2020年 5月 26日 (火曜日)

.学校: 教育委員会から

●学校再開に当たり,教育委員会から保護者の皆様向けにメッセージが届きました。以下転載いたします。
------------------------
6月1日以降の学校再開についてのお知らせ 横須賀市教育委員会

 平素より、本市の教育活動にご理解とご協力をいただき感謝申し上げます。また、臨時休業に際しても、保護者の皆様から多大なるご協力をいただきましたこと、誠にありがとうございます。
 さて、この度、緊急事態宣言が解除されたことを受け、文部科学省からの通知、神奈川県教育委員会からのガイドラインを踏まえ、横須賀市立学校は6月1日より段階的に教育活動を再開します。各校では感染拡大防止の措置を十分に取った上で再開できるよう、準備を進めているところです。
 つきましては、次の内容で段階的に再開する予定ですので、お知らせいたします。
 なお、新型コロナウイルスの市内の感染状況によっては、臨時休業等の措置をさらに延長することも想定されます。その場合には、改めてお知らせいたします。

1 段階的な学校再開について
(1)日 程
・第1段階
  6月1日(月)〜19日(金)
分散登校による半日程度の短時間授業で、給食はありません。
* 再開当初、3日間は学年別準備登校を行います。その後は、学級の人数を半数にした隔日登校による分散登校です。
         
・第2段階  6月22日(月)〜30日(火)
全員登校による全日の短時間授業を行います。
* 40分間の5時間授業を実施します。給食があります。
          
・第3段階  7月1日(水)以降
通常授業を実施します。

(2)再開にあたっての留意点
 次の点に十分配慮した上で、教育活動を再開します。
・飛沫飛散防止のためのマスク着用
・手洗い手指消毒の指導
・児童生徒が直接触れる共用施設の消毒や清掃の徹底
・授業において、対面での話し合い活動、合唱や調理実習、身体接触を伴う体育実技等、「密閉」「密集」「密接」を避ける工夫
・教室等における児童生徒同士の間隔を広くとる工夫
 など、保健管理や環境衛生に十分配慮した上で、教育活動を行います。
  
2 児童生徒の健康状態の把握について
 学校再開にあたり、児童生徒の健康観察とご家庭での健康管理が重要となります。登校に際しては、各家庭で朝の検温の確認を行い、発熱等の体調不良がみられる場合には、自宅静養をお願いいたします。

3 その他
〇感染拡大防止にあたっては、ご家庭の協力が不可欠です。免疫力を高めるためにも、十分に睡眠をとること、適度な運動を行うことや栄養バランスのとれた食事をとることを心がけて、規則正しい生活を送ることができるようお願いします。また、児童生徒の健康について気になることがある場合は、遠慮なく学校にご相談ください。

掲示者: | 2020年 5月 26日 (火曜日) 12時58分

2020年 5月 27日 (水曜日)

.学校: 国立特別支援教育総合研究所からの情報提供

以下,市教育委員会から情報提供がありました。こちらに転載します。

●国立特別支援教育総合研究所Webサイトより

視覚に障害のある子どもの手の洗い方
http://www.nise.go.jp/nc/wysiwyg/file/download/1/3826

障害のある子どもたちへの指導に関わる参考情報
ご家庭では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、感染症対策を工夫しながら、生活を送っていらっしゃると思います。こうした中、国立特別支援教育総合研究所では参考となるような情報や資料を紹介しています。詳しくは、こちら↓
https://www.nise.go.jp/nc/report_material/etc/school_closure
掲示者: | 2020年 5月 27日 (水曜日) 9時23分

2020年 5月 28日 (木曜日)

.学校: 地域づくり協議会総会〜市の「スクコミ」モデル校に

 緊急事態宣言の解除を待って,今年度の総会と1回目の定例会を開催していただきました。通常とは異なり,体育館で「3密」を避けての開催です。
 前回の会合から3か月ぶりに皆様にご来校いただくことになり,臨時休業中の地域のようすや,コロナ禍下での各町内等の状況について情報交換を行いました。夏の祭礼や盆踊りなどが軒並み中止を余儀なくされる中にあって……,
「休業中は平日の公園などで,普段はお仕事で忙しい保護者の方と子供たちが,一緒に過ごす姿を多く見かけた……」
 ……というお話もしていただきました。困難な状況下にあってもそれをプラスに転換できるような取組ができるとよいな,と思いました。
 また,この「馬堀小学校区地域づくり協議会」の取組が高く評価され,横須賀市が推進する「スクール・コミュニティー」のモデル校に,今年度新たに指定されることになりました。初回の会合では,ゲスト参加した市の担当課の皆さんからこの事業の説明をしていただきました。

●横須賀再興プラン
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/0830/upi/jisshikeikaku/index.html

●スクールコミュニティー(汐入地区の先行例)
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/2410/nagekomi/20191011.html
 
  
掲示者: | 2020年 5月 28日 (木曜日) 9時49分

2020年 6月 1日 (月曜日)

.学校: 偏見差別の防止を!

市教育委員会から保護者の皆様向けに,標記関係のメッセージが届きました。以下転載します。

新型コロナウイルス感染症を理由とした偏見や差別の防止について

 平素より、本市の教育活動にご理解とご協力をいただき感謝申し上げます。
 さて、新型コロナウイルスへの感染防止に努める中、子どもも保護者の皆様も、教職員も、感染症そのものへの不安だけでなく、万一自身が感染し、それが広く知れわたった後に生じる偏見や差別への不安を抱えています。見えないウイルスへの不安や恐れが、感染症に関わる方を不必要に避けるなど、差別的な行動を引き起こすことがあるいわれます。しかし、感染者・濃厚接触者やその家族等に対する誹謗中傷やいじめ、差別は防がねばなりません。
 日々変化する情報の中には、誤りや不安をあおるような内容も散見されますが、噂や憶測は、偏見や差別を助長し、いじめにつながるなど、子ども同士の関係にも影響を及ぼしてしまいます。先が見通せない様々な変化の中で、体や心にストレスがかかっている子どもも多いのではないかと思います。
 確かな情報に基づいて冷静に行動する大人の姿を示すことが、子どもたちの安心・安全につながります。また、お子さまの些細な変化に注視したり、気持ちに寄り添ったりして、少しでも不安が解消されるよう今後もご配慮くださるようお願いいたします。学校も最善を尽くし、取り組んでまいります。

掲示者: | 2020年 6月 1日 (月曜日) 11時35分

2020年 6月 1日 (月曜日)

.学校: 学校再開〜分散登校開始

 横須賀市の方針で初日だけは学級の児童を全員集めてよいことになっているため,密を避けながら2か月ぶりの学活を行いました。
【1日目】
 雨上がりの朝,分散登校が始まりました。昇降口で入念に検温済みチェックを行い,教室へ……。トイレや流しでは,間隔を空けながら手洗いを済ませて教室に入ります。
 8時過ぎから早々と登校した皆さんは,全員が揃うまで20分近くほぼシーンとして座り(例年の4月当初の光景です),提出物整理や読書をしていました。様々な連絡と学級開きなどをして初日は2時間で切り上げ。隔日登校期間につなげていきます。
【2日目】
 今日は4・5年生の組み合わせ。8時過ぎにはほぼ全員が集合し,担任の先生からの簡単リサーチに答えていました。
「今日は何時ごろ起きたかな?7時前に起きた人は?」
(半分くらいが手を挙げていました)
「朝ごはんは,ちゃんと食べた?」……
 ほとんどの児童が初日に向けて,生活のリズムを整えていたようで,安心しました。
 
掲示者: | 2020年 6月 1日 (月曜日) 12時09分

2020年 6月 3日 (水曜日)

.学校: 学校再開〜分散登校3日目

【3日目】 
 最終日の今日は低学年をひとまとめにしました。ひと学級の人数が多く「密」になるのを避けるため2分割。初めての登校を経験する1年生の登下校指導も併せて行いました。
 1年生は小学校生活のはじめの一歩からスタート。導入を無理なく進めるために,お机の整理の仕方を確かめたり,「あわあわ手洗いの歌」のDVDを視聴したりしました。
 2年生は,休業中に先生が採取したたんぽぽの綿毛の数をみんなで数えていました。タンポポの観察は生活科,国語では『たんぽぽのちえ』(順序に気をつけて読む),算数(「まとまり」に着目して数える)……というように,複数の教科の学習内容につながるものです。
 失われてしまった授業時間を取り戻すために,初日からすでに様々な工夫を始めています。
 
 
掲示者: | 2020年 6月 3日 (水曜日) 13時17分

2020年 6月 3日 (水曜日)

.学校: まぼりっ子広場の草刈り〜地域づくり協議会

 明日からの午前中登校(3ヶ月ぶりに「中休み」が復活!)に合わせて、地域づくり協議会の皆様が、草刈りをしてくださいました。膝が埋まるくらいまで生い茂っていた雑草を、PTAの役員の皆様、子供たち、先生たちも飛び入り参加して、2時間がかりで刈り取り、袋詰めをしました。
 休業中、一部は職員の手でなんとか試みてみたのですが、文字通り歯(刃?)が立たず……途方に暮れていたところでした。
 ご参集くださった皆様,ありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
 
 
掲示者: | 2020年 6月 3日 (水曜日) 13時54分

2020年 6月 4日 (木曜日)

.学校: 午前授業を再開

 各学年とも学級を2分割してではありますが,一日おきの午前中授業が始まりました。
 初日の今日は出席番号奇数チームの登校。奇数とか偶数とか言われても低学年の子供たちはピンとこないので(これを算数で学習するのは5年生になってからです),果物でチーム分けしています。奇数はキウイ,偶数はグレープ。
 最初の2日間は3時間授業で,2・3時間目の間には中休みも設定してあります。
 少人数のため授業中や休み時間の「密」は回避できていますが,検温チェックは欠かせません。登校時に昇降口での「検温済みチェックポイント」を通過できなくて,保健室での検温となるケースもあります。おうちでの検温,どうぞよろしくお願い致します。
 
掲示者: | 2020年 6月 4日 (木曜日) 12時14分

2020年 6月 5日 (金曜日)

.学校: 午前授業2日目

 今日も好天に恵まれて偶数チームの午前授業を実施することができました。
 例年なら6年生は1年生のために「お助け隊」を編成して,荷物整理などのお世話をしてくれるのですが,今年はそういうわけにもいきません。1年生の皆さん,先生の指示を聞きながら一生懸命,ランドセルから教科書を取り出し,お机に移したり手下げを定位置にかけたりしていました。去年のように雨降りにならなくてよかったな……と思います。
 各学年,学級では,休業中に先生たちが準備(仕込み?)をしたスライドを使って新しい学年のオリエンテーションをしたり,早くも教科の学習に取り組んだり,充実した3時間を過ごしました。
 
掲示者: | 2020年 6月 5日 (金曜日) 12時21分

2020年 6月 5日 (金曜日)

.学校: 本格的な授業再開に向けて〜環境整備

 臨時休業中は,児童の皆さんがいない間に様々な環境整備を進めていました。理科室や生活科室など特別教室の整理や備品管理,学級菜園の植え付け,遊具の点検修理……。
 来週から本格的な授業が再開。これまで様々準備してきた教材や教具の出番がいよいよ回ってくるな……と思います。夏野菜は早くも花が落ちて,実を結ぶくらいに成長してしまっていますが,ちょっぴりおさらいしながら学習に役立ててください。
 
掲示者: | 2020年 6月 5日 (金曜日) 12時21分

2020年 6月 10日 (水曜日)

.学校: 午前授業〜もうすぐ1週間

 午前授業が始まってもうすぐ一週間になります。今週からは4時間授業もスタート。児童の皆さんは相変わらず整然として授業に取り組んでおり,さすがだなぁ……と感心しますが,そろそろ疲れが見え始めるころかと思います。来週いっぱい続く一日おきの授業期間中に,本来のペースを取り戻してくれるとよいな,と思います。
 先生たちは様々な工夫をしてこの期間の指導に対応しています。奇数偶数2枚分の掲示用ワークシートを用意して,あとから全員分の「考え」を共有できるようにしたり,「掲示板」を用意して会えないお友達とのコミュニケーションを図ることができるようにしたり……。
 また,教科の特性(音楽や外国語など「口」の動きが要になる)に合わせて,フェイスシールド着用で授業を進めるなどの試みもしています。

 予想最高気温30度をマークした今日は中休み等の熱中症が心配されましたが,湿度が低かったためセーフ。先生たちが見守る中,児童の皆さんは元気にグランドを走り回っていました。
 
掲示者: | 2020年 6月 10日 (水曜日) 12時18分

2020年 6月 11日 (木曜日)

.学校: 市PTA協議会からのメッセージ

以下,HPより転載します。

「新しい生活様式」を踏まえた各家庭での取組のご協力について

横須賀市PTA協議会 会長 櫻井 聡

 日頃より横須賀市PTA協議会の活動にご理解、ご協力をいただきまして誠にありがとうございます。
 今般の新型コロナウィルスの感染拡大防止における対策は今後も継続されることが見込まれる中、横須賀市内の公立小中学校の教育活動は分散登校から通常の登校へと段階的に再開してまいります。
 しかしながら、児童生徒や教職員の感染リスクをゼロにするのは非常に難しく、学校内での感染拡大が起こることも考えられます。
 学校の臨時休校中においても子供の感染事例は一定数生じており、その多くは家庭内の感染と言われていいます。学校内での感染拡大を防ぐためには、何よりも外からウィルスを持ち込まないことが重要であり、このためには各家庭の協力が不可欠です。
 全ての保護者が等しく努力、注意を積み重ねていかなくては感染リスクを抑えることができません。
 このため、文部科学省において、新型コロナウィルス感染症対策専門家会議において提言された「新しい生活様式」(別添)を踏まえ、各家庭においても下記のような取組にご協力を頂けますようお願いいたします。

(別添)情報他はこちら↓
「休校中のWEB学習やサポートに関するアンケート」の報告もご覧いただくことができます。
●横須賀市PTA協議会
「新しい生活様式」を踏まえた各家庭での取組のご協力について
http://pta-yokosuka.com/jimu/info/post-5110/
休校中のWEB学習やサポートに関するアンケート 結果
http://pta-yokosuka.com/jimu/houkoku/post-5106/
掲示者: | 2020年 6月 11日 (木曜日) 13時03分

2020年 6月 16日 (火曜日)

.学校: 授業も本来のペースに〜コロナ禍下の工夫

 学校再開から2週間。授業の方も少しずつ本来のペースを取り戻しつつあります。
 今週も休業中に準備を整えていた様々な教具や教材研究の成果を生かして授業を進めています。
 休業前に比べて頻度が高くなっているのが,ICT機器の活用です。漢字の筆順などは休業中にまとめて‟仕込み”をしておいたスライドや動画の機能を駆使して,効率的に「そらがき」練習。教科書とスクリーン上の画像とノート(プリント類)とリンクさせた算数教材,ネット上のショートコンテンツを活用した理科の教材(NHK for School 雲の動きをチェック),TVのモニタ画面を用いた図工授業の導入など,学年や教科を超えて活用が進んでいます。
 GIGAスクール構想などの実現には,十分な教材準備,教材研究の時間を確保することが不可欠だな,と思いました。
 ICT機器の活用には代えることができない,体験的な学習のための教材ももちろん,フル稼働しています。
 筆を通した触感,水加減と墨や絵の具のつき具合などは,低学年に新たに採用された水書(すいしょ)セットで体験。ミシンなど実技を伴う授業もVRで…というわけにはいきません。地球儀など昔ながらの共用物品は授業のたびに消毒をして次の学級へ……という具合です。
 限られ(てしまっ)た授業時数ではありますが,様々な手立てを駆使して,少しでも豊かな学習指導を進めることができるよう,努めてまいります。
 
掲示者: | 2020年 6月 16日 (火曜日) 12時33分

2020年 6月 17日 (水曜日)

.学校: 来週から給食再開

 来週から給食が再開。また,全員揃って午後に係る授業を設定します。これに伴って,本校では市の教育委員会からの指示(以下に転載)に準拠して保健関係の指導を進めます。

【登下校中のマスクの着用】
 登下校の際(屋外)は、熱中症予防の観点から、マスクを外すことを指導する。その際、人との距離を十分に確保することをあわせて指導する。
(ただし、児童生徒等がマスクの着用を希望する場合は、マスクの着用を否定するものではないことに留意する。)
●情報掲載元→新型コロナウイルス感染症を踏まえた熱中症予防について
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/8335/20200617.html

【給食時間の留意事項】
1 手洗いについて

・ 児童生徒及び教職員が食事の前の手洗いを徹底すること。
2 給食当番について
・ 給食当番児童生徒及び配食に係わる教職員の健康観察を行うこと。
・ 給食当番児童生徒及び配食に係わる教職員は、身支度をすること。
3 机の上を拭くことについて
・ 学級で用意した台ふきで拭き続けることにより、感染を拡大させる可能性があるため、机は拭かないこと。
・ 机を拭く場合は、水で湿らせたペーパータオル等を一人一枚使用し、使用後は廃棄すること。
注:次亜塩素酸ナトリウムは使用しないこと
・ 異物混入予防のため、給食に関係ないものは置かないよう指導を徹底すること。
・ 清潔なナプキンを忘れないよう指導を徹底すること。
4 配食について
・ 児童生徒及び教職員に配食された給食は、食缶に戻さないこと。盛り切りを原則とし,食べられない場合は残すことも可とすること。
・ 盛り残しがあった場合、その追加配分等は教職員が行うこと。
・ 小食、偏食等で、基本量を配食されることを負担に感じる場合は、配食時から減らすことも可とすること。
・ 児童生徒及び教職員に配食された給食を食缶に戻した場合は、残っている給食のおかわりは禁止とすること。
・ 給食当番以外の児童生徒はマスク着用の上、会話を控え静かに着座して待つよう指導すること。
5 会食について
・ マスクは、「いただきます」のあいさつをしてから外すこと。
・ グループ作りをせず、前向きで、会話は控えて食べるようにすること。
6 片付けについて
・ マスクを着用後、「ごちそうさま」のあいさつをすること。
・ 各自で片づけるようにすること。その際、密集場面をつくらないよう配慮すること。
7 ランチルームについて★本校は該当しません
・ 当面の間、使用しないこと。

【清掃活動での留意点】
〇清掃活動は、学校内の環境衛生を保つ上で重要である一方で、共同作業を行うことが多く、また、共用の用具等を用いるため、換気のよい状況で、マスクをした上で行う。
〇当面の間、掃き掃除やごみ拾い程度とするが、雑巾を使って掃除する場合は、手洗い場に児童生徒が密集しないように工夫する。
〇水道場やトイレなど、衛生面で注意が必要な場所についての清掃は、児童生徒に行わせない。
〇清掃が終わった後は、必ず石けんを使用して手洗いを行うよう指導する。

【扇風機の取り扱い】★各学級に2台ずつ新規で購入しました
 エアコンは室内の空気を循環しているのみで、室内の空気と外気の入れ替えを行っていません。各教室2台を窓に向けて配置し、教室内の空気を排気する。

[写真]配膳室近くの廊下掲示
 
掲示者: | 2020年 6月 17日 (水曜日) 16時18分

2020年 6月 18日 (木曜日)

.学校: コロナ禍下の工夫

 デジタル(ICT機器活用),アナログ……あらゆる手段を使って,授業効率を高める工夫を継続しています。今日もいくつか……。
 板書とノートのリンク……スクリーンへの映写だけでなく,手元教科書と掲示用拡大版の併用を行って,板書にかける時間を縮減しています。ノート取り(ただの転写作業)から解放するためのワークシート活用(ノートに貼り付け活用)も。逆に1年生では「ノート指導」のための実物提示装置活用をしています。1年生にとっては「先生の手元を見ながらその通りに‟まね”すること」がそのまま「‟まな”ぶ」ことになるので,とても高い効果をあげています。
 ただしこれらは単位時間当たりの「情報過多」に陥らないよう注意が必要ですが……。

[こんなところでも]……音楽の授業では,「密」や譜面台等の共用を避けるため,音楽室利用を自粛しているのですが……。板書の効率化を進めるため,「5線譜書きtool」も登場。その辺にあるものを使って,器用な先生が自作しました!

 こんな風にして,ちょっとしたところからの工夫改善を重ねています。コロナ禍から解放され,平常時に戻った時にも,こうしたノウハウは生きて働くもの,と考えます。

★教育課程編成上の工夫や手立てについては,保護者専用サイトに関係資料を掲載してあります。(2020/6/18更新)
 
掲示者: | 2020年 6月 18日 (木曜日) 12時17分

2020年 6月 19日 (金曜日)

.学校: 50年生お助け隊,出動!〜1年生,初めての雨の日登校

 今日は朝から雨ふり。それもしっかりした雨脚の強さだったので少しばかり早めに昇降口を開けました。1年生にとっては初めての雨の日登校。いつもの年なら6年生のお助け隊が出動してくれるのですが,今年はコロナ禍のため,先生たちでちょっとだけお手伝いしました。
 傘をたたんで巻くところから始まって,長靴が大きすぎて下駄箱に入りません!,カッパはどこで脱ぐのですか?,どこにかけるのですか?,防犯ブザー濡れちゃったけど大丈夫ですか?防水じゃないので……。
 一年生の皆さん,それぞれに考えながら,周りを見ながら頑張って行動していました。
 いつもの学年とは違うけれど,むしろその分,今年の1年生は早く自立できるかもしれないね,してくれるとよいね……。そんなことを,ほぼ小学50年生(相当)のお助け隊同士で語り合っていました。
 
掲示者: | 2020年 6月 19日 (金曜日) 8時43分