2019年 5月 10日 (金曜日)

.学校: たかが水筒、されど水筒 問題

注文の多いお知らせ!?
 4月26日付で印刷媒体のお知らせ『学校への「水筒持ち込み」について』を配布しました。社会通念や各校の動向を鑑み、今年度から水筒の中身には“「お茶」も可”としました。
 昨年度から継続して在学しておられる方は、このことに気づかれたかと思います。また、初めて手にされた方はもしかしたら(ずいぶんと“断り書き”や“注意事項”が多いお知らせだな…)と、そちらに違和感を覚えたかもしれません。
 これまで中身がなぜ、「水」限定で、“注意事項”がなぜ、ここまで多くなったのか……それにはちょっとした経緯がありました。

水道から水筒へ
 熱中症対策として、学校が水筒の活用を奨励し始めたのは10年ほど前のことになります。「学校が」と書きましたが、これを主導したのは実は教育委員会でした。
 それまで教育委員会は学校の水道水の安全性を十分に確保したうえで、飲用、給水には水道を使用させるよう指導していました。ところが熱中症が社会問題化したことを受けて、新たな方針に転換する必要に迫られました。その結果、通学途中等の給水を想定して、水筒の持参や活用を奨励する指導に切り替えたのです。
 それまで、水筒の持ち込みを認めず、「水道水を飲みなさい」という指導を徹底していた学校は、ハシゴを外されたような形になり困惑しました。水筒の解禁に伴って様々な心配事が想定されたからです。何よりもまず児童の健康や安全を第一に考えなければならず、併せてそれまでの指導との整合も図らなければなりません。
 その結果、落としどころとして考えたのが、「水筒は水道の代わり」なのだから、中身は「水」に限定しよう、そうすれば有機物も含まないから衛生上も問題を低く抑えられるだろう、ということでした。ほかにもさまざま想定されるリスクの回避を勘案した結果、このようなお知らせが出来上がったわけです。

“自己責任”を働かせて機動性を高く
 15年ほど前、文科省の仕事でヨーロッパの公立学校を視察する機会を得ました。知識としては蓄えていたつもりが、文化圏が異なるとこうも違うのかということのオンパレードで、大変良い勉強になりました。
 中でも印象的だったのが、“自己責任”という考え方の徹底ぶりでした。子どもたちを学校に送り出す家庭と学校が、お互いに自立しそれぞれの責任を果たしており、その関係の中で日々の学校教育が成り立っていたのです。
 “水筒問題”の顛末を振り返ったとき、この「自己責任」という4文字熟語がまず頭に浮かびました。日本社会的な、ある種温かみのある関係性を大切にしながらも、自己責任の考え方を浸透させて、学校教育を“注意事項”や‟決まり事”の少ない小回りの利くものにしてくためにはどうしたらよいか……。
 「社会に開かれた教育課程」の実現が喧伝される中、学校や子供たちは、これまで以上に“非学校社会”の価値観や秩序と遭遇したり対峙したりしていくことになります。まずは子供たちに、自らリスク管理する力を身に付けさせることから、この課題に取り組んでいきたいと思います。

★↓「間違い」が起こらないよう教室ではまとめて管理。
 
掲示者: | 2019年 5月 10日 (金曜日) 11時42分

2020年 8月 21日 (金曜日)

.学校: たかが帽子,されど帽子 モンダイ

主体的・対話的に深く帽子を考える
 いつもとは違う時期の夏休み明け,本校では熱中症予防の観点から,登下校時や外遊びの時など,帽子をかぶるように指導しています。帽子の着用が習慣化していない児童もいるなかで,一時はリスク回避を最優先する視点から「帽子を着用していない場合は中休み等に,外で遊ばせないようにすべき」という議論もあったのですが,さすがにそういう指導はやめました。
 窮屈な指導になるから,という理由もありますが,新学習指導要領の趣旨からすると,こういうことも本来「主体的・対話的で深い学び」の中に位置付けるべきものだからです。
 例えば……
▶主体的→熱中症リスクに対して自ら対処し,身を守るための対応策を考えようとする
▶対話的→熱中症リスクと向き合い正しく理解した上で,自然の事物・現象(今日の日差しは?気温は?湿度は?まとめて熱中症リスクは?)を勘案し,保護者の皆様や指導に当たる先生と対話するなかでアドヴァイスや意見を聞き,想定される局面や用途(通学距離は?外遊びの時にも使いやすいものは?……)等を鑑みつつ日常着としてのファッションセンスや金銭的コスト等も考慮し……
▶深く考える→様々な情報を基にして対処の方法を総合的に考えて行動に移す
 ……という具合です。
 大人から見ればそんなの当たり前,ということになります。でも,予測不能といわれる未来をたくましく生き抜く力を子供たちに身に付けさせるためには,こういう一つ一つのことをないがしろにしてはいけないのだ,ということになります。

帽子“選び”も同じように深く考えて
 熱中症予防の観点から,厚生労働省等も啓発文書の中で帽子の着用に触れていますが,あまり前面には出していません。その逆効果も指摘されているからでしょうか。確かに,通気性が悪くて太陽光の熱を吸収しやすいような色や素材のものについては,熱中症リスクを高くしてしまう恐れもあります。
 キャップがいいの?耳まで隠れるハット型?……主体的・対話的に(ちょっぴりでも)深く考えて,熱中症リスクを少しでも回避できるような帽子を選んでみてください。1年生は黄色帽子,上級生は赤白帽子,でももちろんOKです。
 しばらくは盛夏,暦の上では残暑が続くと思われます。帽子着用,給水,早寝早起き朝ごはん……あらゆる手を尽くして熱中症リスクから身を守っていきましょう。

●厚生労働省文書
令和2年度の熱中症予防行動の留意点について
〜「新型コロナウイルスを想定した『新しい生活様式』」における熱中症予防〜
https://www.mhlw.go.jp/content/000633494.pdf

●関連事項
『たかが水筒,されど水筒 問題』(2019/5/10の記事)
http://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=33193&caldate=2019-5-31&schid=32&block=

【写真】
8/20-21 中休み時の熱中症計
(ギリギリ「厳重警戒」レベル)

 
掲示者: | 2020年 8月 21日 (金曜日) 14時06分

2020年 2月 4日 (火曜日)

.学校: たて割りファイル引継ぎ式

 朝会の後の時間を使って,標記の儀式を執り行いました。この式をもって,縦割り班活動が6年生から5年生の手に引き継がれ,来年度からの活動につながっていきます。
 6年生リーダーの皆さんは,ファイルを渡しながら「あとは任せます!」「いろいろ大変だと思うけど,習うより慣れよ,ですからね……大丈夫」などの言葉を添えていました。
 
掲示者: | 2020年 2月 4日 (火曜日) 13時55分

2021年 12月 15日 (水曜日)

.学校: せいかつをみなおそう〜1年生活科

 授業観察の一環で,標記の授業を参観したのでレポートします。
 と言ってもすべての授業観察レポートをWebに上げているわけではありません。こうしてレポートする理由は,先日の研究授業との関連が密接で,それこそ教科横断的な資質・能力育成という視点で見たときの“カリ・マネ(カリキュラム・マネジメント)”度の高さがよく見えてくる内容だったからです。

プログラミング的思考の視点
 先日(11/18)行われたお隣のクラスの授業は,新しい一年生向けのオリエンテーションDVD番組制作にあたって,その構成を考えることを通して,プログラミング的思考を働かせるという内容でした。今回はその「日常生活」版でした。
 このクラスもDVD制作の学習は経験しているため,そこで育成された資質・能力がここでも生かされる形になりました。
 朝起きてから家を出るまでに何してる?ただいまからおやすみなさいまでのルーティンはどんな感じ?……それぞれの児童は自分たちの生活を振り返り,普段していることを列挙します。それを「せいかつをみなおす」視点を持ちながら検証し,その順序等に改善を加えていくという内容。
 確かに……。
 私も日々,家族の夕飯の支度&片付けから子供の入浴,洗濯,洗濯物干しまでをこなしています。その一連のことすべてを「プログラミング的思考」という視点でみると,無意識のうちに(ホントは無意識ではなく常にグルグルと様々な“シコー”を巡らせている!?)様々な工夫改善を加えていることに,あらためて気づかされます。
 今日は冷蔵庫の中に何があったっけ,今週は何を食べさせたっけ?給食の献立とカブらないようにするの,至難の業なんだよな(小中3校が絡んでいるので),着替えの前にご飯炊かなきゃ,帰宅が遅くなったときは時短レシピで,ところで明日の天気はどんなだっけ?洗濯は夜が良い?朝?(浴室乾燥機はあるけど乾燥機付きの洗濯機ではなく基本は屋外干し),干してから就寝するためには逆算して22:00から洗濯機回さなきゃ,妻の帰宅を待ってたんじゃ間に合わないな……。という具合に。
 一つでも条件が変わるとそれが“バグ”となって,支障を来します。ナポリタンをつくろうと思って野菜を炒め始め麺ももうすぐ茹で上がるというのに,最終段階でケチャップの在庫がなかったからあわててレトルトのボロネーゼベースに切り替えてしのいだ,とかも,ありました(お料理単体で「プログラミング的」が話題になることはよくあります)。
 児童の皆さんも「やること」カードを並べながら,自分たちの生活を振り返っていました。習い事があるから“ただいま”はその後,夕飯が先で翌日の支度は最後,おやつタイムも書き足さなきゃ……という具合に。すべてにそうしている根拠がありそうでありながら,改善に向けた視点で見ていくと,この順番,入れ替えた方がいいんじゃないの?ということに気付くこともあります。
 この「見直し」のフェーズは次の授業に続く,ということになりました。

カリ・マネのミクロ的アプローチ
 授業を見ながらあれこれ考えました。これって,そのままキャリア教育につながる要素だな。学習評価でいうところの自己調整の力も働いているな,社会情動的スキル(非認知的能力)なんかもこういうことを通して培われるかも。もちろん,食教育や保健指導なんかとも関連しているし,道徳教育の要素はベースにあるわけで……。という具合です。
 「カリキュラム・マネジメント」というと,「児童や学校,地域の実態を適切に把握し,教育の目的や目標の実現に必要な教育の内容等を教科等横断的な視点で組み立てていく(『総則』p.39 第1章第1の4)」という“組み立て”方向の営為がまず強調されます。
 その一方で,今日の授業を通して私があれこれ思い起こしたような「○○教育」とか「○○力」のような要素と,“今,ここで実践している自分の指導,授業”がどのように結びついているのか,ということを常に意識し続けることもまた(こそ),カリ・マネを進めるうえで極めて大切な意味を持ちます。
 これを本校ではカリ・マネの「ミクロ的アプローチ」といっています。一般的に言われているカリ・マネの在り方がマクロとするなら,それを逆照射する立場から,ミクロ的アプローチを積み重ねていくことを通して,来年度に向けた改善を図っていくことができればよい,と考えています。

 たった一時間の,研究授業ではない,普段の,普段着の授業観察でしたが,その一コマを通して,こんなことを考えました。

●関連記事
11/24(水)
1年 生活科研究授業〜あたらしい 1ねんせいを しょうたいしよう
https://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=42819&caldate=2021-11-30&schid=32&block=0

11/18(木) 今年もしています「授業観察」
https://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=42761&caldate=2021-11-30&schid=32&block=0

  
掲示者: | 2021年 12月 15日 (水曜日) 15時03分

2021年 10月 28日 (木曜日)

.学校: ご参観・ご声援ありがとうございました

スローガン:最後まで 笑顔あふれる 運動会

 晴天に恵まれて2年ぶりの運動会を開催することができました。学年ブロックごとならではの趣向を凝らした演出等もあり,児童の皆さんは楽しみながら,様々な資質・能力を発揮することができました。
 学年ブロックを超えた鑑賞や応援はできませんでしたが,お互いにこれからの日常生活で,今日の成果を十分に生かすことができると思います。
 開催に当たり,保護者の皆様には様々ご協力をいただきましてありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

★これを書いているさなか,お隣の中学校も昨日の続きの体育祭,盛り上がってます。頑張れ!センパイたち!!(中学生の玉入れ,楽しそう。結構,新鮮(笑))
 
掲示者: | 2021年 10月 28日 (木曜日) 12時13分

2021年 1月 19日 (火曜日)

.学校: ご協力ありがとうございます〜日々の健康観察

 日々の検温と『健康観察記録表』の記入・提出にご協力をいただきありがとうございます。昨年春から取組をはじめ,記録表は一定期間保存しています。
 しばらくはこの状況が続きますので引き続きご協力をよろしくお願いいたします。(我が家でも毎朝,家族全員分のチェックをしています。子供の保育園時代に購入した非接触型体温計がこんな風に役立つとは……思ってもいませんでした)

●『横須賀市立学校の教育活動における
  新型コロナウイルス感染症対策マニュアル 』
(2020/12/21版)より
供コ惺擦日常的に行う基本的な感染予防対策
1.健康観察の徹底
【1−1】家庭での健康観察 家庭と連携し、児童生徒等へ毎朝の検温等の結果を資料1.健康観察記録表等に 記録させる。発熱等の風邪の症状がみられる場合は、完全に回復するまでは自宅で 休養することを徹底する。

★マニュアル全文は保護者向け限定サイトに掲載してあります
 
掲示者: | 2021年 1月 19日 (火曜日) 12時11分

2019年 4月 5日 (金曜日)

.学校: ご入学、ご進級おめでとうございます

 ぽかぽか陽気に加え、まるで計ったような桜の開花に恵まれて、始業式、着任式、入学式を行うことができました。グランドでの始業式やクラス発表では、まぼりっ子らしくいつものようなきちんとした整列、集団の動きをとることができました。新しい環境で、気持ちの良いスタートを切ることができました。
 入学式前の「入学を祝う会」では、今年も2年生の皆さんが学校生活の様子を盛り込んだアトラクションを披露してくれました。緊張気味だった新入生の皆さんの表情も緩んで、和やかな会になりました。
 初めての学級活動の後は、桜満開のまぼりっ子広場で記念撮影をすることができました。
 
掲示者: | 2019年 4月 5日 (金曜日) 11時59分

2020年 11月 25日 (水曜日)

.学校: ご不便をおかけしております〜中庭排水管に不具合

 先々週(11/9からの週)に,中庭に設置してある排水管の不具合が発覚しました。教育委員会や業者の方に様ざま調査,応急処置をしていただいた結果,以下のようなことがわかりました。
▶正面玄関前の渡り廊下に埋設してある排水管に土砂が流入している
▶この区間の排水管が破損等している疑いがある
▶本館(山側校舎)の排水すべてと新館(海側校舎)のトイレ以外の系統に影響が及ぶ
 これに伴って,児童の皆さんには以下のような緊急対応をお願いしています。
▶本館のトイレ使用を停止し,新館や体育館に振り分ける
▶流し等の使用は排水状態を見ながら,一部使用制限を加える
 応急処置をしながらの使用は継続できそうですが,本格的な修復は工事を伴うような大掛かりなものになりそうです。
 日々の教育活動に及ぼす支障を最小限に抑えるよう対応しながら,今後の修復工事等について教育委員会と協議を進めております。しばらくの間,ご不便をおかけしてしまいますが,ご理解とご協力をお願いいたします。

[現場の状況]
印の排水桝からトイレットペーパー交じりの汚水があふれ出し発覚
-4屬遼篝澳匹破損?(土砂の流入が認められる)
では縦管の継ぎ目がずれて,そこから土砂が流入
-ぁ阻楷匹泙任侶梗个緩く,排水が滞っていると思われる
 
掲示者: | 2020年 11月 25日 (水曜日) 12時47分

2019年 11月 2日 (土曜日)

.学校: ご声援ありがとうございました〜秋の運動会

 今年度から秋開催に切り替えた運動会。例年、悩まされていた熱中症リスクから解放され、落ち着いて開催することができました。
 今回は、開催時期の変更と併せて、カリキュラム・マネジメントの視点からプログラムの見直しを行いました。来年度から完全実施となる新学習指導要領に準拠する形で、今後も工夫改善を行っていきます。
 保護者地域の皆様には多数のご参観をいただき、ありがとうございました。

 
掲示者: | 2019年 11月 2日 (土曜日) 12時36分

2016年 4月 20日 (水曜日)

.学校: こいのぼり&さくら

学校: こいのぼり&サクラ
学校の中にこいのぼりが出現しました。
優雅に泳いでいます。
みんなの元気な成長を願っています。

中庭の桜がまだ辛うじて咲いています。
みんなできれいだねーって話しています。
4月ですが5月も感じつつ春のいい風景です。



  
掲示者: | 2016年 4月 20日 (水曜日) 16時45分

2010年 5月 11日 (火曜日)

.学校: これから・・・

今日は委員会活動がありました。
これからこのページには、情報委員会の児童と
担当の先生が記入していくことになります。

期待してください(笑)
掲示者: | 2010年 5月 11日 (火曜日) 15時25分

2020年 8月 18日 (火曜日)

.学校: きゅうしょくしつたんけん〜1年生

 しばらくは給食の提供がないため,その期間に合わせて1年生の皆さんが給食室を見学しました。
 普段は入口のところまでしか入ることができないのですが,今日は特別に上履きを消毒して,室内を見渡すことができるギリギリラインまで立ち入りOKにしてもらいました。
 家庭用のお風呂くらいのサイズのお釜やスコップみたいなおしゃもじとお玉,一斗缶にして2本以上も入るようなフライヤー,300人分のお魚を焼けるようなオーブンなどを一つ一つ見せてもらい,その都度,大きな驚きの声が上がっていました。
 1年生の皆さん,給食再開をお楽しみに!
 
掲示者: | 2020年 8月 18日 (火曜日) 12時40分

2021年 12月 8日 (水曜日)

.学校: お子さまの登校について

横須賀市教育委員会より、以下のとおりお知らせするよう指示がありましたのでこちらからお伝えします。
------------------------------------------
保護者の皆さま
 新型コロナウイルス感染症対策について、次のとおりお知らせいたします。
 
〇お子さまの登校について
 現在、横須賀市内では、新型コロナウイルス感染症の新規陽性者が少なく、非常に落ち着いた状況です。保護者の皆様をはじめ、多くの方々の感染症対策の徹底に感謝申し上げます。
 これまではお子さまの同居のご家族に体調不良の方がいらっしゃった場合は登校を控えていただきましたが、市内の感染状況から、保健所と協議のうえ、お子さまの登校について、本日、次のとおり学校に通知しました。

【お子さまの登校に支障がない場合】
‘欝錣里寛搬欧紡猟管堽匹諒がいても、お子さま本人が陽性者や濃厚接触者ではなく、発熱等の風邪症状が見られない場合、お子さまの登校には支障がないこと
△寛搬欧諒がPCR検査等を受ける予定がない場合は、お子さまの登校には支障がないこと
 
 保護者の皆さまには、引き続き、ご家庭でのお子さまの健康観察の徹底と学校での感染症対策へのご理解とご協力をお願いいたします。
 また、ご家族の方がPCR検査等を受ける場合は必ず学校に連絡のうえ、登校はひかえていただくようお願いいたします。
 なお、今後の市内の感染状況により内容が変更となる場合は、別途お知らせいたします。

令和3年(2021年)12月9日 横須賀市教育委員会

※ご不明な点がございましたら、次の問い合わせ先にご連絡ください。
<問い合わせ先> 横須賀市教育委員会 学校教育部保健体育課
TEL.046-822-8489 FAX.046-822-6849

掲示者: | 2021年 12月 8日 (水曜日) 14時57分

2021年 3月 4日 (木曜日)

.学校: お砂場,だいすき!

 中庭の砂場に,新しい砂を大量に補充しました。
 するとたちたちまち……低学年の皆さんに口コミで伝わったらしく。昼休みも大賑わいです。
 体全体で砂の感触を受け止めて,いろいろなものをつくっていました。こういう,じかにモノに触って確かめる体験を重ねることによって,直接,手で触れなくても,見ただけでテクスチャーを感じ取ることができる「視触覚」と呼ばれるものが育っていきます。
 ま,そんなコムズカシイ理屈はともかく,児童の皆さん,楽しいひと時を過ごしていました。
 
掲示者: | 2021年 3月 4日 (木曜日) 13時45分

2021年 3月 10日 (水曜日)

.学校: お花が笑った

 2月の終わりごろから,学校の樹々では若き花々が咲き始めました。花壇のお花たちもすくすく育っています。
 玄関前の花壇で写真を撮っていると1年生の皆さんが集まってきて……
「この黄色いの,なんだ?」
「この前,放送のクイズでやってたじゃん」
「エー?なんだっけ……」
「そうそう,クロッカスだね。環境委員会のおにいさんおねえさんが育ててくれてるんだよ」
「ボクたちもヒヤシンス,育ててますよ!」
「そうか,きれいなお花が咲くといいねぇ……」
 そんな会話を交わしていると,ホントに環境委員のおにいさんが水やりをしに来てくれました。
「ご苦労様,ありがとねー」
「こっちのとんがってるのは何かな? 茶色い帽子,かぶってるよ!」
「チューリップじゃない?」……
 暖かな春の日,昼休みのひとコマでした。

●環境委員会の取組
https://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=40370&caldate=2021-2-28&schid=32&block=0
 
掲示者: | 2021年 3月 10日 (水曜日) 8時23分

2010年 7月 16日 (金曜日)

.学校: おまけの一言

自校献立で使ったかぼちゃは「三浦産」のかぼちゃです。

あまみがたっぷりで、とてもおいしかったです!
  
掲示者: | 2010年 7月 16日 (金曜日) 13時37分