2017年 9月 23日 (土曜日)

.学校: 「命の授業」 講演会

 9月22日(金)6時間目に「命の授業」の講演家である「腰塚(こしづか) 勇人(はやと)」さんに来校していただき講演会を行いました。
 腰塚さんは、元神奈川県公立中学校体育科教諭でしたが、スキーの大事故で全身マヒの体になってしまいました。その後、懸命のリハビリにより社会復帰できるまでに奇跡的に回復。事故をきっかけに人生観も大きくへ変化。現在は、「命の授業」の講演を通して、全国の学校をまわりながら、命の大切さや生きることの素晴らしさを伝えています。
 講演会では、腰塚さんの実体験の様子やそこから感じたことを「5つの誓い」として自分との約束にしたことなど、命の大切さ、生きることの素晴らしさを心を込めて話してくださいました。生徒は、腰塚さんの話を熱心に聞いており、その後、書いた感想では「自分の命を喜ばせる人になりたい」「だれかの役に立つ人間になりたい」と書いている生徒も多く、これからの人生の糧になったことと思います。


 

 
掲示者: 13時08分