2019年 6月 18日 (火曜日)

.学校: まぼりっ子祭り 開催

 新学期から少しずつ、様々な機会を利用して準備を進めてきた「まぼりっ子祭り」を開催しました。
 体育館や空き教室等に、縦割り班ごとに企画運営する「お店」を開店。お互いのお店をスタンプラリー方式で回りながら、様々なゲームを楽しむ企画です。
 それぞれのお店は、すでに学校に「あるもの」をうまく利用した工夫に満ちたもので、縦割りペアの皆さんはそれぞれにお店を回って、楽しそうにゲームに参加していました。
「いらっしゃいませー!」
「うわぁ、行列ができたよ!」
「この(輪ゴム)鉄砲は、縦割りペアのおにいさんといっしょにつくったんだぁ」
「(受け付け用スタンプも)消しゴムで手作りしました」
……子供たちの様ざまな声を聞かせてもらいました。

●新学習指導要領上の位置付け
(4) 特別活動で育成を目指す資質・能力

  崔亮欝擇啜伺宗焚燭鮹里辰討い襪,何ができるか)」
 多様な他者と協働する様々な集団活動の意義や活動をする上で必要となることについて理解し,行動の仕方を身に付けるようにする。
[関連事項]
(児童会活動の目標)
 異年齢の児童同士で協力し,学校生活の充実と向上を図るための諸問題の解決に向けて,計画を立て役割を分担し,協力して運営することに自主的,実践的に取り組むことを通して,第1の目標に掲げる資質・能力を育成することを目指す。
(学校行事の目標)
 全校又は学年の児童で協力し,よりよい学校生活を築くための体験的な活動を通して,集団への所属感や連帯感を深め,公共の精神を養いながら,第1の目標に掲げる資質・能力を育成することを目指す。   など

★道徳的な実践の指導を行う重要な機会と場として、学校の教育活動全体を通じて行う道徳教育との関連も図っています。


 
掲示者: 11時08分