横須賀市立横須賀総合高等学校 定時制

 

 〜 お知らせ 〜   

「産業社会と人間」・「総合」週間の報告 こちら

概要
 定時制課程も、全日制課程と同様に単位制の総合学科です。自分の夢の実現に向けて、じっくりと将来を考え、その歩む道筋を調査研究し、自己実現を図っていきます。  前期・後期の2学期制を導入した、3年でも4年でも卒業できる総合学科です。3年間で卒業を希望する生徒は、1時限目から6時限目の授業を履修し、4年間で卒業を希望する生徒は、3時限目から6時限目を履修します。2年次生からは、教養・ビジネス・テクノロジーの3つの系列から自分の将来や進路に必要な科目が選択できます。  人や社会とのかかわりを重視し、心のふれあいを大切にしながら、「自分探し」をするとともに、基礎・基本から学び直しができるのが大きな特色です。生徒の多様な要望に応え、「自らを育てる学び舎」を目指しています。

定時制指導目標
  • 基礎・基本の確実な定着を図ります。
  • コミュニケーション能力を育てます。
  • 自ら課題を見つけ解決する能力を育てます。
  • 人間のあり方を進んで考える態度を養います。
  • 進路を主体的に選択する能力を育てます。
  • 自律心や責任感を養います。

定時制課程平成20年度指導方針

基礎学力を身につけさせる。
  1. 教科指導を充実させる。
    • 授業の目標を明確にし、個に応じた指導をする。
    • 学習方法や学習形態の工夫、教材・教具の工夫など多様な指導方法を生かした授業の展開に努める。
    • わかる喜びのある授業の研究や研修を行う。
    • 各教科の基礎基本を再検討する。
    • 「産社」・「総合」の年間指導計画を卒業まで見通して作成する。
社会性の育成を図る。
  1. 他者の視点に立って、ものごとを考えられる生徒を育成する。
    • 自らの役割に応じた、行動をさせる場面をつくる。         
    • 生徒との対話を通して、教師と生徒の信頼関係を構築する。         
    • 部活動や生徒会活動を通し、生徒の良いところを伸ばす。
    • 他の人を思いやる心を育てる。
  2. 好ましい人間関係の形成を図る。
    • 自分を大切にさせる。
    • 自らの意思を他の人にその場にふさわしい方法で伝える力と、相手の気持ちを受け取る力を育てる。
    • 基本的な生活習慣を身につけさせる。        

平成19(2007)年度 各部重点目標

学校管理・運営部
  • 広報活動の充実。
  • 各自の業務を教職員全体が見通せるよう管理する。
  • 総合学科にふさわしい年間計画の確立
    生徒指導・支援部
    • 教科担当との情報交換を密にし、学習態度の改善をはかる。
    • 社会のルールやマナーを生徒に自覚させ、喫煙防止や学校美化の促進や交通事故ゼロを目指す。
    • さまざまな集団活動を通し、生徒自身の心身の望ましい発達と個性の伸長をはかるとともに、他者を思いやるやさしい心を育ませる。
    学習指導部
    • 生徒が出来る、わかると実感できる授業を実践する。
    • 読解力・筆記力・計算力・社会性などの基礎学力を身に付けさせる。       
    • 必要に応じてキャンペーンを計画し学習に対する意識を高める。       
    • 観点別評価の調査・研究
    進路指導担当
    • 生徒一人ひとりに応じた相談活動を通して、個々が目標にする進路に関する資料や情報を提供しながら進路意識を高め考えさせる。
    保健指導担当
    • 生徒の健康保持増進に必要な能力を育てるために、体系的な指導計画を立てる。また、生徒の健康状態を把握し、HR活動や個々の健康相談において適切な指導を行う。


    在籍生徒数(2007年5月現在)
    1年次生 2年次生 3年次生 4年次生 合 計
    男 子 46 26 23 15 110
    女 子 39 43 18 11 111
    合 計 85 69 41 26 221
    学級数

    横須賀市立横須賀総合高等学校 定時制