2020年 9月 29日 (火曜日)

.学校: コロナ禍下の半年をふり返って

 本校では,授業の進み具合に合わせて本来の意味の学期(=学習活動の区切り)を設定し直し,10月末までを前期相当とします。とはいうものの,春の臨時休業入りから概ね半年が過ぎました。この節目に,この7か月をふり返ってみました。
---------------------------------------------
● 実態に合わせて「実(じつ)」を取る
 本校では“コロナ禍”対応をするに当たって常に意を用いていたことがあります。対応に当たってはムダ,ムラ,ムリを排して柔軟に考え“実”を取るということです。とはいっても,初めから確信をもって,そういう方針を打ち立てていたわけではありません。行政からの急な要請や指示を受けて少しばかり慌ててしまった局面もありました。
 そんな中にありながらも,概ね落ち着いた対応ができたのは,むしろ,コロナ禍以前までに積み上げてきた学校運営上の考え方(カリキュラム・マネジメントと一体化した働き方改革)があって,それをベースにして,不測の事態に対応することができていたからかも知れません。図らずも,コロナ禍という“黒船”との遭遇が,懸案であった教育活動の改善を加速させることになりました。
 冒頭で触れた「学期」のとらえ方や運動会等,年間計画の大枠にかかわることをはじめ,授業の一単位時間の柔軟な設定(40-45分)等,日々の生活の細々したことに至るまで,職員全員があれこれ知恵を絞りながら検討を進め,対応してきました。

● 保護者,地域の皆様のご理解に感謝
 6月の学校再開に当たって教育行政は「ゼロリスクは困難」であるという前提を示していました。また,児童を登校させて教育活動を進めるからには,感染リスクを100%回避することはできない,でも,第一に守るべきは人命であり,できる限りの感染防止策を講じて日々の指導に当たらなければならない,とも。
 この最優先課題を達成しつつ,“実”を取る形で教育活動を円滑に進める上で,大変有り難く思っていたことがあります。保護者や地域の皆様のご理解とご協力です。
 コロナ禍にいたずらに不安を覚え過敏になってしまい,「ゼロリスク」を求める声が多くあがると,勢い,学校の教育活動は委縮してしまいします。消毒作業などの感染防止策に費やす時間と労力が過度に増えれば,教員の本来業務である授業準備等を圧迫します。8月半ばに話題になったような,“「#先生死ぬかも」というハッシュタグのTwitterトレンド入り”,のような事態も招きかねません。
 このようなこともなく,本校の教育活動を落ち着いて見守り,支えてくださったことに,この場をお借りして改めてお礼を申し上げます。

● コロナ禍を乗り切るための支柱
 コロナ禍対応を進めるうえでいくつか参考にした言説があります。いずれも,「学校の新しい生活様式」や「コロナいじめ・差別の防止」について多くの示唆を含むものです。いくつか引用します。
★ 文中のQRコードは記事の掲載元ではなく,関連情報を提供しているWebサイトです。

『CP定着に警戒』 斎藤 環(筑波大・精神科医)6/1付 読売新聞 他
 “CP”というのは「コロナ・ピューリタニズム」のこと。臨時休業のさなか,5月ごろに顕著だった「自粛警察」のような動きを見て,禁欲的なピューリタニズム(清教徒主義)を連想した斎藤氏が名付けたものです。氏によれば……
清潔主義が道徳と結びつくような現象が,特に日本ではエスカレートしやすい。同調圧力の下で誰かを罰したくなる
 ……ということです。これを学校に当てはめてみると,白黒をはっきりさせ過ぎることが,そこから“はずれて”しまう児童を浮き立たせ,差別やいじめを誘発してしまう,ということが懸念されます。職員にはこの言説に基づいてこんなことを伝えました。「だから……,神経質になりすぎて過度な指導をすることがないように,あるいは知らず知らずのうちにそう促してしまう(ヒドゥンカリキュラムの形成)ことのないように……注意しましょう」

『「学校の新しい生活様式」を作り直す−過剰な「感染症対策」で疲弊する前に』
磯野真穂(医療人類学者) 『教職研修』9月号
 まずは磯野氏,行政が進める「新しい生活様式」への違和感からこう断じています……
ある方向から「命」を守ろうとしても,それが副次的に「命」を大切にしない効果をもたらしている
 コロナ禍に直面した日本の人々の慎ましい対応を評価しつつも,全体主義的な怖さにも言及する中で,学校はどうあるべきか……
学校という場の重要な役割は「余白」をつくり出すこと
 それを踏まえると……
私語を慎むようにといった感染症対策は,学校という場の最大の強みを奪い去っているように見えてしまう
 学校の先生たちへのメッセージを……
(感染症対策ですり減ってしまう)先生方の消耗は,おのずから子供たちに影響を与える
先生方にはぜひ,学校の「余白」を,それぞれの役割と立場から守り抜いていただきたい
 本校職員の感覚もほぼこれに沿うものでした。その後ろ盾をいただけたようで大変心強く思いました。

『「コロナいじめ・差別」の社会心理−なぜ,人は「われわれ」と「彼ら」をつくるのか?』
北村英哉(東洋大・社会心理学者)
『教職研修』10月号
 偏見や差別をひき起こすメカニズムについて詳説しながら,学校教育に視点を移す形でインタビューに答えています。「いじめはいけないこと」「差別はダメだ」と教えるだけでは100%の解決にはならない,とした上で……
心理学の知見からいえば,子供はむしろ“意図的”に教えられることよりも,「大人の振る舞い」から多くを学んでいる
 児童同士のいさかいの仲裁方法はどうか,えこひいきはないか,大人同士がいがみ合っていないか,大人がいじめをしていないか。私たちの悪気ない行動こそが「象徴的排除」につながっているかもしれない……,そんな自問と自省をし続けることが大切だ,ということです。
 市内の学校から感染児童が出始めた夏休み前後,教育委員会はその都度「プライバシー保護」や「人権尊重」に係るメッセージを発信しました。こうした“意図的”な働きかけもさることながら,日々の,われわれ「大人の振る舞い」にこそ目を向ける必要がある。北村氏の言説からは,そんな示唆をいただくことができました。
------------------------------------
 コロナ禍下,まだまだ先の見えない日々が続きそうですが,どのような状況に直面しても,適切な対応ができるよう,努めてまいります。



掲示者: | 2020年 9月 29日 (火曜日) 16時16分

2020年 10月 7日 (水曜日)

.学校: グリーグから始まる朝

 コロナ禍のために途絶えていた朝の放送が,今日から再開。担当は情報委員会の皆さんです。オルゴール風の旋律をバックに……いつもの,朝のひと言コーナーも帰ってきました。「……僕は今日の給食が楽しみです」。
 これに合わせて職員室から鳴らすチャイムも一新。今朝は劇付随音楽『ペールギュント』から「朝」が流れていました。
 いつもの,馬堀小の朝が戻ってきたようで,幸せな気持ちになりました。
 
掲示者: | 2020年 10月 7日 (水曜日) 17時39分

2019年 7月 9日 (火曜日)

情報委員会: クラブ紹介(卓球・バドミントン)

このクラブは、体育館でバドミントンと卓球を行います。
第1回目のクラブは準備などを行いました。
第2回目は、実際にバドミントンをやりました。ペアを組んでやりました。私は、初めて入るクラブなのでドキドキしましたが、うまくできたのでうれしかったです。とても楽しいクラブなので、ぜひ卓球・バドミントンに入ってください。
掲示者: | 2019年 7月 9日 (火曜日) 15時35分

2019年 7月 9日 (火曜日)

情報委員会: クラブ紹介(イラスト・工作クラブ)

このクラブは、図工室で絵を書いたり、工作をしたりするクラブです。このクラブのいいところは、みんなで、話しながら、いろいろなものを作れるところです。最近は、工作用紙で船や鉛筆などの作品を作りました。とても楽しいので、馬堀小学校の3年生〜5年生の人は、ぜひ、来年、候補に入れてみてください。
掲示者: | 2019年 7月 9日 (火曜日) 15時14分

2016年 9月 20日 (火曜日)

.学校: クラブ活動がありました!

今日は雨だったため、クラブは全て室内で行われました。体育館や教室を使って活動するクラブはいいのですが、外クラブは大変です。室内で手押し車をしたり、テニスラケットを使ったリレーなどで工夫して活動をしていました。最近は外遊びも雨のためにできない日が続いています。また、写真のようにマッサージクラブになったところもあり、お互いに癒されていました。これから雨も降るようです、気を付けて帰りましょう。


  
掲示者: | 2016年 9月 20日 (火曜日) 15時45分

2017年 2月 22日 (水曜日)

.学校: クラブ活動がありました。

馬堀中学校の校庭をお借りして、テニスクラブが活動しています。コーチも今年度は最後になりました。いつも子どもたちに一生懸命指導をしていただき、感謝申し上げます。技能が上がることで、テニスの楽しさを味わえたことと思います。
 
掲示者: | 2017年 2月 22日 (水曜日) 12時54分

2016年 11月 30日 (水曜日)

.学校: クリーン活動&健康保健委員会!

今日の5時間目は、全校の縦割り活動によるクリーン活動でした。各班が体育館や各教室(特別教室)に分かれて雑巾での拭き掃除を中心に行いました。担当の子どもが、学校に感謝の気持ちを込めて活動を進めてください。ということでしっかり趣旨を伝えてからの活動でした。どこの場所でもしっかりと上級生が指示を出し、普段できないような細かいところまで掃除できました。とてもいい活動です。また、6校時に5・6年生の健康保健委員会が学校の危険個所の確認や病気にならないようにということでの学習がありました。しっかりと危険ポイントがしめされており、立派な発表が出来ました。PTAの方も応援に参観してくれ大変ありがたく、子供たちも励みになります。感謝申し上げます。
  
掲示者: | 2016年 11月 30日 (水曜日) 16時46分

2014年 2月 4日 (火曜日)

.学校: クリーン活動

11月13日にクリーン活動がありました。
ふだんそうじしないところをたてわり班に分かれて、
きれいにします。

昼休みが終わると、みんな体育館に集まり、
そうじの目的などを聞きました。
いよいよそうじの時です。
みんな、たてわり班ごとに分かれて、そうじ場所に行きました。
みんなとってもがんばってそうじしています。
いつも手の届かない窓のみぞや廊下のすみの方などを、ていねいに拭いているこどももいました。
そして、そうじの終わる時間になり、みんなで反省会を
しました。どこの班もがんばってそうじをしたそうです。
これからも、馬堀小学校をきれいにしていきたいと思います。


掲示者: | 2014年 2月 4日 (火曜日) 16時24分

2014年 12月 15日 (月曜日)

.学校: クリーン活動

11月12日の5校時にクリーン活動がありました。私達がいつも使っている、特別教室や、廊下などをそうじしました。普段あまり、そうじをしない、まどのみぞ、ゆかの角などを細かくそうじしました。そうじをしたあとは、とても、気持ちが良かったです。みんなで、学校への感謝の気持ちが表せたと思います。
掲示者: | 2014年 12月 15日 (月曜日) 13時27分

2015年 11月 12日 (木曜日)

.学校: クリーン活動

11月9日5校時とモジュールを使って、クリーン活動を行いました。縦割り班ごとに、体育館、体育館前、図工室、渡ろうか、旧館・新館それぞれ1階、2階、3階、ろう下をそうじしました。
いつもは、そうじしない所までそうじして学校への感謝の気持ちが表せました。
そうじを終えたみんなは、スッキリとした顔をしていました。
掲示者: | 2015年 11月 12日 (木曜日) 10時25分

2019年 6月 21日 (金曜日)

.学校: キレイのタネまき教室「おそうじについて学ぼう!」〜6年

 株式会社ダスキンからゲストティーチャーをお招きして、標記の授業をしていただきました。
 「なぜ掃除をするのか掃除の意義を理解してもらうとともに、掃除用具の正しい使い方を知り、学校や家庭での掃除に活かしてもらえる」ことをねらいとした出前授業プログラムです。
 6年生の皆さんは、これまで当たり前のようにしてきた、学校でのお掃除について改めて振り返り、掃除の意義や用具の使い方などを再確認していました。
 Webサイトを拝見して、このプログラムが、経済産業省主催 第4回「キャリア教育アワード」で優秀賞を受賞されたことを知りました。
 日本の学校では当然のように「お掃除」をしていますが、お掃除にはどんなねらいや目的があって、お掃除をすることによってどんな資質・能力が身につくのか……。家庭科、体育科、道徳科、総合、特活それこそ教科横断的にとらえることができます。キャリア教育にももちろん関連がありますし、プログラミング教育(実際に「お掃除の手順を考えよう」なんていう特活の実践例もあるくらい)にも……。「お掃除曼荼羅」とか、描けそうなくらいです。

●DUSKIN Webサイト キレイのタネまき教室「おそうじについて学ぼう!」
 https://www.duskin.co.jp/torikumi/gakko/demae/
●経済産業省 キャリア教育アワード Webサイト
 https://www.meti.go.jp/policy/economy/jinzai/career-education/award.html
 
掲示者: | 2019年 6月 21日 (金曜日) 14時16分

2016年 10月 19日 (水曜日)

.学校: キラキラタイム!

今日のキラキラタイムでドッチボール大会がありました。縦割りの班(1年~6年までがクラスを超えて班を作り活動します。)に分かれて、6年生がリーダーとなって活動します。本校の特徴の一つが現れている活動です。企画立案〜進行〜実際の活動〜まとめ まですべて6年生がになっています。テキパキと進行をして説明もとても簡潔で分かりやすかったです。下級生目線で進行しており、下級生の手を引っ張って集合させたり、まとめてくれていました。上級生らしい活動が出来ています。
  
掲示者: | 2016年 10月 19日 (水曜日) 16時03分

2018年 11月 28日 (水曜日)

.学校: キラキラタイム〜一緒に遊ぼう

 キラキラタイムは,以前は子どもたちの体力づくり(みんなで外遊びをして体力をつける)を目的として県レベルで展開されていた事業です。本校ではこれを,少し形を変えて継続しています。体力づくりに加味する形で位置づけたのは,異学年齢集団相互の関わり合いを促して,良好な人間関係の構築に資するという目的。これまでもお伝えしてきた「縦割り班活動」の一つに位置付けています。
 今年度第2回目の今日は,週の後半から冷え込みが厳しくなっていましたが,児童の皆さんはそのようなことはみじんも感じさせず,様々な遊びを共に楽しんでいました。
 遊びの企画立案と当日の進行を務めてくれた5年生の皆さん,ありがとうございました。
●5年生が考えてくれた「遊び」リスト
1 ハンカチ落とし
2 王様じんとり
3 かっぱの川流れ
4 ひょうたんおに
5 四つ角、なんでもバスケット
6 なんでもバスケット
7 王様じんとり2
8 新聞紙パズル
9 新聞の「の」の字さがし
10 手つなぎおにごっこ

 
掲示者: | 2018年 11月 28日 (水曜日) 12時47分

2019年 12月 18日 (水曜日)

.学校: キラキラタイム-3

 第3回目のキラキラタイムは暖かな冬の日差しのもと、屋外で実施しました。縦割り班ごとに、5年生のリーダーが考えた外遊びを楽しみました。
 5年生の皆さん,最高学年への準備も,着々と進んでいるようで,とても頼もしく思いました。
 
掲示者: | 2019年 12月 18日 (水曜日) 12時30分

2010年 9月 14日 (火曜日)

5年: キャンプ終りょう

キャンプから無事に帰ってきました。
心配された天気も良好で
なにもかもがばっちりでした。

とても楽しいキャンプでした。

  
掲示者: | 2010年 9月 14日 (火曜日) 9時06分

2010年 9月 9日 (木曜日)

.学校: キャンプ

今日から5年生は
「三浦ふれあいの村」へキャンプに行きました。
天候があやぶまれましたが、これから天候も回復するということで
楽しめると思います。

みんなが無事に、楽しく過ごせるといいですね。

(写真は昨年度の海岸です。)
 
掲示者: | 2010年 9月 9日 (木曜日) 10時33分