2020年 7月 8日 (水曜日)

.学校: 英語専科教員の授業

 今年度,新学習指導要領の完全実施に伴って,5・6年生の「外国語」(英語)が"教科"として新設されました。これに合わせて今年度から配置されたのが,英語科の専科の先生です。より専門性の高い授業や指導の例示等を担当します。
 コロナ禍の影響で授業のスタートは6月からになってしまいましたが,高学年の皆さんはもうすっかり慣れて,"All in English"の授業に参加しています。
 5年生の本日のお題は「I like〜.」と「I want〜.」。中一英語の1ページ目が「This is a pen.」でなくなってから久しいですが,今どきの英語は「好き」「欲しい」など,子供たち目線の‟必然”から始まります。
専科「何が欲しいの?」
ALT「ジェット機かな」(子供たち「スゲー!!!?」「エ?何でなんで?」)
専科「なんでジェット機なの?」
ALT「いつでも好きな時に故郷(海外)に飛んで帰れるからね」(一同納得)
専科「お金,いっぱいかかるねぇ」
ALT「ついでにお金も欲しいかな(笑)」(子供たちワハハハ)
専科「私は○○(浦安の某テーマパーク)のチケットが欲しいな。みんなはどう? 欲しい人,手,挙げてみて!」(一同迷わず挙手!)
……全編,英語で盛り上がっていました。
 英語専科の先生の授業は週一回。水曜日に設定されています。

●横須賀市の外国語(英語)教育
(市教育委員会教育指導課サイト内)
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/8310/english.html
 
掲示者: | 2020年 7月 8日 (水曜日) 15時28分

2013年 6月 11日 (火曜日)

.学校: 猿島

6月11日に3年生が猿島に行きました。その事について、3年生に聞きました。「将来に必要な事を学ぶ」ために、行きました。昆虫、植物などの自然の観察と、歴史の建物などの見学をしました。感想も聞きました。「楽しかった」と言う人が多かったです。その他にも。
初めて猿島に行った。
また行きたい。
色んな事を教えてもらった。
いいにおいの葉があった。
などです。3年生が楽しかったそうなので私達も行ってみたいと思いました。ぜひ皆さんも行って見てください。


掲示者: | 2013年 6月 11日 (火曜日) 16時28分

2019年 11月 23日 (土曜日)

.学校: 演劇鑑賞会 夢団の「ジャングルブック」

 土曜授業参観日の午後、演劇鑑賞会を行いました。一昨年に続く劇団「夢団」による公演、演目は「ジャングルブック」です。
 朝早くから仕込みに入っていただき仕上がった会場は、普段使っている体育館とは思えないくらいの別世界……。前面ステージだけでなく、客席エリアの小ステージも巧みに使った演出で、児童の皆さんを楽しませてくれました。

以下,劇団のブログより----当日の記事

みんな真剣に観てくれて、
とても素晴らしい観劇態度でした
土曜日ということもあり、保護者の方、小さい子供たちも沢山観に来てくれました
休憩中、狼の鳴き声の真似をしてくれたり!
戦いのシーンでは、一生懸命応援してくれました!
みんなの声援がちゃんと聞こえていましたよっ

一生懸命観てくれて本当にありがとう

●夢団 ホームページ
http://www.yumedan.jp/

 
掲示者: | 2019年 11月 23日 (土曜日) 12時48分

2019年 1月 21日 (月曜日)

.学校: 引き続き インフルエンザの予防を!

(関連事項初掲載日 1/11)
 学年を変えて学級閉鎖が続いています。これにかかわり1/18付で『ほけんだより』(インフルエンザ関連)を特別に配布しました。
 内容は 登校前の健康観察 / 早退する場合・お迎えについて / マスクの着用について / 受診のタイミング / 清潔なハンカチの携帯 / 休日の過ごし方 等です。 

以下の予防行動も引き続き励行を
□1 十分な栄養と休養をとる〜規則正しい生活がたいせつ!
□2 なるべく人混みを避ける〜マスクの着用が有効
□3 こまめに換気をする〜1時間に一回は
□4 せっけんでの手洗いとうがいをしっかり行う〜うがいはブクブクとガラガラで
□5 マスクを着用する〜感染と乾燥を防ぐことができます

★保健室前のクイズコーナーも要チェック!
 
掲示者: | 2019年 1月 21日 (月曜日) 12時32分

2020年 7月 21日 (火曜日)

.学校: 委員会活動 始動

 6時間目の時間帯,5・6年生だけが残って,今年度初めての委員会を行いました。児童集団のリーダーになったことを自覚する初めてのイベントでもあり,皆さんそれぞれに緊張しつつもきちんと参加していました。
 初回の今日はどの委員会も顔合わせ(自己紹介)から始まって,委員会内の組織づくりや活動目標決め,活動計画の確認等を行いました。
 本格的な活動開始は夏休み以降になる見込みです。
 
掲示者: | 2020年 7月 21日 (火曜日) 16時38分

2019年 10月 2日 (水曜日)

.学校: 一緒に遊ぼう 船ラキラタイム

 縦割り班活動の一環として標記の会を実施。昼休みの限られた時間を活用して,「はないちもんめ」や「なんでもバスケット」などの遊びを楽しみました。
 企画運営は5年生が担当。日常生活の中で異年齢の子供たちが自由に遊ぶ機会は激減しています。こうした一連の取組の中で異学年集団の関わりを通して様々なことを学ぶことができたと思います。

学習指導要領上の位置づけ
第6章 特別活動
〔児童会活動〕

1「目標」
 異年齢の児童同士で協力し,学校生活の充実と向上を図るための諸問題の解決に向けて,計画を立て役割を分担し,協力して運営することに自主的,実践的に取り組むことを通して,第1の目標に掲げる資質・能力を育成することを目指す。
2 児童会活動の内容
1の資質・能力を育成するため,学校の全児童をもって組織する児童会において,次の各活動を通して,それぞれの活動の意義及び活動を行う上で必要となることについて理解し,主体的に考えて実践できるよう指導する。
(2)異年齢集団による交流  
 児童会が計画や運営を行う集会等の活動において,学年や学級が異なる児童と共に楽しく触れ合い,交流を図ること。

 
掲示者: | 2019年 10月 2日 (水曜日) 9時11分

2020年 12月 10日 (木曜日)

.学校: 一緒に遊ぼう 1・2年生活科〜第2弾

 先週にひき続き,1・2年合同授業の第2弾を行いました。今年は1年生だけがひとクラスなので,2年生の学習に合わせて一緒に遊ぶチャンスが再びやってきたというわけです。
 2年生の皆さん,先週のクラスとは違った遊びコーナーを設置してお客様をお出迎え。工夫を凝らした看板や案内板でご案内をし,手作りおもちゃで1年生を楽しませてくれました。
 
掲示者: | 2020年 12月 10日 (木曜日) 13時04分

2020年 12月 1日 (火曜日)

.学校: 一緒に遊ぼう 1・2年生活科

 2年生がチームごとに自作したおもちゃを使って,1年生をご招待して一緒に遊ぼう!という授業を行いました。
 2年生の皆さん,ずいぶん前からおもちゃ製作に取り掛かっていました。
 国語の授業では「つくり方の説明文を読む」学習の中で「空き箱からお馬さんをつくる」経験を積み,生活科の時間で身の回りのものを使ったおもちゃづくりに挑戦。そして迎えたのが今日でした。
 会場づくりを終えて1年生の皆さんを待つ先輩たち,そわそわ感を隠しきれず期待と不安でいっぱい,という様子でした。でも,グループごとに分かれて受付が始まると,すっかり落ち着いてお客様をご案内していました。
「こちらで受付をお願いしまぁーっす」「こちらからお並びください,そこのキミ,ちゃんと距離を保つんですよ」「みんなちゃんと遊べますからね」
 大したものです。1年生の皆さん,とても楽しそうにブースを回っていました。

●学習指導要領上の位置付け
【内容】
⑹ 身近な自然を利用したり,身近にある物を使ったりするなどして遊ぶ活動を通して,遊びや遊びに使う物を工夫してつくることができ,その面白さや自然の不思議さに気付くとともに,みんなと楽しみながら遊びを創り出そうとする。
【身に付ける資質・能力】
⑴ 活動や体験の過程において,自分自身,身近な人々,社会及び自然の特徴やよさ,それらの関わり等に気付くとともに,生活上必要な習慣や技能を身に付けるようにする。
⑵ 身近な人々,社会及び自然を自分との関わりで捉え,自分自身や自分の生活について考え,表現することができるようにする。
⑶ 身近な人々,社会及び自然に自ら働きかけ,意欲や自信をもって学んだり生活を豊かにしたりしようとする態度を養う。
 
掲示者: | 2020年 12月 1日 (火曜日) 16時45分

2014年 7月 1日 (火曜日)

.学校: 一緒に遊ぼう

今年度初めての「一緒に遊ぼう」が、6月4日にありました。
5年生が中心となり、たてわりごとに遊びました。みなさん楽しく、遊ぶことができました。
次の「一緒に遊ぼう」がとても楽しみです。
掲示者: | 2014年 7月 1日 (火曜日) 17時42分

2019年 6月 4日 (火曜日)

.学校: 安全点検〜桜並木の根元金具を撤去

 校庭脇の桜並木の根元保護金具を撤去しました。
 現在使用している校庭の整備を行った時(1994年)から長い年月を経て、桜の樹はぐんぐん成長しました。枝葉と同じように根の方もたくましく張り巡らされ、何キロもある鋳物製の根元保護金具を押し上げるまでになってしまったのです。押し上げられた金具のヘリは、鋭利な刃物のようにむき出しになってしまい、危険な状態に……。
 用務員さんにお願いして作業を始めてもらいましたが、成長した幹の根元がドーナツ状の金具に食い込んでしまい、なかなか外れません。いつも美しい花を咲かせてくれる桜の樹には申し訳ないのだけれど、子どもたちの安全第一のために、根元を少しだけ削らせてもらい、金具を撤去しました。
 
掲示者: | 2019年 6月 4日 (火曜日) 12時37分

2013年 12月 3日 (火曜日)

.学校: ミュージックフェスティバル

11月21日、28日、ミュージックフェスティバルがありました。ミュージックフェスティバルでは、クラスごとに曲にあわせて踊ったり、歌を歌ったりします。1・2年生の発表は、とてもかわいらしく、元気な声でした。3・4年生の発表は、みんなで力を合わせて、楽しそうな発表でした。5・6年生は、かっこよく、ギャグがふくまれており、とてもおもしろい発表でした。どの学年も力いっぱいがんばっていて、友情がまた深くなったようで、よかったです。
掲示者: | 2013年 12月 3日 (火曜日) 16時26分

2017年 2月 16日 (木曜日)

.学校: マラソン!

今週の中休みはマラソン大会が行われています。全員が参加して、自分のペースで走っています。寒い中、運動不足解消にはとてもいいようです。”先生11周走ったよ”などという会話が聞こえてきました。すごいですね。元気いっぱいです。
 
掲示者: | 2017年 2月 16日 (木曜日) 12時40分

2020年 1月 20日 (月曜日)

.学校: プログラミング教育研修会

 新装相成ったパソコン室で,今日は教育委員会から指導主事をお招きして標記の研修会を行いました。
 プログラミング教育の基本事項に続いて,「viscuit」や「Hour of code」「Scratch」などの演習を行い,まずは習うより慣れることの大切さを体感。
 続いて,教科指導で活用する際の事例等について研修しました。学校には来年度使用する教科書が間もなく届きます。算数や理科をはじめとした授業での展開の準備を今後も進めていきます。

●文部科学省関連サイト
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1375607.htm
 
掲示者: | 2020年 1月 20日 (月曜日) 9時01分

2020年 7月 9日 (木曜日)

.学校: プログラミング教育研修〜「理科+micro:bit」編

 教育委員会から指導主事を講師に招聘して,micro:bitを使った研修会を行いました。
 今回のお題は6年生の理科の授業「電気と私たちの暮らし」での活用を想定したものでした。micro:bitと豆電球を点灯させる回路を組み合わせ,人感センサユニットでそれを制御するプログラムを組むものです。といっても主目的はプログラミングではありません。プログラミングを通して,省電力家電などの仕組みを理解して関心を高めるというのが,教科学習のねらいになります。
 ほとんどの先生たちは,この日が初micro:bit体験だったのですが,あれこれ機器を操作しながら体験的にこのユニットの仕組みを理解し,課題に取り組みました。理科だけでなく,ほかの様ざまな教科でも活用できそうだな……そんなアイデアもいろいろ思い浮かんだ,発展性のある研修会になりました。

活用したWebサイト
●プログル
https://rika.proguru.jp/
 
掲示者: | 2020年 7月 9日 (木曜日) 16時04分

2021年 11月 4日 (木曜日)

.学校: プログラミング的思考を生かして企画立案(4くみ研究授業)

【研究テーマ】論理的思考力を育む授業の創造
 (横須賀市教育委員会「プログラミング教育」研究助成事業)

 1年生との交流会を企画するための計画や実施方法を立案するにあたって,プログラミング的な思考を働かせる学習を,総合的な学習の時間で行いました。
 何のためにどんな活動をするのかというプランをまとめるにあたっては,その作業をどんな手順で進めるかというのが問題になります。必要なことは何?その優先順位は?それをどのようにプログラムに組み込んでいったらよい……? どんな仕事でも同じですが,それをきちんとやり遂げるために,ちゃんと考えなければならないことは山ほどあります。“あれもこれも”ではうまくいきませんし,ただ何となく思いついたことを,適当にこなしていくだけでもうまくいきません。
 これらをきちんと整理して,順序だてて考えていくにはどうしたらよいか,ということを学習内容自体と併せて扱う研究授業になりました。
 学習の過程では様ざまなtoolを用いましたが,興味深かったのが,「うめラいス」。これはコミュニケーションツールの一種で,クループ等で対話するときの心得を示したものです。それぞれ次の心得の頭文字をつなげてあります。
  なづく,
  を見る,
  ストまで,
  っしょう懸命に,
  マイルで
 どんな交流会になるのか……楽しみにしています。
 
掲示者: | 2021年 11月 4日 (木曜日) 9時22分

2020年 1月 29日 (水曜日)

.学校: プログラミング体験授業-5年生

 5年生を対象としたプログラミング体験の授業を実施しました。新装間もないPC室の機能を縦横に活用した授業になり,先生が電子黒板を操作するたびに歓声が上がっていました。
 まずは,「表計算ソフトを使って,小学1年生向けに足し算の計算練習プログラムを作るとしたら,どんな仕組み(計算式等)を組み込んだらよい……?」という導入からスタート。操作(指示)とその結果の関係を確認しました。
 その後の演習では1/20(月)の校内研修会記事でもご紹介した「HOUR OF CORD」の中から「ANGRY BIRDS(古典的な迷路)」のプログラミングに取り組みました。「古典的な迷路」と題されているように,マス目の中に設定された迷路を伝って,鳥(Angry Birds)の動きを制御し,豚を捕まえるというものです。ステージが上がるにつれて難易度が高くなるように設定されています。
 児童の皆さんは画面上のマス目を数えて方向転換のポイントを確認したり,2次元の画面上の動きを自分の体の動きに変換してシミュレーションしたりしながら,動きを制御するための様々なブロックを組み上げていました。
 本日の目的の一つは,一連の作業を通して機器の扱いに慣れること。この体験を踏まえて,教科学習場面での活用を進めていきます。

●関連サイト
Hour of Code
https://hourofcode.com/jp/learn

ANGRY BIRDS
https://studio.code.org/hoc/1
 
掲示者: | 2020年 1月 29日 (水曜日) 9時08分