給食にも「ふくまめ」つきました(こちらはおなかの中へ……)
 
掲示者: | 2019年 2月 1日 (金曜日) 12時47分