2019年 7月 22日 (月曜日)

.学校: 毎日の時間を大切に〜楽しい夏休みを〜

 先週の最終日の朝会では、夏休みという落し物は、夏が終わると返ってきません、という言葉を伝えました。
 ぜひ夏にしかできないこと、この夏ならでは思い出を作ってほしいと思います。そのために、いくつか児童指導担当からもお話を伝えました。
・出かけるときにはどこへ誰と行くか伝えてください。
・危険な遊びはしません。
・暴飲暴食には注意します。
・熱中症予防も万全に。
などなどまずは、安全で健康な生活を送ってくださいね。そして、計画的に自分の勉強を進めること、たくさんの時間があるからこそ、自分自身で決めて行動することが大切になります。
 夏休みの思い出をたくさん抱えて、8月28日登校しましょう。
  
掲示者: | 2019年 7月 22日 (月曜日) 13時08分

2019年 7月 20日 (土曜日)

.学校: 水の事故にあわない〜着衣水泳〜

 各学年とも、夏休み前に着衣水泳を行っています。今年はあいにくの天候不順が続き、思うように水泳指導ができませんでしたが、最終日の金曜日、薄日が差す中、5,6年生の着衣水泳が行われました。
 専門の講師をお招きして、水際での活動を想定しながら学習を進めました。
 まずは、水に入るときと上がるとき、知らない場所では足がつくかどうかわかりません。突然の大波にさらわれることもあり得ます。しっかりと体を横たわらせて、アザラシのごとく、体を低く保ち行動します。これだけでも身を守ることができる体形ですね。
 また、静かにあお向けになり水面に浮くことも練習しました。最初は少し恐怖がありましたが、こつをつかむと体が簡単に浮くことに驚きです。ペットボトルを使うともっと簡単に浮いていられることも実感できました。
 最後に、もし覚えれている人を見かけたときにすること、それは、大人の人、救助を呼ぶことを教えてもらいました。絶対にしてはいけないこと、それは自ら水の中に入って助けに行くことです。正しい知識も得ることができ、いよいよ本格的な夏を迎えることができます。
  
掲示者: | 2019年 7月 20日 (土曜日) 13時01分

2019年 7月 19日 (金曜日)

.学校: 69日の頑張り〜子どもたちの成長〜

 「204は?」これは一年間の学校の登校日数です。今年の授業日数が204日です。
 「69は?」これは4月から夏休み前までの学校の登校日数です。つまり今までに69日学校で過ごしました。
「312?」これは1年生が69日間で学習した授業時間数です。45分間の授業を312回分も勉強しました。
 全校朝会で子どもたちに紹介した話です。時間を大切に過ごしてきたみんなの春からこの7月までの成長ぶりはとても素敵なものです。ぜひ、この夏休みも自分を磨く、ことばをみがく こころをみがく、夏休みにしてほしいと思います。
 最後にクイズ。なくしてしまうともう二度と返らないものは?正解は「この夏休み」この夏にしか味わえない貴重な時間となることを願っています。
 写真は集会委員や、音楽委員が頑張ってくれた様子です。
  
掲示者: | 2019年 7月 19日 (金曜日) 13時33分

2019年 7月 18日 (木曜日)

.学校: 教室に感謝〜夏休み前大掃除〜

 今年は毎日毎日じめじめとした日が続きます。校舎の中も心なしか湿り気のためか、過ごしにくさも感じますね。
 でも、元気な子どもたちは、普段使っている教室、駆け回っている廊下や階段(もちろん走ってはいけませんが)下駄箱ロッカーなど、汚れをきれいに落としています。
 来る夏休みに向けて、子どもたちで普段よりももっともっと丁寧に掃除を心がける清掃週間を行っています。真っ黒になった雑巾を見せてくれる子。学校の目標、ことばみがき こころみがき・・建物よりも子どもたちの心が磨かれていくようです。
 また、先日はPTAによる学校トイレ清掃活動も実施してくださいました。清掃業者のトイレ清掃だけではなかなか手の届かないところまで、PTAによるお掃除を頂きました。きれいな環境が美しい心を育てていくことにつながります。本当にありがとうございました。
  
掲示者: | 2019年 7月 18日 (木曜日) 13時29分

2019年 7月 16日 (火曜日)

.学校: 給食に感謝!〜おいしいカレーライス〜

 出来立ての給食をおいしく配膳するために、給食調理員さんの活躍は欠かせません。温かいうちに、各階の配膳室へと毎日、調理員さんが運んでくださいます。学校施設上の問題もあり、一部の場所を調理員さんが手作業で食缶を上階にあげてくださっています。それだけでも大変な手間なのに、突如、給食の資材上げ下げ用専門のリフトが故障するという事件が起きてしまいました。
 この日は、献立は夏野菜のカレーライス。そこで、調理員さんを中心に、職員でサラダや、ごはん、カレーの入った食缶を手作業で運ぶことになりました。職員も初めての作業でしたので、改めて日頃の調理員さんの、大変さに気付かされました。
 この夏野菜カレー。神奈川県の食材を使った「かながわ産品学校給食デー」の一環で、お米からお肉、カボチャにナス、トマト、などすべて神奈川のおいしい特産品ばかりでした。一年に一度、提供される、夏野菜カレーライス。今日はみんなの心もこもっていましたから、飛び切りのおいしさのはずだったことでしょう。
  
掲示者: | 2019年 7月 16日 (火曜日) 12時39分