津久井小学校 校章

昭和51年12月1日制定

○全体の形は津久井地区の主産物である「みかん」を図案化し,「つくい」の三文字をあしらっている。
○5枚の葉,ならびに黄色は五穀(米・麦・粟・黍・豆)、
五常の教え(仁・義・礼・信)を表現し,豊かな調和のとれた児童の成長、強く、たくましく、実りある将来を祈念している。

津久井小学校 校歌
作詞  大 井 賢 一
作曲  山 本 典 子

朝もや晴れて かもめ舞い
津久井の浜に 潮香満つ
理想は高く   学び舎の
五常の教え  今ここに
われらが津久井小学校


山脈のびて  木々深く
津久井の大地に 心もはずむ
体きたえて  朝夕の
みなぎる力   今ここに
われらが津久井小学校

五穀豊かに 緑もえ
津久井の丘に 風薫る
日ごとの道は 友情の
かわらぬ誓い 今ここに
われらが津久井小学校
われらが津久井小学校