2020年 11月 18日 (水曜日)

.学校: 図書委員からのおすすめ本

 児童の図書委員会では,秋の読書キャンペーンを進めています。以下,本日のお昼の放送原稿より……

 図書委員会では,秋の読書週間に合わせて,みんなに本を読んでもらうため,今週と来週のお昼の放送で,おすすめの本を紹介しています。まず……今日のおすすめの本は,次の通り(いずれも5年生の委員の皆さんのおススメです)。

『今日からは,あなたの盲導犬』
 盲導犬は,目の見えない人が安全に歩くために助ける犬です。これはよーく読むとわかります。盲導犬が訓練をして,目の見えない人を助けて成長していくお話です。ぜひ読んでください。

『名探偵コナン 昆虫の謎』
 僕がおすすめする本は『名探偵コナン 昆虫の謎』です!! この本の魅力は,「名探偵コナン」と「昆虫」がコラボしていて,昆虫の “魅力”などが載っていることです。この本のいいところは昆虫が苦手な人も読めることです。この本はワクワクドキドキするので,是非読んでください。

『5秒後に意外な結末〜ミノタウロスの青い迷宮
 この本はシリーズものなのですが,その中で一番面白いです。そして,ふりがながふってあるので読みやすいです。分厚く見えますが,意外と文章は少ないので,スラスラと読めます。絵がたくさんかいてあります。読むとハマるので,是非,読んでみてください。

この後,これらの紹介カードは掲示して皆さんにお知らせします。
  
掲示者: | 2020年 11月 18日 (水曜日) 12時54分

2020年 11月 18日 (水曜日)

.学校: 朝のラジオ体操

寒さとコロナに負けない体づくりをしよう!
という目的で,体育委員の皆さんによる企画,朝の(テレビだけど)ラジオ体操キャンペーンをしています。
朝の会の前のほんのひとときですが,皆さん,元気に取り組んでいます。きっと血の巡りも頭の巡りもよくなって,素敵な一日を過ごすことができると思います。
 
掲示者: | 2020年 11月 18日 (水曜日) 12時33分

2020年 11月 13日 (金曜日)

.学校: 障がいって何だろう(4年 総合)

 4年生の総合的な学習の時間では「福祉」をテーマとした学習を進めています。今日はゲストティーチャーをお招きして,体験的な学習を行いました。
 これまで進めてきた調べ学習を踏まえて……もし視覚,聴覚,肢体の機能などが失われたら……?,そのような方々から直接お話を伺い,そのお気持ちに触れながら,模擬体験をしました。様々な形で学びが深まったと思います。
 ご指導下さったゲストティーチャーの皆様,招聘に当たり様々ご手配いただいた神奈川県障害者社会参加推進センターの皆様,貴重な機会をいただきありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
 
掲示者: | 2020年 11月 13日 (金曜日) 13時45分

2020年 11月 13日 (金曜日)

.学校: 焼き芋の会(5年総合)

 総合的な学習の時間の取組の中で,焼き芋をしました。様々な体験的活動を織り込みながら学習を進めてきて,おいしい学習成果を味わいました。
 13年前に「おやじの会」の皆様が作ってくださった常設のかまどに火を入れて(スーパーバイザーはアウトドアの達人,用務員さん)熾火を作りお芋を投入……。
 穏やかな日差しのもとで子らと芋を焼き,マスクに残るイブ臭さが,なんと愛おしいことよ……一句できそうで,できません(笑)

 「焚火を囲む会」(主催:馬堀小学校区地域づくり協議会)はここ2年ほど,雨やコロナ禍に見舞われてしまい思うように開催できませんでしたが,今年度は実施予定です。様々な機会にこういう経験を積み重ねることができるとよいな,と思います。(『スクール・コミュニティーだよりvol.3 12月号』でもお知らせがあります)
 
掲示者: | 2020年 11月 13日 (金曜日) 13時43分

2020年 11月 12日 (木曜日)

.学校: 2020マボリンピック開催

 高学年運動会「2020マボリンピック」を開催しました。各学年の皆さんが掲げた「めあて」は以下の通り。
●6年
・6年生として,行事運営の手本となる行動をしよう。
・仲間と協力して力いっぱい運動する。
●5年
・本来,運動会を実施して身に付けるべきだった力を身に付ける。
・高学年としての行事運営の仕方について学ぶ!
・力いっぱい運動する楽しさを味わえるようにする!

 ちょっぴり日差しが恋しくなるようなお天気のもとでしたが,「スラムダンク」と「ラグビー日本」にちなんだスローガンのもと,皆さん元気に競技や応援に取り組んでいました。例年のような運動会は開催できませんでしたが,児童の皆さん一人一人が「めあて」を達成することができたと思います。
 6年生の皆さん,とても頼もしかったです。5年生の皆さん,来年もよろしく!
 
掲示者: | 2020年 11月 12日 (木曜日) 11時21分

2020年 11月 4日 (水曜日)

.学校: 読書週間〜11/9(月)まで

 もっとずっと先かな、と思っていた読書週間に入りました。全国的には週明けまでが今年度の読書週間に位置付けられています。本校の学校図書館利用状況はどうなっているのか……。図書館司書の先生に取材しました。
●低学年 
→国語の授業や余剰時間等で図書館を利用する機会(読みたい本選びと「借り出し」体験)を設けているため、稼働率はとても高くなっています。確かに低学年向けのコーナーには代本板がたくさん挟まっています(写真中段左)。低学年は授業時間数のノルマがきつくないので、学級単位で活用できる時間的余裕がたくさんあるのです。
●中〜高学年
→学級単位等、授業での利用機会が減るにつれて、稼働率は低くなっていきます。リピーターは定着していきますが,その一方で、そうでない人とのギャップが開きます。リピーターには、お友だちと連れ添って来館する児童が多いとのことです。ただ……
 クラス替えがあって、読書仲間が離ればなれになってしまうと、お友だちと誘い合って図書館に足を向けることが少なくなってしまう、ということでした。
●先生たち
→「本を読みましょう!」と子供たちに盛んに言っている、当の先生たちの読書状況はどうなっているかというと……。
 昨年度から職員室や校長室の一角を図書コーナーにして、月刊誌(3誌を定期講読)から単行本まで様々な本を置いています。教材研究や学校研究に直結する研究図書の類いはもちろん、社会に開かれた教育課程実現のために必要な、今日的な情報や幅広い教養を身に付けるための書籍を豊富に揃えています。
 とは言っても、学級担任や授業を担当している先生たちが、これらを手にとって読む時間を確保するのはとても大変なことです。なので、様々な工夫をしています。例えば……
  最初に読んだ人は気になったところや共有したいページに付箋を挟む(傍線を引いても書き込みしてもOK)→ 職員室内でクチコミする→ 時間がなくても次に読む人は拾い読みができる……という具合。年度始め、臨時休校中は比較的まとまった時間をとることができたので、この’’リモート輪読”が結構、進みました。
 
 図書館の貸し出しスケジュールは毎月、児童の図書委員会を通じてお知らせしています。学校図書館という“宝の山”を有効に活用しましょう。
  
掲示者: | 2020年 11月 4日 (水曜日) 14時11分

2020年 10月 30日 (金曜日)

.学校: 葉山牛の牛丼

 本日の給食メインディッシュは,「葉山牛の牛丼」でした。以下,いつものように健康委員会の放送原稿より……。

 今日の牛丼で使っている牛肉は,葉山牛です。葉山牛という名前の牛にはいくつかの決まりごとがあります。
 例えば,育てる場所や期間,餌となる食べ物は決められています。薬を飲ませたらきちんと記録しておかなければいけません。一頭一頭,大切に育てられて出荷する場所も決められています。その結果,農林水産大臣賞を5年連続で獲得しています。
 今日は,そんな大切な葉山牛を酪農組合の人がプレゼントしてくださいました。

関連情報
●朝日新聞DIGITAL
給食に葉山牛や三崎マグロ 県産品の生産者を支援
https://www.asahi.com/articles/ASNB26VVJN9ZULOB001.html
 
掲示者: | 2020年 10月 30日 (金曜日) 13時24分

2020年 10月 29日 (木曜日)

.学校: 6年 シーパラへ〜修学旅行代替行事 第1弾

 好天に恵まれて,修学旅行代替行事の第1弾を無事に催行することができました。
 まずは,団体としてパラダイスへの「入場資格」を得られるように,全員の検温を入念に行ってから出発。
 シーパラダイスでは,みんなとても楽しそうで,何度も同じ乗り物に乗って笑っている姿や,楽しそうに島内を歩いている姿を見ることができました。
 
掲示者: | 2020年 10月 29日 (木曜日) 11時54分

2020年 10月 28日 (水曜日)

.学校: 小中一貫の日

 今年度初めての、馬堀中学校ブロック(望洋、馬堀、走水小学校)の小中一貫教育研究会を開催しました。本来なら春秋冬と年3回予定されているのですが、コロナ禍のため、1回目はキャンセル。2回目の今回はリモートで行いました。といってもZoom等を介してリアルタイムにやり取りをするのではなく、ビデオレター方式でメッセージを送り合うという、原始的な方法です。双方的なやり取りのある会議というよりは、一方向的な「連絡会」のようなもの。これが横須賀市立小中学校のICT環境の現状です。(11/6に初めてのcromebookが1台、納品予定)
 協議内容は道徳教育を軸にしていた昨年度までとは異なり、生活指導関連の指導の系統性について、改めて確認を行いました。これは5年ほど前にも扱っていたテーマですが、その後、各校とも先生たちの顔ぶれが大きく変わったため、再度の確認を行う必要が生じたからです。
 協議内容は今後の児童・生徒指導に反映されていきます。
 
掲示者: | 2020年 10月 28日 (水曜日) 11時57分

2020年 10月 23日 (金曜日)

.学校: 主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)って?

 「主体的・対話的で深い……」の方は,このサイトでもたびたび登場させましたが,これとセットで示されることのある「(アクティブ・ラーニング)」(以下「AL」)の方は,あまり前面に出してきませんでした。
 文部科学省の方でも,カタカナ言葉の採用には慎重な立場をとるため,この「AL」の方は表に出したり引っ込めたりしながら,新学習指導要領の告示を迎えた経緯があります。
 本文からは姿を消したものの,『総則』の解説編や水色に黄色い鳥があしらわれた周知パンフレット(写真)では( )に収めて添えられる形で落ち着きました。
 「AL」はもともと,講義中の大学の学生たちに居眠りをさせないために,主体的に参画させるノウハウを検討する中で生まれた発想です。さすがに小学校で居眠りをしている児童はそんなにいるわけもなく(ゼロではありませんが),小学生にとっての「主体的・対話的で……」ってどういうこと? というようなことを考えながら教室を回っています。
 写真を左上からたどっていくだけでも……作業を伴う学習(1年算数),表現活動(2年音楽),映像上でシミュレーションしながらの学習(3年算数),話し合い(5年道徳),発想構想のひと時(6年図工),観察実験(5年理科),学習成果の共有(6年算数)……という具合に,もちろん居眠りなどする暇もなく「主体的・対話的」な学習が展開されています。
 あとは,これに「深い学び」がどう伴うか……ということになります。これには,学習内容が本当の意味で「自分ごと」になっていかなければならないのだろうな……と思います。すでにそうなっているケースも,もちろんあるのですが。
 「深い学び」と「自分ごと」についてはまた改めて,話題にしていきます。
  
掲示者: | 2020年 10月 23日 (金曜日) 14時21分

2020年 10月 22日 (木曜日)

.学校: ポンポン船をつくろう!〜4くみ特別授業

 東京工業大学のOBの皆さんが主宰する「蔵前工業会」(蔵前理科教室ふしぎ不思議)からゲストティーチャーをお招きして,ポンポン船づくりの授業をしていただきました。招聘の仲介をして下さったのは,神奈川県立産業技術総合研究所の方々です。
 図工として楽しいのはもちろん,理科的な見方・考え方を働かせても驚きや???の多い仕組みで走る,船の工作題材を指導していただきました。教室をのぞいてみると……。
 皆さん,牛乳パックを設計図通りに組み立てているまっ最中。材料を切ったり折ったり曲げたしていくと……見事な船体が出来上がります。そこにアルミ製のパイプでできたユニットを搭載。これがどう働いて推進力を生み出すのか……。
 固形アルコール燃料に点火して特設プールに浮かべてみると,アルミパイプから勢いよく蒸気を噴き出して走り始めました。「うぉー!」「スゲッ,はやぇっ……」感動と驚きと興奮と……の声が上がりました。
 楽しい授業をしていただき,ありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
 
掲示者: | 2020年 10月 22日 (木曜日) 15時34分

2020年 10月 21日 (水曜日)

.学校: 6年-星空観察会実地踏査

 講師の先生においでいただき,「星空観察会」に向けた実地調査と研修会を行いました。
 薄暮の中,屋上に天体望遠鏡をセットし,星々が姿を現すのを待ちます(このひと時がすでに贅沢!)。
 今日の月は月齢4.3。ちょっぴりシャープさが和らいできた,イイ感じの三日月です。待ちきれなくなって照準を合わせ,望遠鏡に“入れて”(星の方たちは,照準を合わせて望遠鏡で観測できるようにすることを「○○星,入りました」みたいに表現します。そこからすでに別世界!)みると……。こんな感じ。先生たち,立場を忘れて子どものように感動の声を上げていました。
 この後,少しずつ姿を現す星々を確認しながら当日の流れを確認しました。どんな星が見えたか……それは当日のお楽しみ!

待ちきれない人は……
●国立天文台暦計算室
「今日のほしぞら」
までどうぞ
https://eco.mtk.nao.ac.jp/cgi-bin/koyomi/skymap.cgi
 
掲示者: | 2020年 10月 21日 (水曜日) 13時41分

2020年 10月 16日 (金曜日)

.学校: 内科検診〜半年延期して実施

 例年ならば4〜6月に実施している各種検診。コロナ禍の影響で変更を余儀なくされてしまい,校医の先生方との日程調整の上,今の時期に実施しています。
 今日は内科検診の高学年(4〜6年)の部を実施。みなさん,物音一つ立てずに,きちんと間隔をあけて廊下に整列し,順番待ちをしていました。こういうところ,みんなえらいなぁ……。(写真は4・5年生)
 
掲示者: | 2020年 10月 16日 (金曜日) 13時52分

2020年 10月 14日 (水曜日)

.学校: All in English Hour〜5・6年外国語

 5・6年生合同の外国語科授業を行いました。内容は,6年生がグループごとにつくったクイズを英語で出題し,5年生がそれに答えるというものです。
 6年生の皆さんは国語科(『鳥獣戯画』を読む〜日本文化を発信しよう)で学習した日本文化にまつわるあれこれから題材(答えとなる事柄)を選び,それを示すヒントをいくつか英語で表現します。英語以外で使ってよいのは簡単なジェスチャーとイラストだけ。普段から普通に親しんでいる日本の文化を説明するために,あれこれ苦労して調べ,ヒントを作りました。

You can take a bath.(ふむふむ)
You can drink milk.(???)
You can put on YUKATA.(そうきたか)
It's in Japanese style hotel.(なーるほど)

 答えは「温泉」。湯上りの一杯はやっぱり牛乳でしょ!……確かにねぇ……。という具合です。
 5年生は6年生のグループを順番に回り,先輩のヒント(もちろんAll in English)をよーく聞いてクイズに回答していきます。「日本文化」という共通点は知らされていません。

 初めのうちはお互い緊張していましたが,パートナーとなるグループが入れ替わるたびに,6年生チームは発音やキーワードの強調など,説明の仕方を工夫してスキルアップ。5年生も,ポイントを必死に聞き取ったり,バラバラな情報のつなぎ合わせを相談したりしながらクイズを楽しみ始めました。
 最後に答え合わせをして,「日本文化」という共通テーマを解き明かしました。

 この授業は国語科や異学年交流(特別活動)等と合わせて,教科横断的な位置づけにしています。これもまた,カリ・マネの一様相,ということになります。
 
掲示者: | 2020年 10月 14日 (水曜日) 15時15分

2020年 10月 13日 (火曜日)

.学校: 「Mabori〜エンジョイ・スマイル・チャレンジ」提案会(6年 総合)

 6年生が総合的な学習の時間で取り組んでいる,標記の学習(学校生活を豊かにするためのプロジェクト学習)で,チームごとに考えたアイデアの提案会を行いました。
 お招きしたのは「馬堀小学校区地域づくり協議会」の皆様です。スク・コミ事業でお世話になっている市の職員の皆様も駆けつけてくださいました。
 発表形式は「ポスターセッション」としました。これは,チームごとに設営したブースを,お客様が自由に巡って,掲示された資料(ポスター)などを見ながらプレゼンテーションを聞くというスタイルです。辻説法ならぬ,“辻プレゼンテーション”のようなものになります。
 あらかじめ用意した資料(読み原稿)による発表に加えて,ミニ質疑応答コーナーもあるため,児童の皆さんにはかなり密度の高いコミュニケーション能力が求められます。

 いくつかのチームを回ってみると……。
 自分たちで考えた企画を実現するために入念なリサーチを行い,人,モノ,お金から始まって,環境問題,地域連携,作業の段取りに至るまで,様々な条件を考え合わせながら,調査研究をしてきた様子がうかがわれました。それほど緊張している様子も見られず,自信をもって発表や受け答えをしていました。
 ご参会いただいた皆様は,年齢層もこれまで積み上げてこられたキャリアも様々です。それぞれのお立場からご質問やご意見等をいただき,その都度,チームのメンバーが説明を加えていました。ポスターを見ながらお客様と一緒に考えをめぐらす場面も……。
 ポスターセッションでは,数回にわたって“出番”が回ってきます。改善しながら発表を繰り返すうちに,知らず知らずのうちにスキルが向上していくという利点もあります。
 「こういうスキルが社会に出てから役立つんですよね。チームで企画立案したりプレゼンしたりする機会とか……たくさんありますからね」(お客様のつぶやき)

 この後,児童の皆さんは振り返りとまとめを行います。“もしかしたら”プロジェクトの実現に向けた動きが始まるかもしれません。せっかくなので,事後報告はこの場(Web上)で発信してもらおうかな(笑)。
 ご参会いただいた皆様,ありがとうございました。

[各チームのテーマ]
ゴミのある学校かゴミのない学校か / 花を植えましょう大作戦 / かべをきれいにしよう / きれいにしていっぱい遊ぼう / DIY改革 / 自分がすすんでいきたくなる学校へ / たんぽぽ広場をかえよう-1 / たんぽぽ広場をかえよう-2 / 安全,安心できる学校へ
 
掲示者: | 2020年 10月 13日 (火曜日) 13時10分

2020年 10月 12日 (月曜日)

.学校: 月曜日のスケッチ

 今日は中休みを挟んで教室を回りました。週明けの月曜日午前中,皆さんの様子はどうかな?……と。
 台風がUターンするように南下して風のおさまった中休みのグランドは,外遊びの児童でいっぱいです。そんな中,鉄棒の周辺に体操服姿で集まっていたのは3年生の皆さん。次の体育の時間に向けてそれぞれの課題を練習していました。「今のうちにできるようにしておかないと,学年が上がってからだと,難しくなるんですよね……体が大きくなるし」担任の先生が解説してくれました。(写真左上)
 6年生は再来週の校外学習に向けたバスの席決めをしていました。学校の時間はいつも駆け足です。早くも卒業に向けて折り返し地点の廻航を迎えた感があります。(右上)
 2年生と5年生の算数ではちょうど,図形の単元を学習中。2年生でみつけた「直角」が,3年後にはこんな風にして三角形の学習につながっていくんだな……。学習指導要領のページを頭の中でめくりながら,おさらいしてしまいました。(左下)
 あちこちから集めてきた,様々な秋が早くも廊下ギャラリーを彩り始めました。(右下)
 
 
掲示者: | 2020年 10月 12日 (月曜日) 8時43分