より良い学習環境づくりを進め
生徒の学習基盤を構築し
学力向上に努める

本校の学校教育目標 −健全・勇気・寛容−


1.人間尊重の精神に立ち、豊かな心としなやかさを持つ健全な生徒の育成
2.自らの人生を主体的に切り開いていくことのできる生徒の育成





本年度の重点目標



                          

 


















(1)学力の向上
   〇確かな学力の育成
   ・TT授業の充実       ・基礎基本の定着
   ・普通学級における支援教育のあり方の研究推進
(2)心の成長
    ・道徳教育の充実     ・キャリア教育の充実
    ・ボランティア活動の充実 ・相談活動の充実
(3)仲間との絆
    ・体育祭を通して ・部活動を通して
    ・文化の集いを通して
(4)地域との連携
    ・学校評価の公開(より良い学校づくり)
    ・ふれあい祭りを通して  ・地域活動への参加を通して



 以上の重点目標達成のため、学校長として、これまで継承されている大矢部中学校の学校教育計画、教育目標具現化のための構想図を基本的な学校経営の柱に位置づけて運営にあたっていきたいと考えております。
 また、運営にあたって責任者として大切にしていきたいことは、第一に、大矢部中の生徒たちが安全で安心して生活できる環境整備に努め、学習が保証される楽しくわかる授業の実践並びに友だちと楽しく元気で過ごせる学校を築いていくことを大切にしていきたいと思っております。第二に、地域・保護者の皆さんと、教育の協動者として情報の共有率の高いつながりであること、学校の役割を果たす役割に対して、高い信頼を受けるつながりであっていきたいと思っております。最後になりましたが、本校は地域に開かれ、地域とともに歩む学校づくりを継承していきます。地域行事への参加、地域の方々の多くの教育支援、協力をいただき活動を進めていきたいと思います。
 今年度も、よろしくお願いいたします。


学校長 醍醐 一朗


学校通信