* 教育目標 *
長浦小学校
長浦小学校経営方針
 日本国憲法・教育基本法等の法に基づき、人間尊重の精神を基盤として、
一人ひとり豊かな心でたくましく生きる児童の育成を図る。
 特に、近年の急激に変化の進む社会の状況を踏まえ、児童に生きる力をはぐくむことを目指し、自ら学ぶ意欲を持ち、主体的に考え判断し行動できる児童の育成を図る。
また児童一人ひとりの個性を生かすとともに、基礎・基本を確実に身に付けさせるために、指導と評価の一体を図る。
 家庭・地域と連携・協働し、地域に根ざした開かれた学校づくりに努める。
学校教育目標
 自ら考え工夫する子  
正しい判断力・思考力を身に付けて何事にも自主的に取り組む子どもに
育てる。
 思いやりのある子
生命尊重を基盤とし、自分も他人も大切にできる豊かな心をもった子ども
に育てる。
 礼儀正しく元気な子
あいさつがしっかりでき、けじめのある健康で明るい子どもに育てる。
学校目標(本年度の重点目標)

学ぶ力を培う学習指導の充実
  基礎・基本の確実な定着を図るとともに、児童自らが課題を持ち、児童どうしの関わり合いを大切にする中で、主体的・意欲的に学習する姿勢を育てる
(1) 授業研究・研修を通して、指導方法や指導形態の工夫・改善を積極的に行い、確かな学力が身に付くよう指導と評価の一体化を図る。
(2) 児童が興味・関心を持ち、自ら学ぶ意欲を持てる授業づくりを進める。
(3) 体験的な学習を多く取り入れ、課題解決的・探求的な学習方法を身につけさせ、児童にとって自主的・自発的な学習が行えるように工夫する。
(4) 学習場面の工夫や、地域等の教育力の活用を図り、学習の深化、発展が図れるようにする。
豊かな人間性を育む、学年・学級経営の充実
(1) 学校・学年・学級集団の規律を守らせ、児童が互いに認め合い、尊重し合える人間関係や雰囲気を作り出すことに努める。
(2) 道徳・特別活動等の充実を図り、豊かな心の教育の推進に努める。
児童指導・健康安全指導の充実
(1) 自他の命を大切にするとともに、互いに人間として尊重し、たくましく生きる児童の育成に努める。
(2) 差別や偏見、いじめや暴力を許さない教育の徹底を図る。
(3) 児童自ら健康管理ができ、体力向上に努めるよう指導の工夫等を図る。
(4) 児童自ら率先して挨拶等ができる指導の工夫に努める。
(5) 危機管理意識を常にもち、安全教育に努める。
(6) 児童指導の問題に対しては職員間の連携を図り、全職員で児童を見守っていくことに努める。
開かれた学校作りの推進
(1) 学校の情報を家庭や地域に積極的に発信し、地域に根ざした学校作りを推進し信頼関係を深めることに努める。
(2) 保護者や地域の人々が、積極的に学校の教育活動に参画できるように協働する場を企画し推進に努める。
 (3) 学校評価を充実させ、学校作りに活かしていく。