2021年 9月 13日 (月曜日)

.学校: 本日9/13からの感染症対策

横須賀市教育委員会より、以下のとおりメール配信するよう指示がありましたのでお伝えします。

保護者の皆さま
 市立学校におきましては、各学校における適切な感染予防対策のもと、9月13日(月)以降についても、感染症対策の徹底を図り、通常日課としています。

 なお、お子さまおよび同居のご家族に発熱や呼吸器系の症状(咳・鼻水等)、夏風邪の症状(下痢、倦怠感等)がある場合は、登校を控え、自宅で休養するとともに、早期の受診を行うようお願いいたします。また、その際は、学校に欠席連絡をしていただきますよう願いします。
 医療機関を受診したお子さま、または、同居のご家族が、新型コロナウイルスに感染していた場合は、横須賀市保健所の指示に従ってください。お子さまが再び登校できるのは、子供本人、または、同居のご家族が受診した医療機関や、横須賀市保健所からの許可が出てからとなります。

令和3年(2021年)9月13日 
                 横須賀市教育委員会


Municipal Schools Guidance for COVID-19 Prevention Measures continuing from September 13

The following message is provided by the Yokosuka Board of Education.

To Parents / Guardians,

To prevent the spread of COVID-19, appropriate measures are being implemented by each municipal school. These prevention measures will be implemented while providing a supportive learning environment for students. The school schedule stays normal starting from Monday, September 13.

If your child or any family members are showing signs of fever, coughing, runny nose, or other symptoms of respiratory illness and signs of diarrhea, a physical weariness or other symptoms of cold, do not send your child to school. Contact your school about your child’s absence and have your child receive a medical checkup as soon as possible.
If your child or family member tests positive for COVID-19, then follow the directions provided by the Yokosuka Public Health Center.
You will be able to send your child back to school after you receive clearance from the Yokosuka Public Health Center or medical institution that diagnosed your child or family member.


September 13, 2021
Yokosuka Board of Education


掲示者: | 2021年 9月 13日 (月曜日) 12時12分

2019年 11月 26日 (火曜日)

.学校: 不審者侵入訓練

 不審者の侵入に備えた訓練を行いました。今回は6年生の教室への侵入を想定。警察の方を不審者役,講師としてお迎えし,連絡体制や職員の対応,児童の避難などについて訓練を行いました。
 
掲示者: | 2019年 11月 26日 (火曜日) 11時00分

2020年 11月 24日 (火曜日)

.学校: 不審者侵入想定訓練

 コロナ禍のため今年は形式を変えて,朝の時間帯にTV放送を使った訓練を行いました。研修用ビデオの中から,子供たちに関係の深いシーンを取り出して視聴し,担任の先生からお話をしました。児童の皆さんは,真剣に取り組んでいました。
 これに先駆けて職員向けの研修会も先週11/18に実施。浦賀警察署から講師の先生をお迎えして,教室への侵入を想定した,実践的な訓練をしました。
 
掲示者: | 2020年 11月 24日 (火曜日) 12時24分

2016年 11月 18日 (金曜日)

.学校: 不審者避難訓練!

今日は不審者侵入避難訓練が2時間目にありました。浦賀警察署の方に協力いただき、不審者役をお願いしました。不審者には緑のビブスと腕章をつけてもらい、帽子にサングラスにマスクという恰好でした。実際の様子を見ると、とても迫力があり、対応している先生や児童の逃げる場面など、素早い行動が求められることが改めてわかりました。訓練終了後は、体育館で不審者侵入の様子や児童の動きなどをビデオで振り返り、浦賀署の方にお話をいただきました。とてもためになる大切な訓練でした。
 
掲示者: | 2016年 11月 18日 (金曜日) 18時28分

2018年 6月 5日 (火曜日)

.学校: 不審者対策のミニ講演会

浦賀警察署生活安全課スクールサポーターの方をお招きして、全校朝会でミニ講演をしていただきました。児童の間ではすっかり定着している「い・か・の・お・す・し」に加えて新しい“4つのおやくそく”「お・お・だ・こ」をご紹介いただきました。あわせて地域のコンビニエンスストア等が「こども110番のいえ」として登録してくださっていることも教えていただきました。
お……おうちの人に「行ってきます!」
お……お友達と遊ぼうね
だ……だまされてついて行かない
こ……こわくなったら大声で!

 不審者対策についてお話しいただいた要点は以下の通りです。
●自分の身は自分で守るという心構えで……
・防犯ブザーや笛など緊急の時に助けを求めるための装備(電池チェック等定期点検も)をする。
(不審者が“いやがる”対応が抑止力になります)
・遭遇したらランドセルを投げつけるなどしてでも逃げる。
(ランドセルや学用品は買い替えができても命はお金で買えません)
・遭遇してしまったら… 近くの「こども110番のいえ」等に助けを求める。 学校を介さずすぐに110番通報する。
(ご家庭→学校→警察だと対応が遅れてしまうためです)
・どこで、いつ、どんな外見だったかを説明できるようにしておく
(皆さんからの少しずつの情報提供の積み重ねが大切です)

 
掲示者: | 2018年 6月 5日 (火曜日) 11時46分

2016年 8月 1日 (月曜日)

.学校: 部活動体験へ参加しました。

夏休み中です。皆様いかがお過ごしですか。暑い夏を、楽しんでいることと思います。
 さて今日は6年生対象に、馬堀中学校で部活動体験がありました。9時から体育館に集まり、中学生が今日の一日を詳しく説明してくれ、校歌も披露してくれました。午前中いっぱい中学生と一緒に活動できたことで、あこがれの中学校生活を思い描くことができたことでしょう。中学生が精一杯もてなしてくれ、歓迎してくれました。

  
掲示者: | 2016年 8月 1日 (月曜日) 13時32分

2018年 8月 1日 (水曜日)

.学校: 部活動体験〜馬堀中学校

 8月初日、馬堀中学校との小中一貫教育研究推進事業の一環として「部活動体験」を実施、35名の児童が参加しました。運動部、文化部を取り混ぜて、前後半で二つの部活動を体験させていただきました。部や活動の紹介のためにパンフレットまで用意してくださった部もあり、早くも”部員勧誘〜獲得合戦”夏の陣!?の様相を呈していました。
 顧問の先生方、部員の皆さんにはたいへんお世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。
 
掲示者: | 2018年 8月 1日 (水曜日) 11時58分

2020年 2月 6日 (木曜日)

.学校: 不意打ち避難訓練

 今回は予告なしで,それも,中休みに入った直後という,児童が先生たちの指導下にないタイミングをあえて設定し,地震と火災発生を想定した避難訓練を行いました。
 中庭で縄跳びをしていた1年生はその場で安全確保の態勢をとり,体育館で授業の片づけをしていた6年生は作業を中断してその場で集合,校庭で遊んでいた皆さんもひと所に集まり……。それぞれが置かれている状況の中で,適切な避難行動をとっていました。
 集合整列までの動きもさることながら,教室に戻るときの整然とした動きも大変,立派でした。今日の訓練を生かして,非常時にも慌てずに行動できるようにしましょう。
 
 
掲示者: | 2020年 2月 6日 (木曜日) 11時51分

2016年 5月 6日 (金曜日)

.学校: 避難訓練がありました!

今日は避難訓練がありました。4月に行う予定のものでしたが、雨で延期されていました。とても真剣に活動しています。全体で避難場所を確認し、万一に備えます。年間に何回か行います。これは生徒の防災意識を高めるためにも大切な訓練です。今日は火災に対しての避難訓練でした。次回は地震について行っていきます。また、今日の授業内で5年生がバケツ稲の土作りを行いました。裸足で土に触れ、とても元気です。畑の土+赤玉土+鹿沼土などいろいろ配合していました。これからが楽しみですね。

  
掲示者: | 2016年 5月 6日 (金曜日) 16時49分

2021年 4月 22日 (木曜日)

.学校: 避難訓練〜火災を想定して

 火災を想定した避難訓練を行いました。新しい学年になり,教室配置が変わって初めての訓練になります。
 初めて経験する1年生も含め,短時間で適切な避難行動をとることができました。
 先日,LANの工事中に火災報知器が誤作動,発報するというハプニングがありました。その時のことを例に挙げて,いつでも落ち着いて対応できるようにしましょう,というお話をしました。
 
掲示者: | 2021年 4月 22日 (木曜日) 8時45分

2020年 10月 8日 (木曜日)

.学校: 飛沫防止パーテーション

 「飛沫防止パーテーション」が納品されました。これは市の教育委員会が全ての市立学校児童生徒に一人一セット,配置を予定していたものです。TV番組のスタジオなどではすっかりおなじみの透明隔壁を早速,組み立てて装着してみると……。
 透明度や高さは概ね満足できるレベルですが,机のヘリにゴムひもをひっかけて固定するタイプのため,盤上のスペースがかなり狭められてしまいます。筆箱と教科書ノートを載せてみると,ちょっと窮屈かな……というところでしょうか。(写真は3〜6年生用を3年生の机に装着したところ。ヘリを黄色線で示しました)
 教育委員会の指導(下記のマニュアル)にあるように,
授業で一時的にマスクを外す必要がある活動や、グループ学習、昼食時等で対面式になる場合等
 の局面で,必要に応じて使用することになりそうです。

●詳しくは……
『感染症対策マニュアル最新版(2020/10/5版)』で
(保護者専用サイトからご覧いただくことができます)
 
掲示者: | 2020年 10月 8日 (木曜日) 8時18分

2018年 9月 28日 (金曜日)

.学校: 毎週金曜,読書タイム

 毎週金曜日の朝の時間帯,「読書タイム」を設けて落ち着いて読書に親しむ機会としています。
 秋雨前線が少しばかり列島を離れて,気持ち良く晴れ上がった9月最後の金曜日,高学年の教室をのぞいてみると……。
 小説や映画のノベライズ本などの文芸作品系から古典文学の解説本(百人一首が手に取るようにわかる!),学習漫画,図鑑……児童の皆さんはそれぞれの興味関心に合わせて選んだ本に,熱心に読み入っていました。
 図書室の蔵書とあわせて,学年ごとに希望して購入できる図書もあり,学級文庫として利用できます。それらを見ていくと,書店ではあまり見かけることのない,子ども向けの図書がたいへん充実していることがわかります。とりわけ文化芸術,歴史,産業等の解説本の類は,大人でも手に取ってみたくなるレベルです。
 来月末からは読書週間も始まることだし……私も図書室の“棚からひとつかみ”借りて読んでみようかな,という気になりました。

 
掲示者: | 2018年 9月 28日 (金曜日) 18時08分

2021年 9月 1日 (水曜日)

.学校: 防災の日〜避難訓練は“分散”で

 定期的に実施している防災訓練(避難訓練)を,コロナ禍下の今回は分散(学級ごとに日時をずらして)で行っています。
 上の階の廊下近辺からごそごそと物音が聴こえるので行ってみると……。
 3年生が非常階段を使った避難経路の確認をしていました。本館(山側の校舎)は,1階の両端に給食室と家庭科室があるので,地震などに伴って両方から出火!となってしまうと,「挟み撃ち」状態になります。なので,校舎中ほどにある非常口から脱出,という経路を状況に応じて選択しなければなりません。
 他の学年,学級も取材に行こうと思いましたが,“ゴソゴソ”くらいしか気配が伝わっていません(つまりちゃんと「喋らず」に行動している,ということ)。なので,撮れ高はこれくらいでした。
 こういう地道な訓練を着実に積み重ねて,いざ,というときに慌てないで行動できるようにしていきます。
 
掲示者: | 2021年 9月 1日 (水曜日) 12時10分

2021年 7月 1日 (木曜日)

.学校: 防災隊役員会〜避難所コロナ対応

 先日(6/20)の防災隊学習会で懸案として挙がった,「避難所運営に係る,コロナ陽性者対応」について,防災隊役員会の皆様による話し合いが,本校を会場として行われました。
 陽性者の方をご案内するお部屋の設定や,受付からそのお部屋までの動線やなどを,総合的に検討して確認。また,それ以前の問題として,避難所運営のそもそも論について確認しました。
 国や市の指導マニュアルには以下のようなことが示されています。
-------------------------------
 とりわけコロナ禍下の避難所というのはそもそも,一人一人の方が以下のような備えを十分に行ったうえで……
その1●まずは‟自助”
 避難しなくて済むように,日ごろから耐震補強工事等を実施するとともに,家具の転倒防止策等を講じること。
その2●他の避難方法も検討
 避難所を利用する前に,安全な親せきや知人宅への非難をまず考えること。
その3●必要な物資を準備する
 食料や生活用品,マスクや体温計,消毒液等の感染防止用品などを日ごろから常備,備蓄しておき,避難所に持参できるようにしておく。
その4●日ごろからの体調管理をしっかり!
 健康的な生活,検温等の習慣化を進めておく。

-----------------それでも,どうしても避難せざるを得ない方が利用する場所が避難所である,とされています。
 円滑な避難所運営のためには,ちょっと冷たいようだけど,以上のようなことを住民の皆様に対して,日ごろから十分に啓発し,避難所を利用する方(陽性者の方も)を最小限に抑えることが大切,ということが確認されました。

★これまでの取組
https://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=41626&caldate=2021-6-30&schid=32&block=0

 
掲示者: | 2021年 7月 1日 (木曜日) 10時22分

2020年 6月 1日 (月曜日)

.学校: 偏見差別の防止を!

市教育委員会から保護者の皆様向けに,標記関係のメッセージが届きました。以下転載します。

新型コロナウイルス感染症を理由とした偏見や差別の防止について

 平素より、本市の教育活動にご理解とご協力をいただき感謝申し上げます。
 さて、新型コロナウイルスへの感染防止に努める中、子どもも保護者の皆様も、教職員も、感染症そのものへの不安だけでなく、万一自身が感染し、それが広く知れわたった後に生じる偏見や差別への不安を抱えています。見えないウイルスへの不安や恐れが、感染症に関わる方を不必要に避けるなど、差別的な行動を引き起こすことがあるいわれます。しかし、感染者・濃厚接触者やその家族等に対する誹謗中傷やいじめ、差別は防がねばなりません。
 日々変化する情報の中には、誤りや不安をあおるような内容も散見されますが、噂や憶測は、偏見や差別を助長し、いじめにつながるなど、子ども同士の関係にも影響を及ぼしてしまいます。先が見通せない様々な変化の中で、体や心にストレスがかかっている子どもも多いのではないかと思います。
 確かな情報に基づいて冷静に行動する大人の姿を示すことが、子どもたちの安心・安全につながります。また、お子さまの些細な変化に注視したり、気持ちに寄り添ったりして、少しでも不安が解消されるよう今後もご配慮くださるようお願いいたします。学校も最善を尽くし、取り組んでまいります。

掲示者: | 2020年 6月 1日 (月曜日) 11時35分

2018年 11月 6日 (火曜日)

.学校: 普通の整列〜11月の全校朝会

 本校では月ごとの朝会を、全校、低学年(1〜3年)、高学年(4〜6年)それぞれ1回ずつ、計3回設けています。1週間前に低学年朝会を開いたとき、最初に体育館入りした3年生の整列の仕方があまりにも素晴らしかったので、ここで紹介させていただこうと思ったのですが、残念ながらカメラを持ち合わせておらず……。
 今日こそはと思って用意していったら、児童の皆さん、期待通りにシャッターチャンスをくれました。
 先生が前に立って指示しなくても、先頭の人が位置を決めて、「斜めってるよ!」「そこからちょっと右にずれて!」などと自分たちで声を掛け合って列を整え、前から順に静かに座っていました。後から入ってきた1年生も、素晴らしい「お手本」に習って上手に整列することができました。
 こういう状態をずっと維持できるのは、とても貴重なことです。そのことを特に意識せずに普通に続けていることにこそ価値があると思っています。
 
掲示者: | 2018年 11月 6日 (火曜日) 12時46分