2021年 3月 24日 (水曜日)

.学校: キャリア・パスポート研修会

 キャリア・パスポートについての研修会を行いました。
 講師はつい先日,卒業生を送り出したばかりの学級担任。最終学年であるとともに,中学校への接続を意識した6年生指導の経験を踏まえて,様々な事例を紹介しながら,この学習の取組について説明がありました。
 6年間の学習等の履歴はポートフォリオにまとめる形をとり,中学校〜高等学校へと引き継がれていきます。

●関連記事「未成年の主張」
https://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=40674&caldate=2021-3-24&schid=32&block=0

● 以下,文部科学省の担当者の鼎談より……抜粋
▶ キャリア教育のこれまでとこれから
これまでは……
キャリア教育=職業指導でしょ?
というような捉えられ方が多かった。職業体験すればそれでOK,みたいな誤った感覚が横行してるけど,それではいけない。
発達の段階に応じて……
小学校低学年の児童に職業生活をイメージしようとさせるのはムリ。混乱するだけ。小学校では小学校ならではの学年段階に応じた扱いが大切。

▶ 学級担任制の小学校では……
そのよさを生かして各教科等の学びを繋げていくことが大切。でも……
子どものアタマの中では教科学習や行事が繋がって見えない
でもそれらは「横」「縦」に繋がり生きることや働くことにも繋がっている
そのことを特別活動を要(かなめ)として示してあげるとよい

▶ キャリア・パスポートで学びを繋ぐ
日々の取組の履歴が「見える形」となってポートフォリオになっていることがとても大切
節目ごとの目標は「頑張る」ではなくイメージや目的の具体をはっきりさせることが大切
小学校では「今やっている取組を大切にする」意識が大切
クリアファイルに入れて掲示してある種々のワークシート,それ自体がすでにキャリア・パスポートの基礎資料
すべてをとっておくのは大変なので,進級等の節目ごとに取捨選択したり凝縮したりして持ち上がりにすればよい
「キャリア」には“意義付け”という意味もある
キャリア・パスポートを介して「あなたの学び」にはこんな意義,意味があるのだと教師や保護者が価値付けてあげることが大切
学習評価ももちろん大切。ただ「頑張ったね」ではなく,その中身がわかるように評価し伝えるように
低学年はまだ「頑張ったね」でもよい。学年が上がるにつれて声かけの中身を変えていく必要がある

▶ また「仕事が増えた」と思わない
「キャリア」「カウンセリング」「カリ・マネ」……新学習指導要領はカタ仮名語のオンパレードだけどいちいち惑わされてはいけません。すべてこれまで普通にやって来たことを,新学習指導要領が意味付け,意義付けしてくれたと思えばよい。それを12年間という系統性の中に位置付けその中で育んでいこうという意識付けをすればよい

--------以上 文部科学省編集発行『初等教育資料』2021年2月号より

●かながわのキャリア教育
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/v3p/cnt/f537614/kyariakyouiku.html

●かながわ版キャリア・パスポート
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/v3p/cnt/f537614/kyariapasu.html

 
掲示者: | 2021年 3月 24日 (水曜日) 12時16分

2019年 10月 21日 (月曜日)

.学校: カリキュラム・マネジメント(カリ・マネ)と働き方改革

カリ・マネ,その定義
 いつかこのことをこの場で話題にしなければ,と思いつつも,なかなかたどり着くことができませんでした。あまりにもテーマが大きすぎて,限られたスペースでは扱いきれないからです。例えば学習指導要領の本文から関係箇所を引用するだけでも……

小学校学習指導要領 第1章総則第1の4
 各学校においては,
児童や学校,地域の実態を適切に把握し,教育の目的や目標の実現に必要な教育の内容等を
教科等横断的な視点で組み立てていくこと,教育課程の
実施状況を評価してその改善を図っていくこと,教育課程の実施に必要な
人的又は物的な体制を確保するとともにその改善を図っていくことなどを通して,教育課程に基づき
組織的かつ計画的に各学校の教育活動の質の向上を図っていくこと
(以下「カリキュラム・マネジメント」という。)に努めるものとする。


 となります。 銑イそのポイント。でも,こんなことは,至極当然のことのように思えますが,文部科学省がこの10年の間に洗い出した課題を反映させたものがこれ,ということになります。

教科等横断的な「資質・能力」って?
 なんだか耳慣れない言葉だけれど,でも目玉の一つになっているのが,「教科等横断的な視点に立った資質・能力」を位置づけて様々な教育活動を進めていく,ということです。
 ここでいう「資質・能力」というのは……?
 これまでの学校教育では学習する内容が教科ごとにくっきりと分かれていました。でも,これからの予測不能な世の中では,そういう,ばらばらに学んで身に付けた力を,バラバラにしておくだけでは十分に通用しないだろう,と考えられるようになりました。以前お伝えした「Society 5.0」の中でも,これまであった“文系-理系”の枠組みが崩れ,専門分野を超えた総合的な仕事力のようなものが求められるようになる,としています。
 新学習指導要領ではこの「教科等横断的な視点に立った資質・能力」を次のように位置付けて「教育課程の編成を図るもの」としています。

『総則』解説 p.48第1章第2の2の(1)
(1)学習の基盤となる資質・能力
(1)各学校においては,児童の発達の段階を考慮し,言語能力,情報活用能力(情報モラルを含む。),問題発見・解決能力等の学習の基盤となる資質・能力を育成していくことができるよう……。
『総則』p.52第1章第2の2の(2)
(2)現代的な諸課題に対応して求められる資質・能力
(2)各学校においては,児童や学校,地域の実態及び児童の発達の段階を考慮し,豊かな人生の実現や災害等を乗り越えて次代の社会を形成することに向けた現代的な諸課題に対応して求められる資質・能力を育成していくことができるよう……。


カリ・マネと「働き方改革」一体化
 本校では既に,次年度以降に向けて様々な取り組みを進めています。取組を進めるにあたって特に意を用いていることがあります。それは限られた資源(人,時間,モノ,お金)を最大限,有効活用して質の向上を図るために,教育活動の精選を行い,種々の業務改善(働き方改革)と一体化させるということです。この「カリキュラム・マネジメントと一体化した働き方改革」は年度当初に掲げた『学校経営方針』のうち,「重点的取組」としても示しています。

例えば「運動会」をめぐって
 時間対効果を考えながら業務改善をはかるとは?……児童や保護者,地域の皆様にもわかりやすい「運動会」にまつわる動きを例に挙げてこの取組を説明させていただきます。「優先順位と“劣後順位”」の視点をもって以下のような見直し,改善を図っています。

〇開催時期の変更
児童の実態(学級指導の安定化),体育科の指導計画,保健指導(熱中症回避)等の実態から,春→秋に変更しました。それに伴って……
〇「まぼりっ子遠足」の一時凍結
これは秋に実施していた遠足を縦割り班活動の集大成の一つとする,という考え方の見直しでもあります。
〇運動会プログラムの精選
体育科,特別活動等の指導のねらいに即して身に付く「資質・能力」が“重複”する団体種目,障害物競争等を統廃合しました。
また,児童の資質・能力育成に直接結びつかないPTA種目を運動会プログラムから外しました。それに代わるものとして保護者(P)-教職員(T)間,児童-保護者間の交流の場を「あおぎり祭」(PTA行事)や「健民運動会」等地域行事との連携の中で位置付ける等の検討を進めています。
開閉会式の簡略化→他の儀式的行事と重複する要素を縮減し,シンプルにしました。

 以上により,運動会当日の所要時間縮減(勤務時間内での開催)を達成。また,種目減に伴う事前練習等の縮減により,教科指導に充てる授業時間確保についても,大きな成果を得ました。

まるでいつかの“事業仕分け”みたい!?
 こうしてみると何でもかんでも切り詰めて統廃合して……子供たちに悪影響はないの? もっとのんびり楽しませてあげればよいのに……,という声も,時間と体力が自由になる若い教職員からは聞こえてきます。これには,文部科学省の『働き方改革 答申』がこう答えています。

‘子供のためであればどんな長時間勤務も良しとする’という働き方は,教師という職の崇高な使命感から生まれるものであるが,その中で教師が疲弊していくのであれば,それは‘子供のため’にはならない

 来年度は外国語が新たな教科として導入されるなど,授業時間数が大幅に増えます。それに見合った教職員の増員があるかというと,そのようなことは全く期待できません。増員はおろか,すでに教員不足で深刻な事態に陥っています。(10月1日時点で本校は2名の教員が未配置です)
 このように時間対効果を指標とした業務改善は,文字通り喫緊の課題になっています。その一方で学校教育の質を十分に維持向上していくことに注力しなければなりません。
 これを実現させるための手立ての一つがカリキュラム・マネジメントの考え方なのだ,ということができるわけです。

●本校では,学習指導要領に準拠するとともに,横須賀市教育委員会が働き方改革のスーパーバイザーとして招聘している,妹尾昌俊 氏(学校業務改善アドバイザー,文部科学省第9期中教審委員)等の言説を参考にしながら,一連の取組を進めています。

★関連Webサイト
妹尾昌俊アイデアノート〜ステキな学校,地域,そして人たち

 http://senoom.hateblo.jp/archive
日本中の先生たち Be Happy! 妹尾昌俊 (Yahooニュース)
 https://news.yahoo.co.jp/byline/senoomasatoshi/
学校における働き方改革について(文部科学省公式Webサイト)
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/hatarakikata/index.htm

●関連記事
カリ・マネと一体化した働き方改革−◆2020/9/29)
https://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=38935&caldate=2020-9-28&schid=32&block=0

 
掲示者: | 2019年 10月 21日 (月曜日) 16時20分

2020年 9月 29日 (火曜日)

.学校: カリ・マネと一体化した働き方改革−

 コロナ禍に見舞われさえしなければ,新学習指導要領下での「カリキュラム・マネジメント」と「働き方改革」の推進に専念できたのに……。そんなボヤキがあちこちで聞かれます。「カリ・マネ」については「教育課程の編成見直し」(=コロナ禍下での授業時数不足克服方略)情報として,これまでも様々,報告させていただきました(保護者限定サイトで)。
 一方の「働き方改革」はどのように進めているのか……以下,簡単にレポートします。

今年も 先生が,足りない
 昨年度は2名の教員未配置があり,「馬堀小では監督までもがバッターボックスに立っている」と揶揄されるほどでした。今年も現時点で1名の教員が未配置です。15人制のラグビーを14人で戦っている状態に近いものがあります。人の穴が開いても指導には穴が開かないように,様々な形でこれを補っています。

仕事に「リミッター」をかける
 人の不足を補うためのゆとりを生み出す目的もあり,勤務負担の軽減を進めています。その方策の一つがこれです。「リミッター」というのは,スピードが出すぎたりマシン自体を痛めたりしないように,エンジンの回転数を一定程度に抑える装置のこと。
 様々な言説で指摘されているように,学校の先生には,“児童のため”なら時間と労力を際限なく注いでしまう傾向が顕著です。なので強制的にリミッターをかけるくらいでないと,働き過ぎを抑制できません。そこからこんな発想が生まれました。

例えば,『学級通信』
 知らぬ間に高くなりすぎてしまった勤務負担という“山”を少しでも低くするためには,積もってしまった“塵(ちり)”を一つ一つ取り除いていかなければなりません。学級(学年)ごとに発行する『お便り』等の簡略化がその一例です。昨年度までは学級の様子を詳しくお伝えするケースもありましたが,今年度からは「次週の時間割のお知らせだけをする」というリミッターをかけました(コロナ禍により10月から本格実施)。それを補うために学校Webサイトからの情報提供を一層,充実させたり,月の行事予定表を一括配布したりすることも行っています。

出退勤記録をきちんと残して
 春の臨時休業中にワンタッチで出退勤記録を残すシステムを導入しました。教員には残業制度がないため“勤務時間”の意識が曖昧になりがちです。システム導入のねらいは,量より質を追求するために意識改革を促すことです。これに伴って,横須賀市教育委員会は全市的に夜間の電話対応を控えていただく,というリミッターをかけることにしました。
   *   *   *
 今後も本当の意味で‘子供のため’になる教育活動を展開できるよう,働き方改革の取組を進めてまいります。

●関連情報
日本中の先生たち Be Happy! (Yahooニュース)
妹尾昌俊(市教育委員会「働き方改革教育フォーラム2019」コーディネーター)
https://news.yahoo.co.jp/byline/senoomasatoshi/

平成31年1月25日 中央教育審議会
『新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について(答申)』
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/079/sonota/1412985.htm

横須賀市 教職員の働き方改革の方針
「〜量から質へ〜『横須賀スクール スマイルプラン』」
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/8115/hatarakikata.html

政府インターネットテレビ
未来を担う子供たちのために 学校の先生も働き方改革
https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg18369.html
 
●関連する過去の記事
カリキュラム・マネジメント(カリ・マネ)と働き方改革
(2019/10/21)
http://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=36598&caldate=2019-10-1&schid=32&block=

働き方改革『答申』を読んで(2019/1/31)
http://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=32642&caldate=2019-1-31&schid=32&block=

 
掲示者: | 2020年 9月 29日 (火曜日) 9時21分

2020年 12月 23日 (水曜日)

.学校: カッター,入りました

 冬休みからの下水管工事に先駆けて,厚いコンクリートに切り込みを入れるカッター作業をしていただきました。
 マンホールの周辺等,要所要所に切り込みを入れていくと……「こりゃ,下はスカスカですね……」
 見てみると,確かに切り込みを入れたそばから沈み始めた箇所があります。
 本格的な工事は12/26〜の予定です。
 
掲示者: | 2020年 12月 23日 (水曜日) 14時36分

2016年 12月 9日 (金曜日)

.学校: エバラ食品工業の実習授業!

エバラ食品工業の方々に来ていただき、家庭科の調理実習をしていただきました。包丁の使い方や野菜の話などさまざまなことを勉強しました。PTAの方にもご協力いただき有意義な美味しい授業になりました。自分たちで作った肉巻きおにぎりや浅漬けを使ったサラダ・きんぴらごぼうなどみんな完璧に作ることが出来大満足です。お土産もあり、5年生のご家庭では、冬休みにおかずが1品増えるかもしれませんね。
  
掲示者: | 2016年 12月 9日 (金曜日) 15時37分

2016年 7月 6日 (水曜日)

.学校: インタビュー&水やり

 今日は先生にインタビューという授業で3年生が職員室に来ました。なぜこの仕事についたのか、若い時に何かやりたいことは?ですとか、変わったところでは好きな人はいますか?など今後インタビューしたことをまとめてレポートにするようです。はたしてどんなレポートが作られるのでしょう?楽しみです。夕方には地域づくり協議会の方が来られ、馬堀っ子広場の芝生の水やりをしてくれました。暑い中感謝申し上げます。大変助かります。今後ともよろしくお願いいたします。
  
掲示者: | 2016年 7月 6日 (水曜日) 16時35分

2019年 6月 27日 (木曜日)

.学校: アイクル見学会〜4年生〜

 梅雨の晴れ間もちょっぴり見えた今日,アイクルの見学に出かけました。
 市の教育委員会がチャーターしてくださったピカピカの観光バスに乗り込み,あとは遠足気分で……
というようなことは全くなく,往路はごみ収集場所の設置場所を確認したり数えたり,復路は見学先で学んだことのおさらいをきちんと,というとても密度の高い校外学習になりました。
 アイクルでは全体を対象としたレクチャーの後,二手に分かれて施設を見学させていただきました。児童の皆さんは説明を聞いて驚きの声を上げたり,熱心にメモを取ったり,夢中になって参加していました。
 学校に戻ってからの社会科の授業では,見学先で学んだことのおさらいとまとめを,みんなで確認し合いながら行っていました。

●学習指導要領上の位置づけ
社会科
(3)地域の人々の生活にとって必要な飲料水、電気、ガスの確保や廃棄物の処理について、次のことを見学したり調査したりして調べ、これらの対策や事業は地域の人々の健康な生活の維持と向上に役立っていることを考えるようにする。
ア 飲料水、電気、ガスの確保や廃棄物の処理と自分たちの生活や産業とのかかわり
イ これらの対策や事業は計画的、協力的に進められていること。

 
掲示者: | 2019年 6月 27日 (木曜日) 15時49分

2018年 6月 28日 (木曜日)

.学校: アイクル見学会〜4年生〜

 4年生の社会科では次のようなことが学習指導要領で位置づけられています。

(3)地域の人々の生活にとって必要な飲料水、電気、ガスの確保や廃棄物の処理について、次のことを見学したり調査したりして調べ、これらの対策や事業は地域の人々の健康な生活の維持と向上に役立っていることを考えるようにする。
 ア 飲料水、電気、ガスの確保や廃棄物の処理と自分たちの生活や産業とのかかわり
 イ これらの対策や事業は計画的、協力的に進められていること。


 このうち、「廃棄物の処理」にかかわる施設について見学したり調べたりする対象としているのが、横須賀市リサイクルプラザ「アイクル」です。
 エントランスでは壁画として展示されている「廃棄物アート」の前で、3R〜リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)について学習しました。その後、市内で回収された資源ゴミの受け入れヤードや貯蔵ピット、巨大な供給クレーンなどを見学。容器包装プラスチックや瓶、缶ペットボトルなどは、最終的には作業員の方の手作業によって仕訳けられていることなどを知りました。
 児童の皆さんは案内係りの方のお話に熱心に耳を傾けノートをとり、普段は見ることのできない廃棄物の処理の過程に熱心に見入っていました。

 
掲示者: | 2018年 6月 28日 (木曜日) 16時18分

2013年 6月 4日 (火曜日)

.学校: アイクル見学

6月4日に4年生が、追浜のアイクルゴミ処理場にいきました。社会科の学習です。リサイクルはどのようにやっていたのかを見にいったそうです。機械で、ペットボトルを圧縮したり、缶と分別したりしています。
色々な機械があったそうです。アイクルでは、「ゴム類」・「皮で作られたもの」などは、出してはならない物だそうです。今、ゴミ処理場で、働いている人たちが、困っていることは、燃えるゴミを、タンクに貯める所にネズミが増えてしまっています。理由は、生ごみが、ネズミたちのえさになっているからです。アイクルのアイは、「愛」という意味で、クルは、「リサイクル」のクルという意味です。皆さんが、しっかり分別すれば、ゴミ処理場の人たちも助かります。しっかりゴミを分別しましょう。

掲示者: | 2013年 6月 4日 (火曜日) 16時29分

2015年 6月 17日 (水曜日)

.学校: アイクル見学

6月9日に、4年生39名と、先生3名が追浜ある アイクルリサイクルプラザを見学しに行きました。  4年生の子に話を聞いてみると、「かんが四角く固まってた」ビンは色別に分かれててびっくりした。」「晴れた日に光っているのはかんなんだよ。」とたくさんの事を学んでいました。この見学でとても良い勉強になったと思います。この見学がただ「楽しかった」で終わらないで「ゴミをなるべく減らしたい」[リサイクル活動に協力したい」と、この見学で学んだことを、ぜひ生活の中に取り入れてほしいです。
掲示者: | 2015年 6月 17日 (水曜日) 13時06分

2021年 2月 9日 (火曜日)

.学校: アートカードでお気に入りの一枚を探そう!〜1年 図工

 一年生の教室をのぞいてみると,机の上一面に横須賀美術館の作品が……。
 図工の鑑賞の授業で,アートカードから,形や色を探している真っ最中でした。
「あったよあったよ! まる,見つけた」
「こっちにもあるよ!」
 児童の皆さん,先生が出した問題を聞いて,目を皿のようにしてカードに見入ります。はじめのうちは簡単なのだけど,そのうちだんだん複雑に……?
 こんな風にして作品カードをじっくり見ながら,お気に入りの一枚を探していました。

●関連記事
6年生のアートカードトーク
https://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=35302&caldate=2020-1-31&schid=32&block=0

横須賀美術館 アートカード
http://yokosuka.artcard.info/
 
掲示者: | 2021年 2月 9日 (火曜日) 15時18分

2016年 6月 8日 (水曜日)

.学校: ヤゴを捕まえよう!

 今日は、5時間目にプールでヤゴ捕りを行いました。1・2年生の子どもと見守りの保護者で総勢140名ほどが参加しました。前日にプールの水を調整してあり、長ぐつで入れました。ヤゴのほかになぜかオタマジャクシもいてびっくりです。子どもたちは一心不乱に獲物を狙って突進すると、だんだん水の色が緑茶色に変化していきます。視界も悪くなりましたが、多くの子どもが獲物を捕ることが出来ました。保護者の方々が参加していただけるので、安心して活動ができました。とても感謝しています。朝は天気も心配しましたが、いい日よりでした。
  
掲示者: | 2016年 6月 8日 (水曜日) 16時00分

2018年 11月 13日 (火曜日)

.学校: ユニセフ募金集計結果発表

 児童の運営委員会の皆さんの取組で実施していた募金活動の集計結果が発表されました。
 ご協力いただきありがとうございました。
  
掲示者: | 2018年 11月 13日 (火曜日) 12時30分

2019年 10月 3日 (木曜日)

.学校: ユニセフ募金集計結果

 9月の募金活動の集計結果が発表されました。ご協力ありがとうございました。
 
掲示者: | 2019年 10月 3日 (木曜日) 9時41分

2020年 12月 22日 (火曜日)

.学校: ユニセフ募金週間

 例年は9〜10月に実施している募金活動を今週に位置付け実施しています。
 寒い中,児童の運営委員会の皆さんが昇降口前に立って声をかけると,登校途中の児童の皆さん,ランドセルから募金袋を取り出していました。
 実施期間は今週末12/25までです。
 
掲示者: | 2020年 12月 22日 (火曜日) 8時36分

2017年 2月 6日 (月曜日)

.学校: ユニセフ募金!

今日からユニセフ募金の活動が始まりました。今日だけで随分の額が募金されました。担当の児童が朝の登校時間に昇降口に立っています。ぜひご協力をお願いします。低学年の子どもが「おこずかいから1円持ってきました。」など温かい気持ちがうかがえます。10日まで行う予定です。
 
掲示者: | 2017年 2月 6日 (月曜日) 17時42分