2020年 10月 8日 (木曜日)

.学校: 飛沫防止パーテーション

 「飛沫防止パーテーション」が納品されました。これは市の教育委員会が全ての市立学校児童生徒に一人一セット,配置を予定していたものです。TV番組のスタジオなどではすっかりおなじみの透明隔壁を早速,組み立てて装着してみると……。
 透明度や高さは概ね満足できるレベルですが,机のヘリにゴムひもをひっかけて固定するタイプのため,盤上のスペースがかなり狭められてしまいます。筆箱と教科書ノートを載せてみると,ちょっと窮屈かな……というところでしょうか。(写真は3〜6年生用を3年生の机に装着したところ。ヘリを黄色線で示しました)
 教育委員会の指導(下記のマニュアル)にあるように,
授業で一時的にマスクを外す必要がある活動や、グループ学習、昼食時等で対面式になる場合等
 の局面で,必要に応じて使用することになりそうです。

●詳しくは……
『感染症対策マニュアル最新版(2020/10/5版)』で
(保護者専用サイトからご覧いただくことができます)
 
掲示者: | 2020年 10月 8日 (木曜日) 8時18分

2020年 10月 7日 (水曜日)

.学校: グリーグから始まる朝

 コロナ禍のために途絶えていた朝の放送が,今日から再開。担当は情報委員会の皆さんです。オルゴール風の旋律をバックに……いつもの,朝のひと言コーナーも帰ってきました。「……僕は今日の給食が楽しみです」。
 これに合わせて職員室から鳴らすチャイムも一新。今朝は劇付随音楽『ペールギュント』から「朝」が流れていました。
 いつもの,馬堀小の朝が戻ってきたようで,幸せな気持ちになりました。
 
掲示者: | 2020年 10月 7日 (水曜日) 17時39分

2020年 10月 6日 (火曜日)

.学校: 高学年集会〜「マボリンピック」に向けて

 5時間目の時間を使って,5・6年生の合同学年集会を行いました。本日のお題は「マボリンピック」の開催について。
 今年度はコロナ禍のため,高学年の皆さんの活躍の場となる大行事がことごとく中止に追い込まれてしまいました。それらの活動を通して身に付くはずだった資質・能力を育成する場として考え出されたのがこのプロジェクトです。
 6年生の皆さんには事前に情報が伝わっていたのですが,5年生はこれがお披露目の場に。担当の先生から発表があると大きな拍手が……!とても和やかな“決起”集会になりました。
 このあと,実行委員会が結成され,企画運営が始まります。
 
掲示者: | 2020年 10月 6日 (火曜日) 13時12分

2020年 10月 6日 (火曜日)

.学校: 第2回 委員会の日

 7/21に続き,今年度第2回目の委員会を開催しました。本日から本格的な活動が始まり,それぞれの担当業務や専門分野について打ち合わせや作業を行いました。
 主要な行事が中止になる中,高学年の児童にとって委員会活動は,様ざまな経験を積み重ねる貴重な機会になっています。
今年度開設の委員会
運営 情報 健康 図書集会 環境 体育

●学習指導要領上の位置づけ
特別活動〔児童会活動〕

1 目 標
 異年齢の児童同士で協力し,学校生活の充実と向上を図るための諸問題の解決に向けて,計画を立て役割を分担し,協力して運営することに自主的,実践的に取り組むことを通して,第1の目標に掲げる資質・能力を育成することを目指す。
 
掲示者: | 2020年 10月 6日 (火曜日) 13時08分

2020年 10月 6日 (火曜日)

.学校: 元気100倍,あいさつ運動キャンペーン

おはようは,みんなをてらす希望の言葉と考え,あいさつができる馬堀小学校にしよう
 本日から4日間、運営委員会の5・6年生が企画する「あいさつキャンペーン」を行っています。昨年度までは運営委員が昇降口に立って挨拶を呼びかける方式でしたが,今年はコロナ禍の対応もあり,たすきをつけて廊下で呼びかけるスタイルにしました。
 爽やかな秋風が吹き渡っていく廊下で,皆さん,元気にあいさつを交わしていました。

 ちなみに,10/18(日)は「クリーンよこすかの日」。この運動は,街をきれいにしたりごみ処理の大切さやエコ生活推進を呼びかけたりするだけでなく,市民の皆さんが「あいさつで心つながる横須賀市」(今年の標語)の実現を目指す,総合的な活動です。
 TV朝会では我が家のエコ生活実践の工夫と併せて,このことをお話ししました。
 
掲示者: | 2020年 10月 6日 (火曜日) 8時02分

2020年 10月 2日 (金曜日)

.学校: 10月第一週の教室

 陽気もすっかり落ち着いて,“学習日和”の一週間でした。各学年ではまるで植物の伸び具合を見るように,ちょっと見ない間にこんなに成長するの?というような感覚で授業が進んでいます。
 1年生の教室(写真最下段)に少しばかり長く滞在してみると……繰り上がりのある(答えが10を超える)たし算の学習をしていました。

ディスプレイで先生の手元を映してノートの書き方説明
  ↓
10のまとまりの「お歌」でいつもの確認
  ↓
先生,机間を回ってノートチェックと〇つけ
  ↓
お友達のノートを大映しにして学習成果の共有
  ↓
再び自分のノートを見てふりかえり……

……ほんの数分の間に様々な学習が進んでいました。
 学習指導要領上のキーワードを当てはめていくとそのまま「主体的・対話的」に算数的な「見方・考え方」を働かせて「思考・判断・表現」し,間髪入れずに「指導に生かす評価」を行い「自己調整能力」を働かせ……という具合になります。
 子どもたちは頑張って,とても密度の高い時間を過ごしていました。
 
掲示者: | 2020年 10月 2日 (金曜日) 13時13分

2020年 10月 1日 (木曜日)

.学校: 水の学習〜4年生 社会科

 横須賀市の上下水道局からゲストティーチャーをお招きして,社会科の学習を行いました。
 コロナ禍の影響で,校外の施設見学が思うようにできないため(昨年は「ダム」まで遡って見学),今年度はこのような形態の学習に代えています。
 授業はレクチャーと実験の2パートに分かれて実施していただきました。
 体育館はレクチャー編。たくさんのスライドを使って,市の上下水道事業のあらましを説明していただきました。
 理科室では浄水の仕組みを学びながらの実験を行いました。ペットボトル内につくった泥交じりの「汚水」に,凝集剤のPAC(ポリ塩化アルミニウム)を加え,泥の粒子を凝集,沈殿させる過程を体験。ボトルを激しく振ったり緩やかに撹拌したりしていくと……
「おっ,スゲッ,ツブツブが大きくなった!」「だんだん沈んでくよ……」あれこれつぶやきながら,水の変化を細かく観察していました。
 上下水道局の皆様,貴重な体験をさせていただきありがとうございました。
「水道の水がそのまま飲める国,日本」……これからきっと,水道水がより“ありがたく”“おいしく”感じられるようになると思います。
 
掲示者: | 2020年 10月 1日 (木曜日) 9時27分

2020年 9月 30日 (水曜日)

.学校: スク・コミ打ち合わせ会

 第3回スクール・コミュニティ役員会を開催しました。
 今回の協議内容は,今後の周知活動等(全戸配布用のチラシ編集発行予定)について。
 『スクコミだより』第1号は町内会・自治会のご協力をいただき,地域のご家庭にお届けいたします。
 
掲示者: | 2020年 9月 30日 (水曜日) 16時37分

2020年 9月 29日 (火曜日)

.学校: コロナ禍下の半年をふり返って

 本校では,授業の進み具合に合わせて本来の意味の学期(=学習活動の区切り)を設定し直し,10月末までを前期相当とします。とはいうものの,春の臨時休業入りから概ね半年が過ぎました。この節目に,この7か月をふり返ってみました。
---------------------------------------------
● 実態に合わせて「実(じつ)」を取る
 本校では“コロナ禍”対応をするに当たって常に意を用いていたことがあります。対応に当たってはムダ,ムラ,ムリを排して柔軟に考え“実”を取るということです。とはいっても,初めから確信をもって,そういう方針を打ち立てていたわけではありません。行政からの急な要請や指示を受けて少しばかり慌ててしまった局面もありました。
 そんな中にありながらも,概ね落ち着いた対応ができたのは,むしろ,コロナ禍以前までに積み上げてきた学校運営上の考え方(カリキュラム・マネジメントと一体化した働き方改革)があって,それをベースにして,不測の事態に対応することができていたからかも知れません。図らずも,コロナ禍という“黒船”との遭遇が,懸案であった教育活動の改善を加速させることになりました。
 冒頭で触れた「学期」のとらえ方や運動会等,年間計画の大枠にかかわることをはじめ,授業の一単位時間の柔軟な設定(40-45分)等,日々の生活の細々したことに至るまで,職員全員があれこれ知恵を絞りながら検討を進め,対応してきました。

● 保護者,地域の皆様のご理解に感謝
 6月の学校再開に当たって教育行政は「ゼロリスクは困難」であるという前提を示していました。また,児童を登校させて教育活動を進めるからには,感染リスクを100%回避することはできない,でも,第一に守るべきは人命であり,できる限りの感染防止策を講じて日々の指導に当たらなければならない,とも。
 この最優先課題を達成しつつ,“実”を取る形で教育活動を円滑に進める上で,大変有り難く思っていたことがあります。保護者や地域の皆様のご理解とご協力です。
 コロナ禍にいたずらに不安を覚え過敏になってしまい,「ゼロリスク」を求める声が多くあがると,勢い,学校の教育活動は委縮してしまいします。消毒作業などの感染防止策に費やす時間と労力が過度に増えれば,教員の本来業務である授業準備等を圧迫します。8月半ばに話題になったような,“「#先生死ぬかも」というハッシュタグのTwitterトレンド入り”,のような事態も招きかねません。
 このようなこともなく,本校の教育活動を落ち着いて見守り,支えてくださったことに,この場をお借りして改めてお礼を申し上げます。

● コロナ禍を乗り切るための支柱
 コロナ禍対応を進めるうえでいくつか参考にした言説があります。いずれも,「学校の新しい生活様式」や「コロナいじめ・差別の防止」について多くの示唆を含むものです。いくつか引用します。
★ 文中のQRコードは記事の掲載元ではなく,関連情報を提供しているWebサイトです。

『CP定着に警戒』 斎藤 環(筑波大・精神科医)6/1付 読売新聞 他
 “CP”というのは「コロナ・ピューリタニズム」のこと。臨時休業のさなか,5月ごろに顕著だった「自粛警察」のような動きを見て,禁欲的なピューリタニズム(清教徒主義)を連想した斎藤氏が名付けたものです。氏によれば……
清潔主義が道徳と結びつくような現象が,特に日本ではエスカレートしやすい。同調圧力の下で誰かを罰したくなる
 ……ということです。これを学校に当てはめてみると,白黒をはっきりさせ過ぎることが,そこから“はずれて”しまう児童を浮き立たせ,差別やいじめを誘発してしまう,ということが懸念されます。職員にはこの言説に基づいてこんなことを伝えました。「だから……,神経質になりすぎて過度な指導をすることがないように,あるいは知らず知らずのうちにそう促してしまう(ヒドゥンカリキュラムの形成)ことのないように……注意しましょう」

『「学校の新しい生活様式」を作り直す−過剰な「感染症対策」で疲弊する前に』
磯野真穂(医療人類学者) 『教職研修』9月号
 まずは磯野氏,行政が進める「新しい生活様式」への違和感からこう断じています……
ある方向から「命」を守ろうとしても,それが副次的に「命」を大切にしない効果をもたらしている
 コロナ禍に直面した日本の人々の慎ましい対応を評価しつつも,全体主義的な怖さにも言及する中で,学校はどうあるべきか……
学校という場の重要な役割は「余白」をつくり出すこと
 それを踏まえると……
私語を慎むようにといった感染症対策は,学校という場の最大の強みを奪い去っているように見えてしまう
 学校の先生たちへのメッセージを……
(感染症対策ですり減ってしまう)先生方の消耗は,おのずから子供たちに影響を与える
先生方にはぜひ,学校の「余白」を,それぞれの役割と立場から守り抜いていただきたい
 本校職員の感覚もほぼこれに沿うものでした。その後ろ盾をいただけたようで大変心強く思いました。

『「コロナいじめ・差別」の社会心理−なぜ,人は「われわれ」と「彼ら」をつくるのか?』
北村英哉(東洋大・社会心理学者)
『教職研修』10月号
 偏見や差別をひき起こすメカニズムについて詳説しながら,学校教育に視点を移す形でインタビューに答えています。「いじめはいけないこと」「差別はダメだ」と教えるだけでは100%の解決にはならない,とした上で……
心理学の知見からいえば,子供はむしろ“意図的”に教えられることよりも,「大人の振る舞い」から多くを学んでいる
 児童同士のいさかいの仲裁方法はどうか,えこひいきはないか,大人同士がいがみ合っていないか,大人がいじめをしていないか。私たちの悪気ない行動こそが「象徴的排除」につながっているかもしれない……,そんな自問と自省をし続けることが大切だ,ということです。
 市内の学校から感染児童が出始めた夏休み前後,教育委員会はその都度「プライバシー保護」や「人権尊重」に係るメッセージを発信しました。こうした“意図的”な働きかけもさることながら,日々の,われわれ「大人の振る舞い」にこそ目を向ける必要がある。北村氏の言説からは,そんな示唆をいただくことができました。
------------------------------------
 コロナ禍下,まだまだ先の見えない日々が続きそうですが,どのような状況に直面しても,適切な対応ができるよう,努めてまいります。



掲示者: | 2020年 9月 29日 (火曜日) 16時16分

2020年 9月 29日 (火曜日)

.学校: カリ・マネと一体化した働き方改革−

 コロナ禍に見舞われさえしなければ,新学習指導要領下での「カリキュラム・マネジメント」と「働き方改革」の推進に専念できたのに……。そんなボヤキがあちこちで聞かれます。「カリ・マネ」については「教育課程の編成見直し」(=コロナ禍下での授業時数不足克服方略)情報として,これまでも様々,報告させていただきました(保護者限定サイトで)。
 一方の「働き方改革」はどのように進めているのか……以下,簡単にレポートします。

今年も 先生が,足りない
 昨年度は2名の教員未配置があり,「馬堀小では監督までもがバッターボックスに立っている」と揶揄されるほどでした。今年も現時点で1名の教員が未配置です。15人制のラグビーを14人で戦っている状態に近いものがあります。人の穴が開いても指導には穴が開かないように,様々な形でこれを補っています。

仕事に「リミッター」をかける
 人の不足を補うためのゆとりを生み出す目的もあり,勤務負担の軽減を進めています。その方策の一つがこれです。「リミッター」というのは,スピードが出すぎたりマシン自体を痛めたりしないように,エンジンの回転数を一定程度に抑える装置のこと。
 様々な言説で指摘されているように,学校の先生には,“児童のため”なら時間と労力を際限なく注いでしまう傾向が顕著です。なので強制的にリミッターをかけるくらいでないと,働き過ぎを抑制できません。そこからこんな発想が生まれました。

例えば,『学級通信』
 知らぬ間に高くなりすぎてしまった勤務負担という“山”を少しでも低くするためには,積もってしまった“塵(ちり)”を一つ一つ取り除いていかなければなりません。学級(学年)ごとに発行する『お便り』等の簡略化がその一例です。昨年度までは学級の様子を詳しくお伝えするケースもありましたが,今年度からは「次週の時間割のお知らせだけをする」というリミッターをかけました(コロナ禍により10月から本格実施)。それを補うために学校Webサイトからの情報提供を一層,充実させたり,月の行事予定表を一括配布したりすることも行っています。

出退勤記録をきちんと残して
 春の臨時休業中にワンタッチで出退勤記録を残すシステムを導入しました。教員には残業制度がないため“勤務時間”の意識が曖昧になりがちです。システム導入のねらいは,量より質を追求するために意識改革を促すことです。これに伴って,横須賀市教育委員会は全市的に夜間の電話対応を控えていただく,というリミッターをかけることにしました。
   *   *   *
 今後も本当の意味で‘子供のため’になる教育活動を展開できるよう,働き方改革の取組を進めてまいります。

●関連情報
日本中の先生たち Be Happy! (Yahooニュース)
妹尾昌俊(市教育委員会「働き方改革教育フォーラム2019」コーディネーター)
https://news.yahoo.co.jp/byline/senoomasatoshi/

平成31年1月25日 中央教育審議会
『新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について(答申)』
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/079/sonota/1412985.htm

横須賀市 教職員の働き方改革の方針
「〜量から質へ〜『横須賀スクール スマイルプラン』」
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/8115/hatarakikata.html

政府インターネットテレビ
未来を担う子供たちのために 学校の先生も働き方改革
https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg18369.html
 
●関連する過去の記事
カリキュラム・マネジメント(カリ・マネ)と働き方改革
(2019/10/21)
http://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=36598&caldate=2019-10-1&schid=32&block=

働き方改革『答申』を読んで(2019/1/31)
http://schoolnet.edu.city.yokosuka.kanagawa.jp/schoolnet/ictea-gw/modules/ictea_jblog/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=32642&caldate=2019-1-31&schid=32&block=

 
掲示者: | 2020年 9月 29日 (火曜日) 9時21分

2020年 9月 28日 (月曜日)

.学校: 新献立「ガパオライス」

 今日の給食は新しい献立,ガパオライスでした。以下,健康委員会の放送原稿から。

ガパオライスはタイの料理で,日本のカレーライスのように普段から普通に食べられているものです。名前の由来はガパオというシソの仲間のハーブを使ったご飯という意味です。今日の給食ではガパオの代わりにバジルを使っています。少し甘くて,辛い料理です。

 5校時の5年生社会の授業では間髪を入れずに,今日の給食に関連した授業を行いました。いつも食べている食材はどこから供給されているのか……。スーパーのチラシを手掛かりにして産地を「見える化」するなど,実社会に即した学習を進めました。
 これもまた,カリキュラム・マネジメントの一様相といえます。
 
掲示者: | 2020年 9月 28日 (月曜日) 13時55分

2020年 9月 25日 (金曜日)

.学校: シルバーウィークの谷間,でしたが

 4連休明けに加えて台風接近,シルバーウィーク谷間の3日間という,普通に考えれば気分が乗らないかもしれない(オトナだけ?)週に当たりましたが,児童の皆さんは熱心に授業に参加していました。

 先生たちも様々な指導の工夫をしています。上段左から順に……
 プログラミング的思考を位置付けた「掃除の仕方を工夫しよう」/新しい素材へのチャレンジ(図工 液体粘土),教科書とスライドをリンクさせた3年生算数図形の学習/4年国語-紙上の役割演技(ロールプレイ)
 前の時間の板書(児童の発言記録)をタブレットで確認しながらの授業,PC室で調べ学習(日本文化〜和菓子),家庭科の実習後の振り返りも入念に,ショートコンテンツを活用したインタラクティブな外国語(英語)授業……

 教室をひと回りしただけですが,もうすぐ秋本番,残暑から解放されて,落ち着いて学習活動に取り組む姿に触れることができました。
 
掲示者: | 2020年 9月 25日 (金曜日) 12時29分

2020年 9月 23日 (水曜日)

.学校: 上田薫 展〜横須賀美術館

 以前お知らせした標記の展覧会に行きました。
 作家の青年期から現在までの歩みをたどりながら,その作品群を鑑賞しました。
 表現者魂を少しばかり刺激されつつ,折に触れて本物と向き合うというのは大切なことだな……と,改めて思いました。
 
●横須賀美術館
ただひたすら、リアルに描く
上田 薫 展
2020年11月3日(火・祝)まで
https://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/kikaku/2002.html
 
掲示者: | 2020年 9月 23日 (水曜日) 12時29分

2020年 9月 15日 (火曜日)

.学校: 市の学力学習状況調査(3〜6年生 国語・算数)

 例年であれば国の調査と並行して春に実施していますが,今年度はコロナ禍のため国の調査は中止。市の調査は時期を変えて9月実施になりました。
 調査の準備をしながらの先生たちのつぶやき……
「これ,問題の意味わかるかなぁ……。読み取るところからがたいへんかも」
「一つの問題が長いから,ちゃんと文脈をたどった思考が続くかどうか……」
 確かに,『表紙』の注意事項からして,ちょっと難しい言い回しかもしれないな……。と思ってしまいました。
 先生たちの“直感”もさることながら,数年前から子供たちの「読解力」(ここではPISA型ではなく普通の基礎的・汎用的な)がどうも身に付いていないらしいという言説が流れており,様々な側面からの結果分析が必要かもしれない,と思っています。
 中休みを挟んでの2教科調査。お疲れさまでした。

一般社団法人 教育のための科学研究所
あなたのお子さんは、教科書に書かれている文章を正しく読めていますか?
https://www.s4e.jp/about-s4e

 
掲示者: | 2020年 9月 15日 (火曜日) 16時07分

2020年 9月 15日 (火曜日)

.学校: 第2回 クラブ活動

 7月末の顔合わせ会に続き,今日から本格的な活動が始まりました。と同時に,早くも,クラブごとの卒業アルバム用写真の撮影も行いました。
 例年に比べて回数は少なくなってしまいましたが,楽しく活動できるとよいな……と思います。
 
[R2開設クラブ]
ボール/卓球・バドミントン/テニス/陸上/ゲーム/工作・イラスト/手芸
 
掲示者: | 2020年 9月 15日 (火曜日) 14時58分

2020年 9月 11日 (金曜日)

.学校: もう9月だけど〜もう少し

 今週に入ってから熱中症計の値も落ち着いてきて,安心して外遊びができるようになりました。
 でもまだまだ油断はできません。本校の体育館は東西に面した下窓しかなく,2面を校舎と裏山でふさがれているため夏場の南風が通りにくくなります。大型扇風機を設置するなどして体育の時間等の熱中症対策をしています。
 今日の給食は昨年に引き続き,ゴロゴロ肉野菜のベイスターズ・カレー。しっかり食べてたくさん遊んで,行く夏を乗り切りましょう。
 
掲示者: | 2020年 9月 11日 (金曜日) 11時36分